2020.2.7~2020.2.9 福岡鉄道旅行記・4

 日付変わって2月8日。この日の目的は勿論福岡ヤフオク!ドームですが、それまでは筑豊地区の鉄道を乗りつぶし。まずは桂川駅に向かいます。

桂川駅は現在工事中
原田行きはディーゼルカー1両折返し運転

 筑豊本線の桂川~原田間、俗に「原田線」と呼ばれる区間は1日9往復のみの運転。特に昼間は3時間近く走らない時間帯もあるので、今回行程を組むにあたって一番考えたところ。宿泊を福岡市内でなくわざわざ飯塚市を選んだのも、朝7時34分発のこの列車に乗るため。これを逃すと、次の列車は2時間40分も後。

 乗客数はそれなりで、ボックス席ちょうど4人分を1人で独占出来る位の空き具合。途中駅の利用はやはり少なかった印象でしょうか。車窓は筑前内野~筑前山家間の、人口希薄地帯を山越えする所がやはり見どころ。大昔は新大阪から佐世保に向かう寝台特急あかつきも通っていたようですが、にわかに信じられないくらいの…。

原田駅に到着
博多まではお馴染みの813系
今回の旅は福北ゆたか線に乗る機会が多々ある

 原田からは博多を経由してまた福北ゆたか線、新飯塚で下車。ここで後藤寺線に乗り換え。

後藤寺線と原田線の車両は共通運用

 後藤寺線は新飯塚(飯塚市)と田川後藤寺(田川市)、福岡県のベッドタウンを結ぶ路線という趣で、本数は1時間に1本。船尾駅周辺の大きなセメント工場が目をひきます。後で調べると、この会社の名前は麻生セメント。つまり言うと、ここは自民党のあの政治家の地盤なわけですね。

田川後藤寺駅に到着

 ここからは平成筑豊鉄道の旅に入りますが、とりあえず今日の記事はここまで。次回は旅だけでなく、福岡ヤフオク!ドームについても書いていきたいと考えています。

2020.2.7~2020.2.9 福岡鉄道旅行記・3

 前回の続き。日田彦山線代行バスからは、久大本線に乗り換え。日田駅周辺は、意外と言うと失礼かもしれませんが、バスで向かう道中のロードサイドも含めて建物が多く賑わっていました。

特急ゆふいんの森

 ゆふいんの森に乗って…も良いのですが、

キハ200系普通

 乗るのは久留米まで、切符が普通列車限定なのでこちらに。車内は乗り心地の良いクロスシートで、快適。車窓は夜明駅を過ぎると福岡県郊外の、住宅街と田畑が混在するやや平凡な景色。車内の快適さも加わって、景色を見ようにも眠気が少し加わります。本数はおよそ1時間に1本、お昼どきの金曜日は途中のうきは駅、筑後吉井駅、田主丸駅辺りから通学客が増えます。

久留米駅に到着

 久留米駅に到着。福岡県南側の中心都市である久留米市は、松田聖子や藤井フミヤ、家入レオなど音楽関係の有名どころの出身地としても有名。松田聖子なんかはそろそろ記念館か銅像辺りが建ってもいい頃かとも思いますが、まだまだ現役なので実現は早くても20~30年後くらいでしょうか。演歌歌手の銅像は細川たかしや北島三郎などが既にありますが、考えてみればアイドルでそういった動きになった例はまだないですね。J-POP・フォーク関係でも、よく考えれば意外と実現していないような…。

福岡地区の主役・813系

 久留米駅からは、鹿児島本線で基山駅に移動。

基山駅
https://www.instagram.com/p/B8QR5MCJOuk/
ちなみにキングダムは未読

 ここで甘木鉄道に乗り換え。

 景色はこれまた田畑と住宅地が繰り返されるよくある風景。ただ途中小郡駅で西鉄、大板井駅で高速バスに乗り換えが可能。地元客中心に、営業成績は国鉄時代よりも良いようです。本数は昼くらいだと40分に1本、朝夕は15分に1本くらいのペース。基山14時54分発の列車は、乗客もそこそこいた印象でした。

甘木駅の駅舎は国鉄時代から受け継がれているもの

 甘木駅に到着、徒歩3分で西鉄の駅に移動。今度は西鉄甘木線に乗車。

こちらは西鉄現存最古の駅舎らしい
車両はワンマンの7000形で統一されている

 これで西鉄久留米駅まで移動。単線で駅間は甘木鉄道よりも短く、20kmくらいの距離を36分かけて走ります。こちらは時間帯に関わらず30分に1本、福岡方面に行くには甘木鉄道の方が便利なよう。したがって車内は先ほどより空いていました(1両と2両という違いもありそうですが…)。

西鉄久留米駅

 ここで特急に乗り換えて、一気に大牟田へ。

夕方になるとロングシートの車両が使われる
大牟田駅の西鉄側駅舎
西鉄福岡市内線で使われた車両が保存されている

 2012年のHIGHER GROUND、2014年のPerfumeマリンメッセ福岡公演の際に太宰府線と貝塚線は走破済み。というわけで、大牟田駅から西鉄福岡駅まで乗り通すことで西鉄全線走破という形になります。

