今回の歌唱曲について、予想を書きたいと思います。見てもらえばわかると思いますが、一応注意点。

 

・最初に予想曲目、次に個人的に希望する曲目を並べて、その後に個々の歌手について書いています。希望曲に関しては可能性を出来る限り度外視して書きました。

・紅組・白組歌手両方について書いています。

・可能性のありそうな曲目については本文中で全て書くつもりです。

・アイウエオ順ではなく、各組・各歌手ごとに初出場の年が古い順番に書いています。

・歌手によってはメドレーの予想もありますが、副題までは考えていません。

・歌手ごとにおおよその曲順も考えました。ただし第2部の組数などは一切考慮していません。あくまで私の希望というか理想です。全体的なことは曲目発表以降にあらためて考えます。

 

 では、最初にまずは予想曲目をズラリと並べて見ましょう。

~紅組~
和田アキ子「夢」
石川さゆり「天城越え」
小林幸子「楼蘭」
川中美幸「夫婦ちゃんりん」
坂本冬美「あばれ太鼓」
伍代夏子「京都二年坂」
藤あや子「雪 深深」
中村美律子「河内おとこ節」
天童よしみ「幸せはすぐそこに…」
SPEED「Body&Soul」「WHITE LOVE」「Go! Go! Heaven」「あしたの空」
浜崎あゆみ「Mirrorcle World」
aiko「KissHug」
中島美嘉「ORION」
水森かおり「輪島朝市」
一青 窈「はじめて」
平原綾香「ノクターン」
大塚 愛「さくらんぼ」
倖田來未「Stay with me」
絢香「おかえり」「あなたと」
アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」
秋元順子「愛のままで…」
いきものがかり「プラネタリウム」
GIRL NEXT DOOR「偶然の確率」
青山テルマ「そばにいるね」
Perfume「ポリリズム」「love the world」
藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」

~白組~
北島三郎「風雪ながれ旅」
布施 明「I LOVE YOU」
森 進一「おふくろさん」
美川憲一「さそり座の女2008」
前川 清「Love Songが歌えない」
五木ひろし「橋場の渡し」
SMAP「この瞬間、きっと夢じゃない」
TOKIO「雨傘」
氷川きよし「玄海船歌」
ポルノグラフィティ「今宵、月が見えずとも」
平井 堅「いつか離れる日が来ても」
EXILE「SUPER SHINE」「Ti Amo」
森山直太朗「生きてることが辛いなら」
コブクロ「赤い糸」
WaT「36℃」
北山たけし「希望の詩」
秋川雅史「千の風になって」
徳永英明「レイニーブルー」
Aqua Timez「虹」
水谷 豊「カリフォルニア・コネクション」「やさしさ紙芝居」
Mr.Children「GIFT」
木山裕策「home」
キマグレン「LIFE」
ジェロ「海雪」
羞恥心 with Pabo「羞恥心」「恋のヘキサゴン」「陽は、また昇る」
東方神起「千年恋歌」

次に、個人的に希望する曲目です。

~紅組~
和田アキ子「もう一度ふたりで歌いたい」
石川さゆり「暖流」
小林幸子「楼蘭」
川中美幸「豊後水道」
坂本冬美「紀ノ川」
伍代夏子「京都二年坂」
藤あや子「おばこ巡礼歌」
中村美律子「瞼の母」
天童よしみ「幸せはすぐそこに…」
SPEED「Body&Soul」「WHITE LOVE」「Go! Go! Heaven」「あしたの空」
浜崎あゆみ「Mirrocle World」
aiko「KissHug」
中島美嘉「ORION」
水森かおり「輪島朝市」
一青 窈「はじめて」
平原綾香「ノクターン」
大塚 愛「ロケットスニーカー」
倖田來未「TABOO」
絢香「POWER OF MUSIC」「あなたと」
アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」
秋元順子「愛のままで…」
いきものがかり「花は桜 君は美し」
GIRL NEXT DOOR「偶然の確率」
青山テルマ「そばにいるね」
Perfume「ポリリズム」「Dream Fighter」
藤岡藤巻と大橋のぞみ「崖の上のポニョ」

