Spotify/Youtube再生数ランキング・8 AKB48

 データブック企画、第8弾はAKB48を選んでみました。

 2010年代は握手会や選抜総選挙の絡みもあって、CDシングル売上は常に年間トップクラスを維持していました。現在でもその観点で語るメディアも散見され、実際その時代を大きく動かしたグループであることは間違いありません。ただ楽曲についてはどうでしょうか。ブレイク期はCD売上だけでなく、親しみやすく憶えやすい楽曲も高い評価を受けていましたが、2015年以降は楽曲について評価される機会がかなり減少した印象もあります。

 そういう意味では、配信はフィジカル売上と比較して、楽曲人気の面で正直な数字が出てきます。というわけでSpotifyのランキングを見ていきましょう。

 なお2021年11月9日追記分で表にタイアップ情報を追加しています。アニメゲーム映画ドラマCM報道&スポーツその他でそれぞれ色分けしました。発売当時のタイアップのみ記載で、複数タイアップは代表的な1つのみをピックアップしています。

 また、紅白歌合戦歌唱曲もカラー表記化しました。今回は紅組歌手なので赤文字表記にしています。

 さらに今回は各曲のセンター担当も追加してみました。

Spotify再生回数ランキング

楽曲センター再生回数楽曲発売日主なタイアップ
(発売当時)
収録作品
1.恋するフォーチュンクッキー指原莉乃776万2013/8/21フジテレビ『お台場合衆国2013』Sg.「恋するフォーチュンクッキー」
Al.『次の足跡』
Al.『0と1の間』
2.365日の紙飛行機山本彩720万2015/12/9NHK連続テレビ小説『あさが来た』主題歌Sg.「唇にBe My Baby」
Al.『サムネイル』
3.Sugar Rush大島優子
高橋みなみ
661万2012/10/30ディズニー映画『シュガー・ラッシュ』挿入歌V.A.『Wreck-It Ralph』
4.ヘビーローテーション大島優子453万2010/8/18UHA味覚糖「ぷっちょ×AKB48」Sg.「ヘビーローテーション」
Al.『ここにいたこと』
Al.『0と1の間』
5.フライングゲット前田敦子304万2011/8/24フジテレビ『花ざかりの君たちへ
~イケメン☆パラダイス~2011』主題歌
Sg.「フライングゲット」
Al.『1830m』
Al.『0と1の間』
6.ポニーテールとシュシュ高橋みなみ
前田敦子
237万2010/5/26イトーヨーカ堂
「イトーヨーカドー2010 Summer Collection」
Sg.「ポニーテールとシュシュ」
Al.『ここにいたこと』
Al.『0と1の間』
7.Everyday、カチューシャ前田敦子217万2011/5/25東宝『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』主題歌
Sg.「Everyday、カチューシャ」
Al.『1830m』
Al.『0と1の間』
8.大声ダイヤモンド前田敦子
松井珠理奈
216万2008/10/22テレビ東京『メン☆ドル
~イケメンアイドル』EDテーマ
Sg.「大声ダイヤモンド」
Al.『神曲たち』
Al.『0と1の間』
9.会いたかった前田敦子190万2006/10/25TBSテレビ『ランク王国』Sg.「会いたかった」
Al.『SET LIST~グレイテストソングス 2006-2007~』
10.言い訳Maybe前田敦子148万2009/8/26TBSテレビ『アッコにおまかせ!』EDテーマSg.「言い訳Maybe」
Al.『神曲たち』
Al.『0と1の間』
11.君はメロディー宮脇咲良135万2016/3/9ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン21』Sg.「君はメロディー」
Al.『サムネイル』
12.誰のことを一番愛してる?(平手友梨奈)134万2017/3/15Sg.「シュートサイン」(Type E)
Al.『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』
13.ギンガムチェック大島優子131万2012/8/29アパマンショップネットワーク
「アパマン48キャンペーン」
Sg.「ギンガムチェック」
Al.『次の足跡』
Al.『0と1の間』
14.GIVE ME FIVE!前田敦子126万2012/2/15アパマンショップネットワーク
「アパマン48キャンペーン」
Sg.「GIVE ME FIVE!」
Al.『1830m』
Al.『0と1の間』
15.真夏のSounds good!前田敦子125万2012/5/23NTTドコモ
「応援学割「それぞれの、はじめる」篇」
Sg.「真夏のSounds good!」
Al.『次の足跡』
Al.『0と1の間』
16.ハイテンション島崎遥香118万2016/11/16日本テレビ『キャバすか学園』主題歌Sg.「ハイテンション」
Al.『サムネイル』
17.RIVER高橋みなみ
前田敦子
118万2009/10/21ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン3』Sg.「RIVER」
Al.『神曲たち』
Al.『0と1の間』
18.Beginner(変則)115万2010/10/27NTTぷらら・アイキャスト「AKB48×ひかりTV」Sg.「Beginner」
Al.『ここにいたこと』
Al.『0と1の間』
19.#好きなんだ指原莉乃108万2017/8/30ヤフー AKB48から秘密のメッセージ
「Yahoo! Wi-Fi  502HW編, 506HW編」
Sg.「#好きなんだ」
Al.『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』
20.桜の木になろう前田敦子108万2011/2/16日本テレビ『桜からの手紙
~AKB48 それぞれの卒業物語~』主題歌
Sg.「桜の木になろう」
Al.『1830m』
Al.『0と1の間』
21.桜の花びらたち(チームA Ver.)高橋みなみ101万2008/1/1TBSテレビ『ですよねぇ。』主題歌Al.『SET LIST~グレイテストソングス 2006-2007~』
(シングルは未解禁)
22.国境のない時代(長濱ねる)100万2018/3/14Sg.「ジャーバージャ」(Type E)
23.ジワるDAYS指原莉乃96.5万2019/3/13ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン30』Sg.「ジワるDAYS」
24.希望的リフレイン宮脇咲良
渡辺麻友
96.2万2014/11/26アサヒ飲料
「WONDA ワンダフルあみだくじキャンペーン」
Sg.「希望的リフレイン」
Al.『ここがロドスだ、ここで跳べ!』
Al.『0と1の間』
25.Teacher Teacher小栗有以90.7万2018/5/30アイア「AKB48 アルカナの秘密」Sg.「Teacher Teacher」
26.10年桜前田敦子
松井珠理奈
89.7万2009/3/4デジタルメディアマート「DMM.com」Sg.「10年桜」
Al.『神曲たち』
Al.『0と1の間』
27.風は吹いている前田敦子
大島優子
86.7万2011/10/26GREE「AKB48ソーシャルゲーム」Sg.「風は吹いている」
Al.『1830m』
Al.『0と1の間』
28.サステナブル矢作萌夏85.7万2019/9/18ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン32』Sg.「サステナブル」
29.11月のアンクレット渡辺麻友81.4万2017/11/22GREE「AKB48 ステージファイター」Sg.「11月のアンクレット」
Al.『僕たちは、あの日の夜明けを知っている』
30.LOVE TRIP指原莉乃78.6万2016/8/31日本テレビ『時をかける少女』OPテーマSg.「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」
Al.『サムネイル』