天神到着は19時頃

 西鉄久留米駅辺りからは外が暗くなって景色はあまり見えなくなりました。意外と西鉄二日市駅辺りまでは田畑が目立っています。あと西鉄久留米駅より南は単線区間もあり普通列車は30分に1本で結構なローカルムード。特に甘木~大牟田間の普通は花畑駅で14分、西鉄柳川駅で20分止まるという具合で、ローカル駅間での移動はあまり便利とは言えなさそうです。

 天神からは博多に移動して、宿の最寄り駅まで移動。というわけで、翌日に続きます。

2020.2.7~2020.2.9 福岡鉄道旅行記・2

 志井公園駅9時54分発の小倉行きに乗車。一旦日田彦山線の起点城野駅まで乗って、そこから逆方向に折り返します。

城野駅はつい数年前に駅舎が新しくなったそう

 日田彦山線は全列車小倉駅まで向かいますが、小倉~城野間は日豊本線の線路を使用。そちらは既に乗っているので、あえて乗る必要はありません。先ほどの列車は城野10時2分着、その後に乗る添田行きは10時12分発。1時間に1本程度の本数で、かなり効率的な乗り換えが出来ます。

 今回の旅の目的は福岡ヤフオクドームもそうですが、福岡県主に筑豊地域で多く残っている未乗の線を潰すこと。既に何度か乗っている福北ゆたか線は別として、概ね1時間に1本あるいはそれ以上に本数が少ない路線ばかり。行程を組むのも、なかなか大変でした。

城野から添田まで約1時間

 城野駅から添田行きに乗車。北九州市街を抜けますが、やがて山の色が濃くなります。田川伊田駅・田川後藤寺駅を擁する田川市は炭坑をルーツにした都市ですが、そこまでの道のりはちょっとした山越えも存在しています。

 平成筑豊鉄道や後藤寺線と乗り換えられる田川伊田・田川後藤寺は筑豊地区における交通の要衝の一つ。本数も1時間に1~2本は確保されていますが、田川後藤寺~添田間は昼間2時間近く走らない時間帯もあるようです。

添田駅に到着
添田駅

 終点の添田駅に到着。本来ならここから更に日田まで鉄道で移動したいところですが、2017年の九州豪雨以来不通のまま。

 というわけで、ここから日田駅まで代行バスに乗車。

 金曜日の昼間、通学には関係のない時間帯とは言え乗客は自分含めて4人。バスの本数は添田~日田まで通すのが4本、添田からだと彦山までの往復が9.5往復。被災前のダイヤでは添田から日田まで9往復走っていたのですが…。

途中の彦山駅は立派な駅舎

 添田から彦山までは線路沿いの道。添田をすぐ出たばかりの時点で、線路は雑草で埋もれていました。彦山駅では乗客の1人がトイレに行きたいとリクエストして、数分停車。窓越しではなく、開いたドアから直接撮影できたという点で考えると結構な幸運。

山越えが終わった後の道

 彦山からはかなりの山道。スマホの電波も入らないレベル。鉄道では4km近くもある釈迦岳トンネルを抜けますが、道路ではバッチリ景色が見えます。 北海道の新得から東鹿越まで乗った代行バスでもそうですが、風景という観点から見ると、案外鉄道よりバスあるいは車での旅の方がおおいに楽しめるのではないかとも感じます。

のどかな景色

 のどかな景色を走るバス、道路の交通量は少なくありません。ただ見るからに過疎化が進んでいる現象もあります。自治体は負担無しでの復旧をJR九州に対して強く求めているようですが、バスの乗客数を考えるとJR側の意見はごもっともとしか言いようがなく…。個人的に考えても九州全体としてはかなり地味なローカル線という印象で沿線人口も少なめ、費用を考えると廃止されてもおかしくないという印象にはやはりなります。JR東日本やJR東海くらいの資金があれば…とも思いますが。ただ名松線が6年半かけて復活、只見線も10年を経てようやく不通解消の見込みというニュースもありますので、鉄道好きとしてはまだ諦めるには早過ぎるといったところでもあります。不通区間にある、添田駅の次の歓遊舎ひこさん駅は2008年開業。それは本来、まだまだ廃止するつもりがないという意志の表れではないかとも思います。

日田駅に到着

  定刻より少し早く、12時45分頃に日田駅に到着。途中から乗ってくる乗客も2人くらいしかいませんでした。では、続きはまた次の記事にて…。

2020.2.7~2020.2.9 福岡鉄道旅行記・1

 2月8日(土)、Perfumeのドームツアーを見に福岡ヤフオク!ドームまで行ってきました。

 ネタバレ防止という公式からのお達しがあるためそのレポは後日になりますが、今回新装なったブログでやってみたい試みとして、遠征時の旅行記レポなんてのをアップすることにしました。

