今回はジャニーズから、唯一配信での再生回数が検証可能なについて書きました。

 嵐のSpotify解禁は、まず2019年10月9日に「A・RA・SHI」「Love so sweet」「Happiness」「truth」「Monster」の5曲。その後同年11月3日に全シングル表題曲、2020年2月7日にアルバム曲と続きました。ただし同年11月3日発売のアルバム『This is 嵐』はCDリリースから少し遅れて12月11日解禁、CDシングル「カイト」は表題曲がそのタイミングでようやく解禁される形でした。また、現在もカップリング曲に関しては未解禁となっています。

 Youtubeは最初の配信解禁と同じタイミングで5曲がフル公開されましたが、その後は新曲を除いてアップロードされていません。なお活動休止までに発売された58枚のシングルは、オリコン調べで全て週間TOP3入りのヒットを残しています。というわけで、今回はSpotifyとマイベストのみ公開にする代わりに、Spotify再生数ランキングは50位まで作る形にしました。というわけで、まずはSpotifyの50曲をご覧ください。

・Spotify再生回数ランキング

楽曲 再生回数 楽曲発売日 収録作品(配信中の作品のみ)
1. Turning Up 2559万 2019/11/3 Sg.「Turning Up」
Al.『This is 嵐』
2. Love so sweet 1625万 2007/2/21 Sg.「Love so sweet」
Al.『Time』
3. Happiness 1182万 2007/9/5 Sg.「Happiness」
Al.『Dream “A” live』
4. Whenever You Call 1045万 2020/9/18 Sg.「Whenever You Call」
Al.『This is 嵐』
5. One Love 948万 2008/6/25 Sg.「One Love」
6. IN THE SUMMER 847万 2020/7/24 Sg.「IN THE SUMMER」
Al.『This is 嵐』
7. Monster 812万 2010/5/19 Sg.「Monster」
Al.『僕の見ている風景』
8. A・RA・SHI 731万 1999/11/3 Sg.「A・RA・SHI」
Al.『ARASHI NO.1(ICHIGOU)-嵐は嵐を呼ぶ-』
9. Truth 625万 2008/8/20 Sg.「Truth」
10. GUTS! 618万 2014/4/30 Sg.「GUTS!」
Al.『THE DIGITALIAN』
11. Party Starters 580万 2020/10/30 Sg.「Party Starters」(アルバムは別ver.)
12. Brave 538万 2019/9/11 Sg.「Brave」
Al.『This is 嵐』
13. A-RA-SHI:Reborn 533万 2019/12/20 Sg.「A-RA-SHI:Reborn」
EP『Reborn Vol.1』
14. カイト 521万 2020/11/3 Al.『This is 嵐』
15. サクラ咲ケ 477万 2005/3/23 Sg.「サクラ咲ケ」
Al.『One』
16. Turning Up (R3HAB Remix) 476万 2020/1/24 Sg.「Turning Up (R3HAB Remix)」
17. Troublemaker 461万 2010/3/3 Sg.「Troublemaker」
Al.『僕の見ている風景』
18. Love so sweet:Reborn 446万 2020/5/15 Sg.「Love so sweet:Reborn」
19. 夏疾風 436万 2018/7/25 Sg.「夏疾風」
20. ワイルド アット ハート 434万 2012/3/7 Sg.「ワイルド アット ハート」
Al.『Popcorn』
21. Bittersweet 402万 2014/2/12 Sg.「Bittersweet」
Al.『THE DIGITALIAN』
22. WISH 397万 2005/11/16 Sg.「WISH」
Al.『ARASHIC』
23. 君のうた 395万 2018/10/24 Sg.「君のうた」
24. 感謝カンゲキ雨嵐 384万 2000/11/8 Sg.「感謝カンゲキ雨嵐」
Al.『ARASHI NO.1(ICHIGOU)-嵐は嵐を呼ぶ-』