~白組~
北島三郎「北の漁場」
布施 明「霧の摩周湖」
森 進一「おふくろさん」
美川憲一「愛の讃歌」
前川 清「Love Songが歌えない」
五木ひろし「橋場の渡し」
SMAP「この瞬間、きっと夢じゃない」
TOKIO「雨傘」
氷川きよし「哀愁の湖」
ポルノグラフィティ「痛い立ち位置」
平井 堅「いつか離れる日が来ても」
EXILE「SUPER SHINE」「Ti Amo」
森山直太朗「生きてることが辛いなら」
コブクロ「赤い糸」
WaT「36℃」
北山たけし「希望の詩」
秋川雅史「イヨマンテの夜」
徳永英明「レイニーブルー」
Aqua Timez「虹」
水谷 豊「カリフォルニア・コネクション」「やさしさ紙芝居」
Mr.Children「GIFT」「HANABI」
木山裕策「home」
キマグレン「LIFE」
ジェロ「海雪」
羞恥心 with Pabo「羞恥心」「恋のヘキサゴン」「陽は、また昇る」
東方神起「Beautiful you」

 

和田アキ子(1970年初出場、23年連続32回目)
 デビュー40周年ということで、大トリの可能性も噂されているアッコさん。アポロシアター帰りの歌謡コンサートで歌っていた「夢」の予想が今まで見た感じ多く、私もその可能性が一番高いかなと思いますが、個人的には「もう一度ふたりで歌いたい」を推したいです。過去3回歌われているとはいえ最後に歌われたのは2000年ですし、「歌の力・歌の絆」を標榜しているテーマを考えると、「歌うことは愛すること、愛することは生きること」といった歌詞に込められている内容が非常に合致しているように思います。「夢」はトリならともかく、大トリだと個人的には弱いような印象があります。それと1回聴いただけでは結構ピンと来にくい楽曲のようにも思います。
 どうしても大トリというのならば、10年前の紅白で見せたマイクパフォーマンスが印象的な「今 あなたにうたいたい」ということになるでしょう。でも10年前と比べると声量が若干落ちているので、個人的にはあまり気が進みません。他に可能性があるとすると新曲「幸せのちから」「抱擁」「愛、とどきますか」辺りでしょうか。さすがに2年連続で「あの鐘を鳴らすのはあなた」になることはないと思いますが。
トリ第一候補ではありますが2001年以降トリを取ってないので、そうじゃない可能性も大いにあり。いずれにしても第2部後半での歌唱になることは間違いないでしょう。

 

石川さゆり(1977年初出場、25年連続31回目)
 イチローが今年打席の入場曲に起用したという「天城越え」が最有力でしょうか。個人的には来年に回してほしいのですが。最近でも2002年、2005年に歌っているので…。
 他にありそうな曲は「風の盆恋歌」、2年前に歌いましたがテーマを考慮して「夫婦善哉」、歌力という意味では「滝の白糸」、あるいは有名ではないけど「飢餓海峡」辺りですね。2年連続で「津軽海峡冬景色」なんていうオチもあるかもしれません。
 ちなみに希望曲に書いた「暖流」は「津軽海峡冬景色」の次の次のシングル。南国土佐をテーマにしたヒット曲ですが歌われる可能性は極めて低いと思います。「沈丁花」「大阪つばめ」「みちのく博多発」「人生情け舟」など、紅白で歌われていない持ち歌はまだまだあるんですけどね…。当然今年も第2部後半、あるいは第1部のトリで見られるでしょう。

 

小林幸子(1979年初出場、30年連続30回目)
 とりあえず豪華装置になることは確定ですから新曲でしょう。槇原敬之作詞作曲の「悲しみの帳」もありますが、題名や曲の内容を考えても「楼蘭」の方が作りやすそうです。女子十二楽坊が演奏に協力していて、今年北京五輪が行われたということを考えても、これ以外の可能性はほとんどないと言って良さそうです。
 昨年は後半トップバッターでしたが、今年もその位置になるんでしょうか?いずれにしても後半であることは間違いないと思いますが。

 

