ゲスト審査員が発表されましたので、あらためてこちらでも紹介します。

伊調 馨(レスリング選手)
 ゲスト審査員は初ですが、紅白歌合戦は12年前・アテネ五輪で金メダル獲得時に特別ゲストとして出演済み。吉田沙保里とともに当時初出場だったnobodyknows+の曲紹介と応援を担当しました。そのアテネ・北京・ロンドンに続いて4大会連続金メダル獲得、国民栄誉賞も受賞しています。

萩野公介(競泳選手)
 今年のリオ五輪では個人メドレーで金・銀メダル、チームのリレーでも銅メダルを獲得するという大活躍を見せました。4年前はロンドン五輪・銀メダルの入江陵介がゲスト審査員を務めているので、それ以来の選出。

辻 沙絵(陸上選手)
 リオデジャネイロ・パラリンピックの陸上400mで銅メダルを獲得。生まれつき右ひじから先を欠損しているというハンデがありながら頑張っています。パラリンピック選手の紅白出演は成田真由美(シドニー・競泳で6つの金メダル)以来16年ぶり、ゲスト審査員は第31回(1980年)の角田好雄(アーネムパラリンピック・陸上男子スラローム2で金メダル)以来36年ぶり。

大谷翔平(プロ野球選手)
 今年日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズの選手。投手と野手における二刀流の活躍は、文字通り前人未到の記録を次々と作り出しています。ファイターズからのゲスト審査員は、第31回(1980年)に新人賞他投手部門タイトルを総ナメした木田勇以来36年ぶり2人目。北海道移転前は2回しか優勝していないので、どうしても球団別で見ると少なくなってしまいます。

新垣結衣(俳優)
 ゲスト審査員は第58回(2007年)以来9年ぶり2度目。前回はファンでもある槇原敬之「GREEN DAYS」の曲紹介を担当。NHKには来年3月のドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』に出演予定ですが、ここ最近の大トピックスといえばTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。果たして星野源のステージで曲紹介、あるいは恋ダンスもあるでしょうか。期待は大きいです。

高畑充希(俳優)
 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のヒロイン。紅組司会が予想されていましたが、実際はゲスト審査員としての出演でした。現在はミュージカル『わたしは真悟』公演中、さらに来春も『エレクトラ』の舞台に立つそうです。

草刈正雄(俳優)
 ゲスト審査員は初。『真田丸』では真田信繁の父親・真田昌幸役として大きな役割を果たしました。ちなみに初めての大河出演となった『風と雲と虹と』が放送された1976年・第27回の紅白で白組応援団長として出場しています。あまり出番はなかったですが、この年特別ゲストで登場した王貞治に向かって、投手としてボールを投げる場面がありました。客席に向かってホームランを打つという台本でしたが、打球はボテボテのゴロでした。

春風亭昇太(落語家)
 今年桂歌丸に代わって『笑点』の司会に抜擢、そして来年の大河ドラマにも『おんな城主 直虎』で今川義元役を演じます。落語家のゲスト審査員は桂文枝以来4年ぶり、関東落語だと林家正蔵以来11年ぶり。

村田沙耶香(作家)
 『コンビニ人間』で今年の芥川賞を受賞した作家。彼女自身も実際にコンビニ務めしているそうです。

秋本 治(漫画家)
 今年連載40周年・コミックス200巻を機に連載を終了した『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でお馴染みの漫画家。こち亀の後は『BLACK TIGER』をグランドジャンプ誌で連載開始、それを含めて合わせて4作の新連載を予定しているそうです。意外にも漫画家のゲスト審査員はここ最近選出なく、第37回(1986年)の加藤芳郎以来30年ぶりでかなり久々。それ以前だと横山隆一長谷川町子水島新司松本零士里中満智子などがいます。

 曲目予想が今年は全然当たっていないのでやる意味あるのかというツッコミもあるかと思いますが、一応曲順も予想してみました。

・前半

紅組1 欅坂46「サイレントマジョリティー」
白組1 Sexy Zone「よびすて 紅白’16」
紅組2 E-girls「DANCE WITH ME NOW!」
白組2 福田こうへい「東京五輪音頭」
紅組3 miwa「結-ゆい-」
白組3 RADWIMPS「前前前世 [original ver.]」
紅組4 AKB48「夢の紅白選抜SPメドレー」
白組4 関ジャニ∞「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」
紅組5 香西かおり「すき~真田丸スペシャルVer.~」
白組5 RADIO FISH「PERFECT HUMAN」
紅組6 市川由紀乃「心かさねて」
白組6 AAA「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」
紅組7 PUFFY「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
白組7 山内惠介「流転の波止場~究極の貴公子編~」
白組8 三山ひろし「四万十川~けん玉大使編~」
紅組8 水森かおり「越後水原~白鳥飛翔~」
白組9 三代目J Soul Brothers「Welcome to TOKYO」
紅組9 西野カナ「Dear Bride」
白組10 郷ひろみ「言えないよ」
紅組10 天童よしみ「あんたの花道」
白組11 SEKAI NO OWARI「Hey Ho from RPG」
紅組11 乃木坂46「サヨナラの意味」