25. Believe 350万 2009/3/4 Sg.「Believe」
26. 果てない空 349万 2010/11/10 Sg.「果てない空」
Al.『Beautiful World』
27. 迷宮ラブソング 348万 2011/11/2 Sg.「迷宮ラブソング」
Al.『Popcorn』
28. 愛を叫べ 344万 2015/9/2 Sg.「愛を叫べ」
Al.『Are You Happy?』
29. マイガール 335万 2009/11/11 Sg.「マイガール」
Al.『僕の見ている風景』
30. Sakura 331万 2015/2/25 Sg.「Sakura」
Al.『Japonism』
31. 言葉より大切なもの 325万 2003/9/3 Sg.「ハダシの未来/言葉より大切なもの」
Al.『いざッ、now』
32. Face Down 324万 2012/5/9 Sg.「Face Down」
Al.『Popcorn』
33. つなぐ 324万 2017/6/28 Sg.「つなぐ」
Al.『「untitled」』
34. きっと大丈夫 322万 2006/5/17 Sg.「きっと大丈夫」
Al.『ARASHIC』
35. One Love:Reborn 322万 2020/2/28 EP『Reborn Vol.1』
36. The Music Never Ends 319万 2020/11/3 Al.『This is 嵐』
37. Beautiful Days 314万 2008/11/5 Sg.「Beautiful Days」
38. Love Rainbow 308万 2010/9/8 Sg.「Love Rainbow」
Al.『Beautiful World』
39. PIKA☆☆NCHI DOUBLE 300万 2004/2/18 Sg.「PIKA☆☆NCHI DOUBLE」
Al.『いざッ、now』
40. Sugar 299万 2017/10/18 Al.『「untitled」』
41. Daylight 295万 2016/5/18 Sg.「I Seek/Daylight」
Al.『Are You Happy?』
42. 復活Love 289万 2016/2/24 Sg.「復活Love」
Al.『Are You Happy?』
43. アオゾラペダル 281万 2006/8/2 Sg.「アオゾラペダル」
Al.『Time』
44. Find the Answer 280万 2018/2/21 Sg.「Find the Answer」
45. ハダシの未来 279万 2003/9/3 Sg.「ハダシの未来/言葉より大切なもの」
Al.『いざッ、now』
46. Endless Game 271万 2013/5/29 Sg.「Endless Game」
Al.『LOVE』
47. 青空の下、キミのとなり 268万 2015/5/13 Sg.「青空の下、キミのとなり」
Al.『Japonism』
48. I’ll Be There 267万 2017/4/19 Sg.「I’ll Be There」
Al.『「untitled」』
49. I Seek 265万 2016/5/18 Sg.「I Seek/Daylight」
Al.『Are You Happy?』
50. Step and Go 263万 2008/2/20 Sg.「Step and Go」
Al.『Dream “A” live』

 再生数1位は2019年11月3日配信開始の「Turning Up」。当初「A・RA・SHI」などの5曲が先行配信されたのも、この曲の発表があってこそ。一番最初に配信した新しい曲が最も多い数字を記録するのは当然の結果ですが、それにしても圧倒的な数字です。新曲としての需要だけでなく、クオリティーが高くファンに深く愛される楽曲であるからこそ、特別な数字になったと言えるのではないでしょうか。

 2020年配信の「Whenever You Call」「IN THE SUMMER」も高い数字を記録しています。海外の音楽を特に強く意識した両曲、細かいデータ分析を見たわけではないのですが、国内だけでなく海外からの再生も相当多いのではないかという推測も出来ます。これは「Turning Up」にも共通していますね。ちなみにYoutubeの再生数は、「Turning Up」が3942万、「Whenever You Call」が1649万、配信開始前の過去曲で最も人気の「Love so sweet」が3100万でした。