川中美幸(1981年初出場、11年連続21回目)
 新曲は「夫婦ちゃんりん」「木曽川しぐれ」。よりヒットしたのは「木曽川しぐれ」ですが、テーマを考えると「夫婦ちゃんりん」になる可能性も十分高く、実質確率としては同じくらいではないかなと。
 ただどっちもそこまでいい曲だとは個人的には思わないので、私としては1回も紅白で歌われていない「豊後水道」を推したいですね。あるいは2度歌われているものの名曲であることには疑いない「遣らずの雨」でも良いです。ただどちらもそんなに可能性が高いようには思えず、むしろ2年前に歌った「ふたり酒」、3年前の「二輪草」の方が可能性高そうです。出来ればその2曲だけは避けてほしいところですが…。
 新曲を歌うなら前半になりそうな気がします。そうじゃなければ後半でしょうか。まあ選曲次第ですね。

 

坂本冬美(1988年初出場、6年連続20回目)
 地元をテーマにした「紀ノ川」が今年の新曲。私はこれでいいと思っていますが、なんとなく「あばれ太鼓」で落ち着いてしまいそうな予感も。ただこの曲は2003年にも歌っているので、古い曲を歌うならせめて「火の国の女」辺りにしてほしいというのが個人的な希望。さすがに2年連続「夜桜お七」ということはないと信じたいですが…。
 新曲なら前半の早い出番でしょうか。さすがにトップはないと思いますが2番目は有り得なくないと思います。そうじゃないとしても前半になりそうな予感がします。

 

伍代夏子(1990年初出場、3年連続15回目)
 新曲の「京都二年坂」を作曲したのは旦那の杉良太郎らしいです。だったらそれで決まりでしょうね。彼女の古い曲なら「忍ぶ雨」「ひとり酒」「鳴門海峡」辺りがありますが…。
 多分、というより間違いなく前半の出演でしょう。8時台の一番中途半端な時間帯での歌唱になるんじゃないですか?

 

藤あや子(1992年初出場、2年ぶり16回目)
 新曲の「夾竹桃」ですが、この花は毒性が強い花だそうです。そういう意味では魔性の女と呼ばれる彼女にはピッタリの曲かなとは思いますが、ヒットしている訳ではないので可能性はそんなに高くないでしょう。
 紅白で2回歌われた楽曲は「むらさき雨情」「雪 深深」があります。まあ「こころ酒」「花のワルツ」「女のまごころ」、さらに紅白で歌われていない曲となると「雨夜酒」「女泣川」「おばこ巡礼歌」「薄幸花」など結構彼女の持ち歌は多いです。一番ファンの人気が高く、まだ満足できるパフォーマンスが出来る可能性を考慮すると「雪 深深」が一番ありそうですが、2年前に歌ってますからね…。個人的には1度も歌われていない、地元秋田県をテーマにした「おばこ巡礼歌」を見たいです。
 多分前半での出演になると思います。

 

中村美律子(1992年初出場、2年連続13回目)
 今年の新曲は「女の旅路」「恋瀬川」。どちらも昨年歌った「だんじり」よりもヒットしていますが…可能性としてはやっぱり2004年以来歌っていない「河内おとこ節」が一番高いでしょうね。パフォーマンスに安定感もあります。
 でも個人的には何回も見ているので出来れば避けてほしい選択。どうせなら浪曲歌謡の「瞼の母」、あるいは紅白で歌われていないヒット曲「壷坂情話」「しあわせ酒」を聴きたいです。ただ一般的な知名度が高くないのでその可能性は限りなく薄そう。
 前半の早いうちでの出番ではないでしょうか。

 

天童よしみ(1993年初出場、12年連続13回目)
 「幸せはすぐそこに…」はオリコンシングルチャート年間50位台。いくらなんでもこれは新曲を歌うでしょう。歌力という意味でも十分の名曲に値すると思いますので、私はこの人のトリも十分あると見ています。そうでないとしてもトリ付近、後半の出演になることは間違いないと思いますね。
 一応他の可能性として「道頓堀人情」「人生しみじみ…」辺りもあげときます。でも多分ないでしょう。