 トップバッター2組はおそらく鉄板。AKB48は研究生が入る可能性も加味してあえて早めに。RADWIMPSは一応NHKホールで歌うという前提、中継だと後半になるでしょうか。香西かおりの曲順は大河ドラマ・8時に合わせる形。サブタイトルのある演歌は、特に山内三山はほぼ同じタイミングで出演と予想。
 RADIO FISHは子ども人気も加味してあえて前半。PUFFYは後半の方がしっくり来ますが、今年の実際の売上などを考えると前半でも不自然ではないような感も。水森かおりは後半3番手周辺が基本ですが、今回の顔ぶれを考えると前半の方が可能性やや高めでしょうか。三代目・西野カナは、前年ほどの勢いでないことも加味してこちらも前半に回す形。前半トリの選出は難しいですが、個人的にはあくまで今年の曲にしてほしいという思いを込めてセカオワと乃木坂に。両組とも楽曲評価高く、特に乃木坂は前半トリにすることでかなり絵になるステージになると想像。もっとも実際そうなる可能性は決して高くなく、むしろ天童よしみ・坂本冬美・郷ひろみ、場合によっては石川さゆり・五木ひろしといったベテラン勢で無難に納める可能性の方が高いと思われます。

・後半

白組1 桐谷健太「海の声~みんなの海の声バージョン~」
紅組1 AI「みんながみんな英雄」
白組2 THE YELLOW MONKEY「JAM」
紅組2 坂本冬美「夜桜お七」
白組3 福山雅治「2016スペシャルメドレー」
紅組3 いきものがかり「SAKURA」
紅組4 椎名林檎「青春の瞬き-FROM NEO TOKYO 2016-」
白組4 TOKIO「宙船」
紅組5 石川さゆり「天城越え」
白組5 五木ひろし「九頭竜川」
紅組6 宇多田ヒカル「花束を君に」
白組6 氷川きよし「白雲の城」
紅組7 島津亜矢「川の流れのように」
白組7 ゆず「見上げてごらん夜の星を~ぼくらのうた~」
紅組8 Perfume「FLASH」
白組8 V6「Smile! メドレー」
紅組9 大竹しのぶ「愛の讃歌」
白組9 X JAPAN「紅」
紅組10 絢香「三日月」
白組10 KinKi Kids「硝子の少年」
紅組11 髙橋真梨子「ごめんね…」
白組11 星野 源「恋」
紅組12 松田聖子「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
白組12 嵐「嵐×紅白スペシャルメドレー」

 後半トップはとりあえずauの2曲。有村架純がかぐや姫の衣装で登場することにちょっとだけ期待。イエモンはこの後の移動を考えると、後半白組2番手より遅い時間にはならないと予想。本来ならトリ周辺に置きたいところですが…。林檎とTOKIOはまだ中継かどうかハッキリしませんが、とりあえず直接対決を予想。
 宇多田ヒカルが10時台の目玉、11時台に大竹しのぶ~X JAPAN辺りを集める形。ただ後半になるにつれナツメロ傾向が高くなるのが気になるところ。そこで個人的には星野源をトリ前に抜擢してそれを払拭したいという考え。ただガッキー審査員となると実際は10時半くらい、第55回のマツケンサンバみたいな位置づけになる可能性が一番高いのではないかと思われます。キンキはジャニーズ枠というより1990年代大ヒットベテラン枠みたいな位置づけで、初出場ですがトリ2つ前にしてみました。
 トリは松田聖子と嵐という事前報道、おそらくこれで間違いないと思われます。大トリの嵐も、他の顔ぶれを見る限り報道以前から九分九厘間違いないだろうと想像していたので、文句なしでしょう。あとはここ最近出場を受諾するのではないかと言われているSMAPがどうなるかでしょうか。出演する場合は間違いなく嵐の後、3年前の北島三郎と同様のポジションになると思われます。ネックはやはり第54回同様、記録的な白組勝利になってしまいそうなことくらいでしょうか。一応デジタルテレビでの審査時間は嵐の直後、SMAPが出るまでの間に済ますべきではあると思いますが…。