フランク永井

出場歌手の歴史

紅白歌合戦・フランク永井の軌跡~ステージ編(1973~1982)

第24回(1973年)「有楽町で逢いましょう」 ステージ 作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田 正 前歌手:沢田研二、佐良直美 後歌手:青江三奈、森 進一 曲紹介:宮田 輝(白組司会) コーラス:東京ロマンチカ  佐良直美のステージ...
出場歌手の歴史

紅白歌合戦・フランク永井の軌跡~ステージ編(1957~1972)

 例の通り、NHKの映像は第14回(1963年)・第16回(1965年)以降のみ現存しています。それ以前は音声のみ、その音声もNHKの公開ライブラリーで見られるのは第6回(1955年)~第10回(1959年)までです。過去に書いた美空ひばり...
出場歌手の歴史

紅白歌合戦・フランク永井の軌跡~データ&エピソード編~

 先日紅白歌合戦出場歌手の回数をクローズアップして記事を作りましたが、その中で歴代最多出場歌手の表も作りました。現在最多出場記録を保持しているのは北島三郎ですが、昭和50年代の紅白でたびたび最多記録が取り上げられたのは紅組の島倉千代子と白組...
第25回(1974年)紅白

第25回(1974年)NHK紅白歌合戦~その7~

審査員インタビュー  中江陽三アナウンサーが審査員席の前に来ています。まずは手持ちの電源を一旦オフにして頂くよう皆さんにご案内。その後女優の杉村春子にインタビュー。以前同じように審査員として参加した時は、1回1回うちわの表裏で赤白と判定し...
第14回(1963年)紅白

第14回(1963年)NHK紅白歌合戦~その5~

村田英雄(3年連続3回目/第12回/コロムビア/34)「柔道一代」  後半戦トップバッターは、前回まで2年連続「王将」を歌った村田英雄。「柔道一代」は歌だけでなく、自ら出演した映画も大ヒットしました。和服姿の衣装が決まっています。 ...
タイトルとURLをコピーしました