 

SPEED(1997年初出場、9年ぶり4回目)
 新曲「あしたの空」を含めたメドレーになることは間違いないでしょう。ポイントは何を選曲するか。デビュー曲の「Body&Soul」、最大ヒット曲の「WHITE LOVE」は堅いとしてあと数曲やるかどうか。可能性がある曲としては「STEADY」「Go! Go! Heaven」「ALL MY TRUE LOVE」辺りでしょうか。個人的には後半の4~5番目、10時過ぎでの出場を期待。9時またぎの可能性も高そう。

 

浜崎あゆみ(1999年初出場、10年連続10回目)
 NHKホールで歌うなら前半トリでバラードの「GREEN」、代々木からの中継ならば23時前くらいにEXILEとの対決で「Mirrorcle World」を希望。この辺りはまだ演出が明らかになってないのでわからないですが、やるんだったらEXILEとリレー方式で中継対決をやってほしいですね。彼女のライブはかなり規模の大きい、力の入った演出を見せているのでやるんだったらそれを体感できるステージにしてほしいです。中継でバラードは一番最悪のパターンなので、できれば避けてほしいところ。

 

aiko(2000年初出場、6年連続7回目)
 これは「KissHug」で間違いないでしょうね。今年の曲は「二人」もありますが、可能性は薄いでしょう。今年は後半でも遅い時間帯、思い切ってトリの2つ前くらいで見たいです。

 

中島美嘉(2002年初出場、7年連続7回目)
 彼女らしいバラードの「ORION」が有力だと思います。森三中とのコラボで「I DON’T KNOW」も良いと思いますが、「ORION」の方が個人的には良いですね。
 例年後半での歌唱、おそらく今年もそうなるでしょう。2003年の「雪の華」みたいなコーナー終わりのトップバッター、22時半くらいの出場が個人的には理想。

 

水森かおり(2003年初出場、6年連続6回目)
 一連のご当地ソングを手がけた作詞家の木下龍太郎氏が亡くなったのは今年。新曲の「輪島朝市」が最有力ですが、その路線のきっかけになった「東尋坊」「鳥取砂丘」といった選択肢もありかと思います。出来れば後半で見たい歌手ですが、前半かな…。

 

一青 窈(2003年初出場、2年連続5回目)
 新曲の「はじめて」は「ハナミズキ」と同じ制作陣で、他局ではありますが『カンボジアに学校を!』という企画のイメージソングとなっています。メッセージ性が高い楽曲ですし、多分この曲でしょう。性同一障害をテーマにした「受け入れて」の可能性もあり。ヘタしたらまた「ハナミズキ」になるかもしれませんが、それだけは避けて欲しいです。後半、22時台の出演になる可能性が一番高いでしょうか。

 

平原綾香(2004年初出場、5年連続5回目)
 当然ながら「ノクターン」でしょうね。「Jupiter」以来のクラシック音楽との融合、彼女の歌唱含め歌の力を伝えるには十分過ぎるほどの楽曲。こういった素晴らしい楽曲があるのに2年連続「Jupiter」という選択肢を取るのは絶対に止めてほしいです。例年通りなら前半の可能性が高いですが、出来れば後半で見たい歌手。

 

大塚 愛(2004年初出場、5年連続5回目)
 シングルでは「ロケットスニーカー」「クラゲ、流れ星」、アルバム収録曲だと「LOVE LETTER」「愛」がタイアップあり。この中で一番可能性が高そうなのは地球環境をテーマにしたという「ロケットスニーカー」だと思いますが、J-POPで古い楽曲を歌う人が例年いること、今年あまりヒットしていないことを考えると案外「さくらんぼ」で納まる可能性が一番高い気がします。あるいは「プラネタリウム」とか。ちょっと今年は前半、それもやや中途半端なタイミングでの出場になってしまいそうな気がしますね。

 

倖田來未(2005年初出場、4年連続4回目)
 バラードだと「Moon Crying」、12月発売の新曲「Stay with me」。ダンスパフォーマンスなら「TABOO」。一番可能性が高いかなと思うのは新曲の「Stay with me」じゃないでしょうか。個人的には2年バラードが続いているので「TABOO」を見たいですが。後半の3~4番目辺りの出演でしょうか。