 2018年時点で前年までのシングル表題曲が全て配信されていたことを考えると、再生回数はCD売上と比べて相当少ないと言って良いと思います。それは過去7組について作ってきたアーティストのランキングと比べると歴然です。強いタイアップが連続テレビ小説『あさが来た』の「365日の紙飛行機」くらいしかないので、楽曲単位で振り返られにくい、という要素はあります。ですので他のAKB作品に全く入っていないディズニーアニメ『シュガー・ラッシュ』のテーマソング「Sugar Rush」が3位に入るのも、必然と言えるのかもしれません。11月追記分でタイアップ情報をあらためて追加しましたが、大半がメンバー出演のCMやバラエティーでした。また「誰のことを一番愛してる?」「国境のない時代」は坂道AKBとしての作品。この2曲がこれだけ高い順位に入ってしまう辺りが、グループ単位での再生数の少なさを物語っています。

 2018年以降のシングル曲も健闘していますが、それでも100万になかなか届かない辺りが難しいところ。旧譜だとやはり2010年前後の楽曲が相対的に強いです。2010年代後半だと「君はメロディー」「ハイテンション」「#好きなんだ」辺りが、データ的な人気曲と考えて良さそうです。ちなみに前田敦子の卒業は2012年8月、大島優子の卒業は2014年6月、高橋みなみの卒業は2016年4月です。5月時点と比較して11月更新分では16位以下が大きく変動しましたが、順位を上げたのは概ね2010年前半の大ヒット曲でした。