 インスタをフォローしている頂いてる方ならご存じだと思いますが、ライブで遠征する時は鉄道乗りつぶしを常として行動しています。

 で、その際にはインスタ以外でもほぼ必ず乗った車両の写真を撮ることにしています。

 ですので、しばらくは鉄道旅の日記を少しずつ書いていこうと思っています。

 そのうち、鉄道ニュースなども記事にして、音楽よりも鉄道メインのブログになるかもしれません(笑)

 では、出発したのは2月7日(金)。午前6時25分新大阪発の新幹線「さくら541号」。

 ちなみに上の写真を撮影したのは2019年11月17日。私立恵比寿中学のワンマンツアーで鹿児島に行った時と同じ列車に今回も乗ります。3ヶ月前は終点鹿児島中央まで通しましたが、今回は小倉駅で下車。

 8時47分、小倉駅に到着。

 北九州市の玄関口である小倉駅は立派な駅舎。一番特徴的なのは、やはりビルを貫くように作られるモノレールでしょうか。というわけで、早速小倉駅に向かいます。

 そうそう、今回利用したきっぷはこちら、旅名人の九州満喫きっぷ。

 3日間、11,000円で九州の鉄道全てに乗れるという超優れモノ。新幹線や特急で使えないのが難点、ただ私鉄メインの旅だとこの切符ほど有用なものはそうそうないように思います。

 というわけで北九州高速鉄道・北九州モノレール小倉線の小倉駅のホームに向かいます。

北九州銀行のラッピング車

 1985年開業以来、北九州市民の足として使われているモノレール。9時20分発の列車に乗車。

この投稿をInstagramで見る

基本的には山に囲まれた広い住宅街を走るイメージ

Youichi Kashii(@kerseemuzik)がシェアした投稿 –

 隣の平和通駅まではおよそ1分、歩いても行ける距離ですが降りる人も数名。ここでは現在、隣の駅まで100円で乗り降りできる乗車券を売っている模様。風景は住宅街メインの平凡なもので、目を引く建物は小倉競馬場くらい。ただ遠くに山を望める部分は、他地域と違う大きな特徴のような気がしました。

企救丘駅に到着

 最後に少し勾配を登って、終点の企救丘駅に到着。線路の奥には車両基地、200m歩くとJR九州・日田彦山線の志井公園駅があります。

志井公園駅

 駅舎は道路脇に表れるという趣で、建物はともかく入り口はそこまで目立たない場所にある印象。1989年開業、モノレールが出来てから新しく作られた駅なのだそう。線路は道路の下、駅舎からスロープを降りてホームに辿り着くという構造。

 JR九州の駅名標はイラストが特徴的。この駅のイラストは、すぐそばを走るモノレールと、公園にあるプールをイメージしたもの。

志井公園駅から小倉駅に乗車

 それでは、志井公園駅から日田彦山線の旅に入ります。

(2に続く)

歌手の梓みちよさん死去

 古い歌謡曲を知るということは、長く活動している歌手も知るということ。それはすなわち、訃報のショックがより大きくなるということ。

 突然舞い込んできた、梓みちよの訃報。

 長い歴史を誇るNHK紅白歌合戦で、全編の映像が現存する最も古い回が1963年・第14回。その時に彼女は「こんにちは赤ちゃん」で初出場している。『夢であいましょう』の今月の歌から誕生した、NHKが生んだ国民的ヒットソング。11月の発売でありながら、その年の日本レコード大賞も受賞している。

 清純派のイメージで売り出されていた裏で、実は全くそうではなかったと言われている彼女の実像。低迷期を経て再び大ヒットした1974年の「二人でお酒を」は、大人の香り全開の歌謡曲。床に座り込んで歌うパフォーマンスが話題を呼んだ。それ以降は「メランコリー」「二日酔い」など、アダルティーな魅力を持つ女性歌手としてのイメージが定着した。大きく分けて二度のヒット期があったわけだが、そのギャップの大きさはおそらく他に類を見ないのではないだろうか。

 1963年の紅白歌合戦初出場歌手は全部で13組いる。彼女だけでなく、北島三郎・伊東ゆかり・舟木一夫はいずれも10回以上の出場を果たしている。1960年代ブームが起こった1992年に、北島三郎が「帰ろかな」で大トリを務めて伊東ゆかり・舟木一夫・梓みちよが久々の紅白復帰を果たしているのが面白い。もっとも、「こんにちは赤ちゃん」を作曲した中村八大が亡くなったのも同じ年ではあるのだが…。それ以外でも園まり・畠山みどり・三沢あけみに「ヘイ・ポーラ」などをデュエットした田辺靖雄もまだ健在。そう考えると、76歳とは言えやはり訃報を聞くには早すぎるような気も…。あらためて、ご冥福をお祈りします。

 ちなみに、梓みちよの曲で一番好きなのはなんと言っても「メランコリー」。吉田拓郎が作る小気味良いメロディーと歌声がとても合っている。乃木坂といえば今は真っ先にあのアイドルグループが思い浮かぶが、それまではやはりこの曲が印象深い。「それでも乃木坂あたりでは 私はいい女なんだってね」。東京では本来そこまでメジャーでないこの地名が一番最初にクローズアップされたのは、おそらく1976年のこの曲ではないかと勝手に思っている。