 

絢香(2006年初出場、3年連続3回目)
 「おかえり」の可能性が一番高そうで、「手をつなごう」の可能性もありますが案外アルバム曲の「POWER OF MUSIC」「For today」になる可能性も低くはなさそう。あとおそらく今年もコブクロとのコラボで「あなたと」は歌われるんじゃないかなとも思いますが。
 コブクロとのコラボが今年もあるならば昨年と同じくらいの、20時過ぎの出演になりそう。そうじゃなければ後半、出来れば遅い時間帯で見たい歌手なのですが。

 

アンジェラ・アキ(2006年初出場、3年連続3回目)
 そりゃ当然「手紙~拝啓、十五の君へ~」でしょう。実質それ以外の選択肢はないです。後半の真ん中~遅めの時間帯、あるいは前半トリで出来る限り良い扱いで取り上げてほしいですね。

 

秋元順子(初出場)
 選曲としては「愛のままで…」になること間違いなしです。後半の序盤辺りで聴きたいですが、やはり可能性が高いのは前半でしょうか。

 

いきものがかり(初出場)
 「花は桜 君は美し」「帰りたくなったよ」「ブルーバード」「プラネタリウム」、そして新曲の「気まぐれロマンティック」。いずれも素晴らしい楽曲なので何を歌ってもらっても全然構いませんが、予想となるとNHKドラマのタイアップがあった「プラネタリウム」の可能性が一番高そう。以下「ブルーバード」「帰りたくなったよ」「花は桜 君は美し」「気まぐれロマンティック」という可能性になります。デビュー曲の「SAKURA」になる可能性も僅かながらあり。歌唱位置は後半の序盤を希望したいですが、予想としては前半、20時半くらいでしょうか。

GIRL NEXT DOOR(初出場)
 3作連続3位の楽曲は「偶然の確率」「Drive away」「情熱の代償」。まあデビュー曲の「偶然の確率」になる可能性が一番高いでしょう。
 個人的には断然トップバッター希望。トップバッターは一見名誉かと思われますが、視聴率的には一番低くなる部分なので、特にここ最近の傾向を考えると実は一番おいしくない位置。正直言って後々、ましてや後半に残しておいてほしいステージではないと思うので、とっとと歌ってほしいというのが私の希望です。ただポニョがトップバッターの方が番組的には良さそうな気もするので、そうなると当然2番目を希望しますね。

 

青山テルマ(初出場)
 これは「そばにいるね」以外ないでしょう。ここで「何度も」が歌われてもねぇ…。後半トップバッター、あるいは前半の3番目以降か20時またぎ、21時またぎが可能性高い歌唱位置でしょうか。

Perfume(初出場)
 2曲歌われると思います。1曲は間違いなく「ポリリズム」としてもう1曲が「love the world」になるか「Dream Fighter」になるかか悩みどころ。衣装的・ヒット的には「love the world」、歌詞の内容的には「Dream Fighter」といった感じなのでちょっと予想はしにくいです。
 出来れば後半の2番バッター辺りになってほしいところですが、予想としては前半の序盤でしょうか。トップバッターの予想が多いですが個人的には絶対に避けて欲しいところ。その理由は2つ上のアーティストを見ればわかると思います。

 

藤岡藤巻と大橋のぞみ(初出場)
 当然「崖の上のポニョ」以外ないでしょう。
 歌唱位置としては21時までの出演が絶対条件になりますので、おそらく20時またぎか往年のモー娘みたいな21時前くらいでしょうか。最初から見てほしいという強い思いが制作者にあるならばトップバッターもありかと思います。このステージを見たいという人は多いはずですから。

 

 

北島三郎(1963年初出場、22年連続45回目)
 ここ数年はほぼ「帰ろかな」「風雪ながれ旅」「それ以外」という選曲なので、ローテーションを考えると今年は「風雪ながれ旅」の番。多分新曲はないと思います。歌唱位置は後半遅めの時間帯だと思いますが、トリの可能性はあまり高くないような。
 希望としてはやんごとなき事情によって紅白で歌えなかった「北の漁場」ですが、まあ絶対ないと思います。でもせめて「与作」「年輪」「歩」「橋」「北の大地」辺りを選曲してもいいんじゃないかなとは毎年思うんですが。