Youtube再生回数ランキング

楽曲センター再生回数楽曲発売日配信開始日主なタイアップ
(発売当時)
1.恋するフォーチュンクッキー指原莉乃21066万2013/8/212013/10/30フジテレビ『お台場合衆国2013』
2.ヘビーローテーション大島優子16669万2010/8/182010/9/8UHA味覚糖「ぷっちょ×AKB48」
3.Everyday、カチューシャ前田敦子8504万2011/5/252011/7/15東宝『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』主題歌
4.フライングゲット
(ダンシングバージョン)
前田敦子8192万2011/8/242011/10/27フジテレビ『花ざかりの君たちへ
~イケメン☆パラダイス~2011』主題歌
5.ポニーテールとシュシュ高橋みなみ
前田敦子
7812万2010/5/262010/9/8イトーヨーカ堂
「イトーヨーカドー2010 Summer Collection」
6.大声ダイヤモンド前田敦子
松井珠理奈
4256万2008/10/222010/9/8テレビ東京『メン☆ドル
~イケメンアイドル』EDテーマ
7.涙サプライズ!前田敦子3951万2009/6/242010/9/8読売新聞「読売新聞×AKB48」
8.Beginner(変則)3892万2010/10/272010/12/13NTTぷらら・アイキャスト「AKB48×ひかりTV」
9.ギンガムチェック大島優子3815万2012/8/292012/10/31アパマンショップネットワーク
「アパマン48キャンペーン」
10.RIVER高橋みなみ
前田敦子
3400万2009/10/212010/9/8ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン3』
11.言い訳Maybe前田敦子3329万2009/8/262010/9/8TBSテレビ『アッコにおまかせ!』EDテーマ
12.真夏のSounds good!(Dance ver.)前田敦子3298万2012/5/232012/8/29NTTドコモ
「応援学割「それぞれの、はじめる」篇」
13.君はメロディー宮脇咲良2474万2016/3/92016/6/1ファミリー劇場『AKB48 ネ申テレビ シーズン21』
14.10年桜前田敦子
松井珠理奈
2473万2009/3/42010/9/8デジタルメディアマート「DMM.com」
15.野菜シスターズ前田敦子2401万2010/8/182010/9/8カゴメ「野菜一日これ一本」
16.ハイテンション島崎遥香2162万2016/11/162016/10/25日本テレビ『キャバすか学園』主題歌
17.マジジョテッペンブルース前田敦子1953万2010/5/262010/9/8
18.君のことが好きだから高城亜樹1924万2009/10/212010/9/8タカラトミー「闘真伝」
19.風は吹いている
(DANCE! DANCE! DANCE! ver.)
前田敦子
大島優子
1837万2011/10/262011/12/5GREE「AKB48ソーシャルゲーム」
20.希望的リフレイン宮脇咲良
渡辺麻友
1775万2014/11/262015/3/4アサヒ飲料
「WONDA ワンダフルあみだくじキャンペーン」
21.ラブラドール・レトリバー渡辺麻友1752万2014/5/212014/8/27花王「フレグランスニュービーズ」
22.GIVE ME FIVE!前田敦子1748万2012/2/152012/5/23アパマンショップネットワーク
「アパマン48キャンペーン」
23.さよならクロール大島優子
渡辺麻友
板野友美
島崎遥香
1736万2013/5/222013/8/21江崎グリコ「PaPiCO」
24.心のプラカード渡辺麻友1677万2014/8/272014/12/2ディップ「バイトル」
25.マジスカロックンロール前田敦子1616万2010/2/172010/9/8テレビ東京『マジすか学園』OPテーマ
26.UZA -Dance ver.-大島優子
松井珠理奈
1612万2012/10/312012/12/5アサヒ飲料
「WONDA モーニングショット」
27.永遠プレッシャー島崎遥香1577万2012/12/52013/2/20UHA味覚糖「ぷっちょ×AKB48」
28.NO WAY MAN宮脇咲良1498万2018/11/282018/10/26TOKYO MX『爆走ロケハンター』EDテーマ
29.上からマリコ篠田麻里子1484万2011/12/72012/2/14UHA味覚糖「ぷっちょ×AKB48」
30.桜の木になろう前田敦子1362万2011/2/162011/1/14日本テレビ『桜からの手紙
~AKB48 それぞれの卒業物語~』主題歌