 2019年11月以前の曲については、先行5曲がやはり再生数上位に来ていますが、そこに割り言っているのがやはり「One Love」。その後に「GUTS!」「Brave」「サクラ咲ケ」「Troublemaker」…と続く形になっています。「Brave」は配信開始当時で一番新しい曲なので、多少割り引いて考える必要があるかもしれませんが…。「カイト」は12月配信開始で14位、これがCDリリースと同時配信ならば大きく再生数が変わっていたような気がします。もしくは予定通り東京五輪が開催されていたら…とも想像しますが。なおNHK公式サイトで2020年元旦から公開されているスペシャルムービーは現在2406万回再生。「A・RA・SHI」よりも100万ほど多い数字になっています。

 全50曲中、2010年以降の楽曲は33曲。どうしても2000年~2004年のシングル曲は国民的な立ち位置でなかったこともあって、それ以降と比べると数字は伸びていません。と言いつつも一番数字の少ない「Horizon」まで再生数は全曲100万超、やはり凄まじい人気を誇るグループです。ちなみに50万回超は約100曲、10万回超も200曲以上あります。まだまだ検証していないグループが多数なので断定は出来ないですが、これだけ多くの曲数が再生数を稼ぐアーティスト、日本では非常に少ないのではないでしょうか。

・マイベストランキング

楽曲 Spotify合算 楽曲発売日
1. GUTS! 618万 2014/4/30
2. Lotus 217万 2011/2/23
3. truth 625万 2008/8/20
4. a Day in Our Life 248万 2002/2/6
5. 愛を叫べ 344万 2015/9/2
6. Troublemaker 461万 2010/3/3
7. Breathless 256万 2013/3/6
8. Calling 195万 2013/3/6
9. 君のために僕がいる 200万 2001/4/18
10. Love so sweet 1625万 2007/2/21
11. サクラ咲ケ 477万 2005/3/23
12. ハダシの未来 279万 2003/9/3
13. PIKA☆NCHI 175万 2002/10/17
14. 君のうた 395万 2018/10/24
15. Beautiful days 314万 2008/11/5
16. 果てない空 349万 2010/11/10
17. Everything 244万 2009/7/1
18. A・RA・SHI 731万 1999/11/3
19. Endless Game 271万 2013/5/29
20. Turning Up 2559万 2019/11/3
21. きっと大丈夫 322万 2006/5/17
22. ワイルド アット ハート 434万 2012/3/7
23. Believe 350万 2009/3/4
24. Sakura 331万 2015/2/25
25. WISH 397万 2005/11/16
26. Love Rainbow 308万 2010/9/8
27. 感謝カンゲキ雨嵐 384万 2000/11/8
28. Happiness 1182万 2007/9/5
29. 迷宮ラブソング 348万 2011/11/2
30. Monster 812万 2010/5/19

 2016年以降の曲が自分の中で消化し切れていない部分がまだあるので、ベスト30を決めるとなるとどうしても2014年以前の曲が多くなることをご了承ください。「Turning Up」は完成度という点だと、もっと上でもいいかなとは思っていますが…。

 傾向として私が求める嵐の曲は、色気のある「有無を言わせぬカッコ良さ」もしくは「大団円感」なのかなと感じます。前者の代表が「Lutus」「truth」「Breathless」「Calling」、後者の代表が「GUTS!」「愛を叫べ」「Troublemaker」でしょうか。

 実際の人気とは、若干乖離した結果になっていると思います。とは言えシングル中心に30曲選ぶのに迷うほど名曲揃いなのは、疑いようのない事実です。意外と個人的には、ミディアムテンポが一番完成度の差が出るかな、とも感じました。ただこれはあくまでシングルの話。ほとんど手を出せていないアルバム曲も全て聴いたら、また感想も変わることはあるかもしれません。本当はコンサートが一番良いと思うのですが現在活動休止中、再始動後も絶対チケットは取れそうにないのが現実で…(その頃にオンラインライブが完全に整備されていれば良いのですが)。