Spotify Release Reader 新曲レビュー(1/15)

 SpotifyのRelease Readerは毎週金曜日更新。ということで今後金曜日はここから2曲ピックアップして感想を書く形にしたいと思います。

 年々味のあるバンドになっているような気がするBase Ball Bear。バリバリのロキノン系バンドとして颯爽と登場したのが2000年代後半、今では地に足をつけた骨のあるミュージシャンという印象が非常に強くなっています。1月11日に配信開始した「ドライブ」は、演奏される一つ一つの音から感じさせる貫禄と、普段の生活の延長線上で生まれたような歌詞が特色となっています。派手さはないですが一つ一つ共感できる言葉と、3人がバッチリ噛み合っている演奏。タイトル通り、ドライブで流すと気持ち良く運転できそうな楽曲に仕上がっています。レコーディング風景を映像にしたPVもオススメ。

 なんだか若い頃は当時の若い人に、今はそれこそ今の30代~40代くらいの人に。ベボベのファンは非常に多く存在しているのですが、良い意味で彼らのために楽曲を作っているという印象が非常に強いです。サウンドがここまで自然に変化するロックバンドも、珍しいのではないでしょうか。




 続いては三山ひろしさんの新曲「谺-こだま」です。作詞は「北国の春」などでお馴染みのいではく氏。そして師匠の中村典正先生が亡くなり、新たに曲を提供するのは「浪花節だよ人生は」「南部蝉しぐれ」などが代表作の四方章人氏。1月はじめの週に新曲をリリースするのはこれで4年連続となりました。年末のNHK紅白歌合戦に出場して、再びけん玉ギネス記録に挑戦することになるかどうかはまだ先の話となります。

 ”さよならと叫べばヨ さよならと”の歌い出しがすごく印象深いですね。演歌はメロディーがどうしても似てしまいますので、一度聴いて耳に入る歌い出しは非常に重要になります。そういう意味では個人的に、大変印象深い曲という感想を持つことが出来ました。これで少しは例年より、ワイプでけん玉をやられても歌が頭に入るのではないでしょうか(笑)。でも映像抜きでサウンドで聴くと、やっぱり三山さんは声がすごく良いですね。「四万十川」を歌ったのは2016年になりますが、それと似た様な清らかさを感じます。癖のある歌声ではないですが、それでも声を聴けば誰だか分かる歌声。演歌のみならずどのジャンルから見渡しても、非常に大きな財産だと思います。

Spotify Release Reader 新曲レビュー(1/12)

 紅白名言集ばかりというのもあれなので、今回は自分用のSpotifyのRelease Readerから、適当に新しい曲をピックアップして紹介してみます。

 2020年12月28日配信開始のTHEイナズマ戦隊の新曲。明日リリースのアルバム表題曲となっています。この時代だからこそ、”生きてこそ”と連呼するサビの歌詞が耳に残ります。人生に悩んでいる人に、真っ先にオススメしたい1曲です。技巧を凝らした楽曲も勿論素晴らしいのですが、こういう愚直でストレートな曲がもっと広く世の中に伝わってもいいと思うんですよね。彼らの音楽を聴くたびに、そんなことをつい考えてしまいます。

 今年元旦に配信開始された四星球の新曲「ライブハウス音頭」。四星球はライブハウスでの活動を主体をしていてここまで活動を続けたロックバンド。カミコベとこなそんフェスで彼らのステージを見た時の感想は”メチャクチャ楽しい”、本当にその一言に尽きます。報道で必要以上にライブハウスがバッシングされる中で、ライブハウスがいかに楽しい空間であるかということを四星球ならではの表現で熱弁しているようなナンバーです。早く世の中が収まって、夏には全国のライブハウスとロックフェスでこの曲を合唱したいですね。そんな気分にさせられる1曲です。