 シングル表題曲は現在「大声ダイヤモンド」以降49曲全てフルMV公開されています。2010年9月に一斉解禁、それと同時にカップリング曲もフル公開されましたが、それ以降は表題曲が次シングル発売日にフル解禁・カップリングは短縮Ver.のみになりました。2018年以降のシングル曲はCD発売前後にフル公開という形になっています。また「Beginner」は本来のMVがYoutubeで流すには…という内容らしく、半ダイジェスト版みたいな形のMVをランキングに入れました。

 再生数はやはり2010年代前半の曲が多く、2015年以降のランクインは「君はメロディー」「ハイテンション」「NO WAY MAN」のみです。「ハイテンション」は島崎遥香の卒業シングル、この曲だけ発売日より前にフルMV公開でした。Youtubeに関しては最近の曲より昔のアンダー曲の方が再生数多く、「マジスカロックンロール」「マジジョテッペンブルース」「君のことが好きだから」「野菜シスターズ」などがランクイン。「君のことが好きだから」はアンダー曲ですが、指原莉乃・高城亜樹・松井玲奈といった豪華メンバーが当時選抜外でした。「野菜シスターズ」はカゴメの野菜生活タイアップ、メンバーの野菜コスプレが非常にかわいい名作です。

 なお「恋するフォーチュンクッキー」は現在Youtubeで2億再生数を記録した一番古いJ-POPとなっています。これはAKBのMV本体のみの数字で、各企業が曲に合わせて踊るMVも相当再生数多く種類も多いです。またタイのBNK48がカバーしたMVも1.9億再生されています。2013年8月は人気のピークがやや過ぎつつあった時期でもあるので、尚更価値の高いヒットでした。他の曲はともかく、この曲に関しては間違いなく2010年代最大級のヒット作と断言して良いのではないでしょうか。

マイベストランキング

楽曲SpotifyYoutube楽曲発売日
1.恋するフォーチュンクッキー776万21066万2013/8/21
2.Everyday、カチューシャ217万8504万2011/5/25
3.ポニーテールとシュシュ237万7812万2010/5/26
4.大声ダイヤモンド216万4256万2008/10/22
5.365日の紙飛行機720万(2150万)2015/12/9
6.ヘビーローテーション453万16669万2010/8/18
7.桜の花びらたち135万2006/2/1
8.心のプラカード35.2万1624万2014/8/27
9.フライングゲット304万8192万2011/8/24
10.GIVE ME FIVE!126万1748万2012/2/15
11.鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と
言ってしまったら僕たちの関係は
どう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上での
やや気恥ずかしい結論のようなもの
19.4万484万2013/12/11
12.So long!41.9万404万2013/2/20
13.君のことが好きだから62.8万1924万2009/10/21
14.希望的リフレイン96.2万1775万2004/11/26
15.翼はいらない13.7万224万2016/6/1
16.君はメロディー135万2474万2016/3/9
17.10年桜89.7万2473万2009/3/4
18.11月のアンクレット81.4万298万2017/11/22
19.涙サプライズ!76.3万3951万2009/6/24
20.ハート・エレキ12.6万740万2013/10/30
21.ハロウィン・ナイト39.1万889万2015/8/26
22.風は吹いている86.7万1837万2011/10/26
23.RIVER118万3350万2009/10/21
24.ギンガムチェック131万3815万2012/8/29
25.チャンスの順番31.2万1263万2010/12/8
26.UZA58.0万1612万2012/10/31
27.上からマリコ68.3万1484万2011/12/7
28.野菜シスターズ12.1万2401万2010/8/18
29.真夏のSounds good!125万3298万2012/5/23
30.Beginner115万3892万2010/10/27

 「桜の花びらたち」のSpotify再生数はオリジナルと2008年の合算の数字を入力しました。多くある劇場版で別ver.が収録されている曲もありますが、数字も多くないのでここでは省いてます。

 マイベストは、上位はやはり何度も聴いた結果自然に耳に入って、という代表曲が多め。ただそれより少し下は、案外あまり再生回数の多くないシングル表題曲が多くなりました。「ハロウィン・ナイト」「ハート・エレキ」「So long!」「鈴懸なんちゃら」「翼はいらない」、個人的にはメロディーも優れていて好きなのですが、なぜか高く評価されることが少ない楽曲のような気がします。確かに「So long!」は大林宣彦監督の割にMVの出来が微妙で、「ハロウィン・ナイト」のコスプレはメイクが濃すぎて識別が難しく、「翼はいらない」のMVの世界観はあまりに古いとも思いますが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました