今回は音楽生活50年以上となる小田和正さんをピックアップしました。

 Youtubeには公式にPVをアップしていないのでSpotifyのみになりますが、同じ曲で数回レコーディングしている事例も多く、オフコース時代のセルフカバーも多数あるのでなかなか大変です。色々考えましたが、今回は1つを小田和正さん音源ごとの純粋なランキング、もう1つを小田和正・オフコース含めた全ての音源を合算したランキングにしてみました。早速ご覧ください。なおサブスク全面解禁は2019年5月14日1982年以前のオフコース作品はそれ以前から解禁済「ダイジョウブ」(シングル版)とアルバム『どーも』のうちベスト『あの日 あの時』未収録曲は一旦解禁後再び聴けなくなっています。また他アーティストとのコラボ作品、外部でのゲストボーカル参加曲は集計外としました。

・Spotify再生回数ランキング

楽曲 再生回数 楽曲発売日 収録作品
1. ラブ・ストーリーは突然に(新録版) 571万 2002/4/24 Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
(シングル盤は1991/2/6発売)
2. たしかなこと 460万 2005/5/25 Sg.「たしかなこと」
Al.『そうかな』
Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
3. キラキラ 244万 2002/2/27 Sg.「キラキラ」
Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
4. 言葉にできない 171万 2001/5/16 Al.『LOOKING BACK 2』
Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
(オリジナルはオフコース時代に発表)
5. こころ 152万 2007/8/15 Sg.「こころ」
Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
6. この道を 114万 2018/5/2 Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
7. グッバイ 72.9万 2010/11/17 Sg.「グッバイ」
Al.『どーも』
8. 今日も どこかで 62.8万 2008/11/5 Sg.「今日も どこかで」
9. 愛になる 53.3万 2014/7/2 Al.『小田日和』
10. 会いに行く 43.8万 2018/5/2  Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
11. 愛を止めないで 42.0万 1996/2/1 Al.『LOOKING BACK』
Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
(オリジナルはオフコース時代に発表)
12. さよなら 39.2万 2001/5/16 Al.『LOOKING BACK 2』
Al.『自己ベスト』
(オリジナルはオフコース時代に発表)
13. 伝えたいことがあるんだ 39.2万 1997/7/24 Sg.「伝えたいことがあるんだ」
Al.『伝えたいことがあるんだ』
14. 風を待って 38.3万 2021/1/1 Sg.「 風を待って」
15. 東京の空 37.9万 2011/4/20 Al.『どーも』
Al.『あの日 あの時』
16. まっ白(新録版) 37.5万 2005/6/15 Al.『そうかな』
Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
(シングル盤は2004/2/25発売)
17. Yes-No(新録版) 34.7万 2016/4/20 Al.『あの日 あの時』
(オリジナルはオフコース時代に発表)
18. 伝えたいことがあるんだ(新録版) 34.1万 2002/4/24 Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
19. Oh! Yeah! 33.2万 1991/2/6 Sg.「Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」
Al.『Oh! Yeah!』
Al.『自己ベスト』
20. 大好きな君に 32.6万 2005/6/15 Al.『そうかな』
Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
21. woh woh 32.5万 2000/3/22 Sg.「woh woh」
Al.『個人主義』
Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
22. 小さな風景 30.1万 2018/5/2 Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
23. 坂道を上って 29.9万 2018/5/2 Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
24. いつか どこかで 29.9万 2007/11/28 Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
(シングル盤は1992/1/25発売)
25. 緑の街 29.8万 1997/8/29 Sg.「緑の街」
Al.『伝えたいことがあるんだ』
Al.『自己ベスト』
26. my home town(新録版) 29.2万 2002/4/24 Al.『自己ベスト』
(オリジナルは1993/10/27発売『MY HOME TOWN』収録)
27. 風の坂道 28.5万 1993/9/22 Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』
(シングル盤は1991/2/6発売)
28. 君住む街へ 27.8万 2001/5/16 Al.『LOOKING BACK 2』
Al.『自己ベスト-2』
(オリジナルはオフコース時代に発表)
29. Little Tokyo 27.6万 1989/10/18 Sg.「Little Tokyo」
Al.『Far East Cafe』
Al.『Oh! Yeah!』
30. 生まれ来る子供たちのために 27.6万 2005/5/25 Sg.「たしかなこと」
Al.『自己ベスト-2』
Al.『あの日 あの時』
(オリジナルはオフコース時代に発表)