 

布施 明(1966年初出場、6年連続24回目)
 今年カバーアルバムをリリースしました。その中から「I LOVE YOU」「ワインレッドの心」辺りが選曲される可能性が高そうですが、個人的にはオリジナルを歌って欲しいです。「シクラメンのかほり」もいいですが、出来れば近年歌われていない「積木の部屋」「愛は不死鳥」「めぐり逢い紡いで」、あるいは1回も歌われていない「霧の摩周湖」「愛の詩を今あなたに」「何故」辺りを選曲してほしいと思っています。歌唱順は例年通り前半でしょう。

 

森 進一(1968年初出場、41年連続41回目)
 幸せ演歌の真逆を行く怨歌「波止場」あたりを歌ってほしいという希望もありますが、まあNHKが許すなら「おふくろさん」でしょう。そうなると18年ぶりの大トリの可能性も出てきます。正直何回も紅白で歌っているのでもういいという気持ちはありますが、今までとはまた違う、有り得ないほどの凄まじい歌唱になることはほぼ間違いないと思いますので個人的にはそれでいいと思っています。無理だとしたら「襟裳岬」「冬の旅」「女のためいき」辺りが有力候補でしょうか。歌唱位置は前半トリか後半の終盤で。

 

美川憲一(1968年初出場、18年連続25回目)
 本人がこれしかないと言っている以上3年連続で「さそり座の女」になるのではないでしょうか。某動画でのIKZOブームにのっかって「おだまり」でも個人的にはいいんじゃないかと思いますが。
 でもこの人は歌唱力で勝負してほしいです。そういう意味ではやっぱり3年前の「愛の讃歌」みたいなステージを希望したいです。持ち歌なら「柳ヶ瀬ブルース」「釧路の夜」「おんなの朝」などがありますがちょっと暗い曲なので可能性は低いんじゃないかなと。
 前半の出演でしょう。2年連続トップバッターの可能性もあると思います。

 

前川 清(1969年初出場、18年連続18回目)
 やはり個人的には藤山直美との「Love Songが歌えない」をデュエットで聴きたいです。無理だとしたらクールファイブを従えて「東京砂漠」「噂の女」「恋唄」辺りになるのではないでしょうか。多分前半。藤山直美とのデュエットならまさかのトップもあるかも。

 

五木ひろし(1971年初出場、38年連続38回目)
 今年の曲は多く、「橋場の渡し」「この愛に死んでも」「江戸の手毬唄」「凍て鶴」「雪が降る」とあります。楽曲面・ヒット面双方を考えると「橋場の渡し」が一番有力ではないでしょうか。2年連続で懐メロを歌ったことがないという前例に倣えばおそらく新曲の歌唱になるでしょう。当然2年連続トリの可能性も秘めた第2部後半での歌唱が濃厚。
 古い曲なら今年セルフカバーした「ふるさと」でしょうか。大穴としては「テネシー・ワルツ」「よこはまたそがれ(英語バージョン)」を挙げたいと思います。絶対ないとは思いますが…。

 

SMAP(1991年初出場、4年連続16回目)
 「そのまま」「この瞬間、きっと夢じゃない」が今年発表されたシングルで、いずれも1位を取ってますが少し印象が薄いです。後半の終盤だとは思いますがトリの可能性は低いでしょうね。というかTBSの五輪テーマソングでトリを取られてもなぁ…というのが個人的な希望です。可能性としては「そのまま」より「この瞬間、きっと夢じゃない」の方が高いでしょう。
 今年も冒頭にサビ1コーラスで別の曲が入る可能性があります。あるとしたら「夜空ノムコウ」「らいおんハート」「世界に一つだけの花」辺りでしょうか。「らいおんハート」辺りなんかありそうな気もしますが。

 

TOKIO(1994年初出場、15年連続15回目)
 椎名林檎作詞作曲の「雨傘」でほぼ間違いないでしょう。あるいはまさかの「宙船」もありか。今年はそんなにヒットしていないので、後半の序盤より前半21時過ぎあたりの出演になる可能性の方が高そう。

 

氷川きよし(2000年初出場、9年連続9回目)
 ヒットという意味で考えると「玄海船歌」ですが、トリを取るとしたら「哀愁の湖」の方が向いているように個人的には感じます。可能性は「玄海船歌」の方が高いと思いますが、私としてはそろそろトリを取ってほしいので「哀愁の湖」を希望曲に選びました。後半での出演は間違いないですが、歌唱位置は流動的。

 

ポルノグラフィティ(2000年初出場、5年連続7回目)
 「あなたがここにいたら」「痛い立ち位置」「ギフト」「Love, too Death, too」「今宵、月が見えずとも」、計5曲のシングルを出していて、売上も(おそらく)そう変わりないと思うので予想困難。こういう場合はリリースが近くなるほど可能性が高いですが、だからと言ってそうだとも言い切れません。
 歌唱順も前半20時台~後半22時台辺りまで、いずれもそれなりに可能性があるので予想するのは難しいですね。

 

平井 堅(2000年初出場、2年連続6回目)
 名バラードである「いつか離れる日が来ても」だと思いますが「キャンバス」の可能性も高いと思います。まさかの「大きな古時計」なんていうオチになる可能性もあるにはありますがまあ多分ないはずです。後半の中盤で出演になるでしょうか。

EXILE(2003年初出場、2年連続4回目)
 雪の中、札幌からの生出演なら20時くらいに「Ti Amo」1曲、札幌ドームのライブ中継なら23時前くらいに浜崎あゆみと一体になるような形で「Ti Amo」とともに「SUPER SHINE」辺りを見せてほしいところ。結構大掛かりな作業なので実現可能性は高くないかもしれませんが、決して出来ないことはないはず。むしろそれくらい思い切ったことをやらないとNHKホールにいる人にも失礼だと思います。
 時期的に「LAST CHRISTMAS」の可能性は低いと思います。また「Pure」「You’re my sunshine」の可能性も高くなく、むしろアルバムでカバーした「銀河鉄道999」「真夏の果実」になる可能性の方が高いと思います。個人的にはカバーじゃない方が断然いいですね。

 

森山直太朗(2003年初出場、3年ぶり3回目)
 ここで今年わざわざ選ばれていることを考えると「生きてることが辛いなら」しかないでしょう。こんな時に「さくら(独唱)」を歌われても困ります。前半より後半の方が可能性高いような気がしますね。

 

コブクロ(2005年初出場、4年連続4回目)
 実質的には「時の足音」「赤い糸」の二択。どちらも素晴らしい曲なので選ばれる可能性は半々ですが、ベストヒット歌謡祭でも「赤い糸」を歌ってたくらいなのでそっちの方が可能性若干高いでしょうか。後半の終盤、それこそトリ前かその前辺りで見たいステージです。なんならトリでも良いと思います。

 

WaT(2005年初出場、4年連続4回目)
 「夢の途中」「時を越えて~Fantastic World~」もありますが、やっぱり直近曲の「36℃」になる可能性が一番高いでしょうね。「僕のキモチ」「ボクラのLove Story」辺りになってしまう可能性も僅かにあり。消極的な意味で考えると前半トップバッター最有力候補、いずれにしても前半の出演でしょう。曲は良いんですけどね。

 

北山たけし(2005年初出場、4年連続4回目)
 まあ「希望の詩」でしょうね。今年はこれ1曲しか出していません。
 当然前半の序盤で、この人も消極的な意味で考えた場合のトップバッター候補。というより楽曲的にもアップテンポの青春歌謡曲なのでトップバッターには合うと思います。

 

秋川雅史(2006年初出場、3年連続3回目)
 予想としては3年連続「千の風になって」が無難なラインでしょう。
 歌謡コンサートで彼が今年歌った曲は「丘をこえて」「イヨマンテの夜」「旅立ちの日に」「昴」があります。個人的には「千の風になって」以外なら何でもいいかな、という印象ですが多分「千の風になって」になるんじゃないですか。その場合なら「涙そうそう」同様前半トリ、「旅立ちの日に」辺りなら後半の中盤になるかと思います。