 ざっとランキングを作るとこんな感じになります。

 「キラキラ」「こころ」などは1度も再録されていませんが、それより新しい「今日も どこかで」「グッバイ」が2016年ベストで再録されていたり、「Yes-No」に至ってはセルフカバーでも再録があったり、2度にわたって再録されている楽曲もありました。圧倒的に再生回数の多い曲は別ですが、正直個別に録音された楽曲ごとでランキングを作ってもそれぞれの差は見えにくい印象があります。1990年代の楽曲は概ね『自己ベスト』以降の新録版の方が再生数多い傾向がありますが、それに当てはまらない曲もあるので正直何とも言えません。あとは解禁時期がやや遅いことと、ファンの年齢層が比較的高くストリーミングで聴く人も少ない傾向があるのでしょうか。スタンダードナンバー以外の再生回数があまり伸びていない印象もあります。

 もっと正確に分析するには、やはり合算版を全て調べる必要がありそうですね。というわけで、オフコース時代の分も含めたランキングは以下のようになりました。なお収録作品はストリーミング解禁作のみ記しています。したがって未解禁のオフコース時代のシングル盤は、ここには入れていません。

 

・Spotify再生回数ランキング(合算版)

楽曲 合計再生回数 オフコースとしての再生数 初回楽曲発売日 収録作品(初出のみ)
1. ラブ・ストーリーは突然に 591万 1991/2/6 Sg.「Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」
Al.『自己ベスト』
2. たしかなこと 460万 2005/5/25 Sg.「たしかなこと」
3. 言葉にできない 328万 157万 1981/12/1 Al.『over』
Al.『LOOKING BACK 2』
4. キラキラ 244万 2002/2/27 Sg.「キラキラ」
5. さよなら 217万 172万 1979/12/1 Al.『NEXT SOUND TRACK』
Al.『LOOKING BACK 2』
Al.『あの日 あの時』
6. Yes-No 172万 133万 1980/6/21 Al.『We are』
Al.『i (ai)~Best Of Off Course』
Sg.「風の坂道」
Al.『あの日 あの時』
7. こころ 152万 2007/8/15 Sg.「こころ」
8. 愛を止めないで 128万 86.9万 1979/1/20 Sg.「愛を止めないで」
Al.『LOOKING BACK』
9. この道を 114万 2018/5/2 Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
10. グッバイ 75.1万 2010/11/17 Sg.「グッバイ」
Al.『あの日 あの時』
11. 伝えたいことがあるんだ 73.3万 1997/7/24 Sg.「伝えたいことがあるんだ」
Al.『自己ベスト』
12. 秋の気配 69.0万 58.6万 1977/8/5 Al.『JUNKTION』
Al.『LOOKING BACK』
13. 今日も どこかで 67.7万 2008/11/5 Sg.「今日も どこかで」(2 ver.)
Al.『どーも』
14. 眠れぬ夜 63.6万 58.4万 1975/12/20 Al.『ワインの匂い』
Al.『あの日 あの時』
15. 哀しいくらい 54.1万 53.8万 1981/12/1 Al.『over』
Sg.「ダイジョウブ」
16. 愛になる 53.3万 2014/7/2 Al.『小田日和』
17. I LOVE YOU 50.4万 27.5万 1981/6/21 Al.『I LOVE YOU』
Al.『NEXT SOUND TRACK』(Live Ver.)
Al.『i (ai)~Best Of Off Course』
Sg.「キラキラ」
Al.『あの日 あの時』
18. Little Tokyo 48.3万 1989/10/18 Sg.「Little Tokyo」
Al.『伝えたいことがあるんだ』
19. 会いに行く 43.8万 2018/5/2 Sg.「この道を/会いに行く/坂道を上って/小さな風景」
20. 生まれ来る子供たちのために 41.3万 13.7万 1979/10/20 Al.『Three and Two』
Al.『i (ai)~Best Of Off Course』
Sg.「たしかなこと」
21. 君住む街へ 39.6万 8.4万 1988/1/25 Al.『Still a long way to go』
Al.『LOOKING BACK 2』
22. YES-YES-YES 39.5万 33.1万 1982/6/10 Al.『I LOVE YOU』
Al.『NEXT SOUND TRACK』
Al.『あの日 あの時』
23. 風を待って 38.3万 2021/1/1 Sg.「風を待って」
24. まっ白 38.0万 2004/2/25 Sg.「まっ白」
Al.『そうかな』
25. 東京の空 37.9万 2011/4/20 Al.『どーも』
26. Oh! Yeah! 37.4万 1991/2/6 Sg.「Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」
Al.『伝えたいことがあるんだ』
Al.『あの日 あの時』
27. 緑の日々 36.5万 10.7万 1984/6/21 Al.『The Best Year Of My Life』
Al.『LOOKING BACK』
Al.『あの日 あの時』
28. 大好きな君に 36.1万 2005/6/15 Al.『そうかな』
Al.『あの日 あの時』
29. woh woh 32.5万 2000/3/22 Sg.「woh woh」
30. my home town 32.0万 1993/10/27 Al.『MY HOME TOWN』
Al.『自己ベスト』
Al.『あの日 あの時』

 合算でも「ラブ・ストーリーは突然に」がやはり圧倒、その次は長年明治安田生命のCMソングとして親しまれている「たしかなこと」でした。CDセールスはドラマ主題歌の「キラキラ」「こころ」「伝えたいことがあるんだ」の方が高く、それに見合った再生数も記録していますが、浸透度はCMソングの方が若干高いようです。比較的近年に発表された「この道を」も100万回以上再生されていて、支持を集めています。

 同様に、オフコース時代の楽曲も「言葉にできない」が再生数トップ。こちらも楽曲発表当時はアルバム『over』収録曲のシングルカットで、CDセールスは高くありませんでした。こちらも明治生命CMソングとしてセルフカバーが長くオンエアされ、実際そちらの方がわずかに再生数も高くなっています。その次が「さよなら」「Yes-No」「愛を止めないで」辺りになるのは順当な結果でしょうか。1984年以降のオフコース作品は解禁が遅かった関係もあって、セルフカバー再生数の多かった「緑の日々」「君住む街へ」が目立つ程度です。

 

・マイベストランキング

楽曲 Spotify合算 楽曲発売日
1. Yes-No 172万 1980/6/21
2. ラブ・ストーリーは突然に 591万 1991/2/6
3. 伝えたいことがあるんだ 73.3万 1997/7/24
4. 君が、嘘を、ついた 19.8万 1984/4/21
5. 風の坂道 29.5万 1993/9/22
6. 言葉にできない 328万 1981/12/1
7. 眠れぬ夜 63.6万 1975/12/20
8. さよなら 217万 1979/12/1
9. いつか どこかで 31.0万 1992/1/25
10. 恋は大騒ぎ 23.7万 1990/2/21
11. call (未配信) 1985/2/21
12. YES-YES-YES 39.5万 1982/6/10
13. 緑の日々 36.5万 1984/6/21
14. キラキラ 244万 2002/2/27
15. 真夏の恋 21.7万 1994/7/15
16. Little Tokyo 48.3万 1989/10/18
17. 風に吹かれて 8.1万 1979/6/5
18. たしかなこと 460万 2005/5/25
19. I LOVE YOU 50.4万 1981/6/21
20. 秋の気配 69.0万 1977/8/5
21. 愛を止めないで 128万 1979/1/20
22. こころ 152万 2007/8/15
23. IT’S ALL RIGHT (ANYTHING FOR YOU) 1.1万 1987/3/4
24. 今日も どこかで 67.7万 2008/11/5
25. 夏の日 5.3万 1984/6/21
26. たそがれ 3.4万 1985/5/22
27. 君住む街へ 39.6万 1988/1/25
28. 生まれ来る子供たちのために 41.3万 1979/10/20
29. さよならは言わない 27.8万 2009/2/25
30. 夏から夏まで (未配信) 1985/9/21

 マイベストも小田さんソロとオフコース込みで作りました。

 どちらかと言うと『自己ベスト』以降よりも、オフコース以前も含めたそれ以前の曲の方が個人的に聴いていた期間も長いので、馴染みあります。EMIから移籍後の1984年~1988年も良い曲は多いので、もう少し再評価されて欲しいですね。「君が、嘘を、ついた」はシングルレコードの売上が高い割に(1984年オリコン年間29位)全然取り上げられていない印象が強いです。この辺り、オリジナルアルバム未収録のシングル曲が軒並み聴けないので…(「たそがれ」はセルフカバーされていますが)。