 

徳永英明(2006年初出場、3年連続3回目)
 今年は「抱きしめてあげる」「愛が哀しいから」「小さな祈り~P.S.アイラヴユー」といった新曲もヒットしていますがベストアルバムを出した関係で彼自身の懐かしい曲になる可能性の方が高いのではないでしょうか。
 デビュー曲「レイニーブルー」、ブレイク曲の「輝きながら…」、他にも「夢を信じて」「LOVE IS ALL」「僕のそばに」など可能性は色々あります。個人的には「レイニーブルー」を推したいですが、まあ予想としては横一線でしょうね。
 「雪の華」など『VOCALIST』シリーズから選曲される可能性もありますが、個人的には気が進みません。あと2年前に歌った「壊れかけのRadio」は出来れば避けてほしいです。確かに一番ステージ映えする曲なのかもしれませんが。今年は前半の可能性もあり。

 

Aqua Timez(2006年初出場、2年ぶり2回目)
 「夏のかけら」という曲もありますが、ここは「虹」以外有り得ないでしょう。3年前のD-51みたく後半の序盤での出演が濃厚でしょうか。

水谷 豊(初出場)
 2曲メドレーだと思います。「カリフォルニア・コネクション」は間違いないとしてもう1曲、「やさしさ紙芝居」にするか「表参道軟派ストリート」「はーばーらいと」「何んて優しい時代」辺りになるか、あるいは「SNOW BIRD」「心のままに」といった新曲も盛り込むのか。個人的に可能性が高い順番は「やさしさ紙芝居」「はーばーらいと」「何んて優しい時代」「心のままに」かなと思います。21時またぎ、あるいは22時台中盤での出演でしょうか。

 

Mr.Children(初出場)
 間違いなく「GIFT」ですが、個人的には10分かけてでももう1曲披露してほしいです。まあその可能性は低いと思いますが。もし披露するなら「HANABI」「花の匂い」「少年」のどれかでしょうね。出番は23時台前半くらいかと思います。中継だと思いますが、NHKホールから歌うならトリにする選択肢もありかも。

 

木山裕策(初出場)
 そりゃ「home」でしょう。昨年の馬場俊英と同様前半トリ前辺りの出演でしょうか。

 

キマグレン(初出場)
 まあ「LIFE」でしょうね。前半の序盤~中盤の登場が濃厚でしょう。

 

ジェロ(初出場)
 当然「海雪」で決定。後半の序盤~中盤で、その中でのトップバッターもあると思います。

 

羞恥心 with Pabo(初出場)
 「羞恥心」「陽は、また昇る」の2曲は確定でしょうがもう1曲、わざわざPaboと書いてるからには持ち歌を歌うんでしょうか。でも「恋のヘキサゴン」は微妙ですし、コンピアルバム収録の「グリーンフラッシュ伝説」は知名度低すぎますし、ちょっと悩み所。かと言って「泣かないで」になるかと言われるとこれまた微妙。2曲よりも3曲かなとは思うのですが。
 後半のトップ、あるいは2番目辺りの出演かなとは思いますが、子供に人気があるという名目で20時またぎか21時またぎでポニョとの対決、という可能性も結構高そうです。

 

東方神起(初出場)
 NHKで放送されている韓国ドラマの主題歌である「千年恋歌」かなとは思いますが、バラードなのでやや微妙。「どうして君を好きになってしまったんだろう?」もバラード、また題名が長いのでやや可能性としては不利でしょうか。「Beautiful you」「Purple Line」、あるいは韓国でもリリースされた「呪文-MIROTIC-」もありますがいずれも決定打に欠けます。かと言ってメドレーにするほどでもないのでそこもちょっと悩み所。個人的にはダンスパフォーマンスも見たいですが。
 歌唱位置としては前半の序盤の可能性が一番高いでしょうね。案外中途半端な位置での出番になる可能性もありそうですが…。