Spotify/YouTube再生数ランキング・5 いきものがかり

 第5弾、今回はいきものがかりを取り上げます。2022年3月20日にデータ更新しています。

 いきものがかりのストリーミング解禁はかなり遅く、2020年9月23日でした。ソニーは良くも悪くも傾向が分かりやすく、自社内のコンテンツを充実させることに積極的な反面、他社と歩調を合わせる点ではやや消極的な部分もあります。配信でも自社運営のmoraそのものは充実していましたが、iTunesへの提供は他社と比べてもかなり遅かったような…。そう考えると最近は本当に良い方向に進んでいるように思います。というわけでまずはSpotify再生回数ランキングですが、なかなか興味深い結果になりました。

 タイアップ情報はアニメゲーム映画ドラマCM&企業報道&スポーツその他で色分けしています。また、紅白歌合戦歌唱曲もカラー表記しています。

Spotify再生回数ランキング

楽曲再生回数楽曲発売日主なタイアップ(発売当時)収録作品
1.ブルーバード14802万2008/7/9テレビ東京
『NARUTO-ナルト- 疾風伝』OPテーマ
Sg.「ブルーバード」
Al.『My song Your song』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
Sg.「BAKU」(2021 Remasterd)
2.熱情のスペクトラム6137万2014/10/15毎日放送『七つの大罪』OPテーマSg.「熱情のスペクトラム」
Al.『FUN! FUN! FANFARE!』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
3.ホタルノヒカリ3866万2009/7/15テレビ東京
『NARUTO-ナルト- 疾風伝』OPテーマ
Sg.「ホタルノヒカリ」
Al.『ハジマリノウタ』
Sg.「BAKU」(2021 Remasterd)
4.SAKURA1582万2006/3/15NTT「DENPO115」(東日本エリア限定)Sg.「SAKURA」
Al.『桜咲く街物語』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
5.ありがとう945万2010/5/5NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌Sg.「ありがとう」
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
6.BAKU848万2021/1/18テレビ東京『BORUTO-ボルト-
NARUTO NEXT GENERATIONS』OPテーマ
Sg.「BAKU」
Al.『WHO?』
7.YELL798万2009/9/232009Nコン中学生の部 課題曲Sg.「YELL/じょいふる」
Al.『ハジマリノウタ』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
8.HANABI716万2006/5/31テレビ東京『BLEACH』EDテーマSg.「HANABI」
Al.『桜咲く街物語』
9.気まぐれロマンティック632万2008/12/3フジテレビ『セレブと貧乏太郎』主題歌Sg.「気まぐれロマンティック」
Al.『My  song Your song』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
10.ラストシーン616万2016/8/24東宝『四月は君の嘘』主題歌Sg.「ラストシーン」
11.じょいふる462万2009/9/23江崎グリコ「ポッキーチョコレート」Sg.「YELL/じょいふる」
Al.『ハジマリノウタ』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
12.笑顔409万2013/7/10東宝『劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ
~神速のゲノセクト ミュウツー覚醒~』主題歌
Sg.「笑顔」
Al.『I』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
13.ハルウタ309万2012/4/25東宝『劇場版名探偵コナン
~11人目のストライカー~』主題歌
Sg.「ハルウタ」
Al.『I』
14.帰りたくなったよ262万2008/4/16東宝『砂時計』主題歌Sg.「帰りたくなったよ」
Al.『My song Your song』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
V.A.『情熱の2000’sベストヒッツ35曲!~Epic35~』
15.風が吹いている223万2012/7/18NHK『ロンドンオリンピック・
パラリンピック』テーマソング
Sg.「風が吹いている」
Al.『バラー丼』
Al.『I』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
16.茜色の約束216万2007/10/24au「LISMO」Sg.「茜色の約束」
Al.『ライフアルバム』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
17.コイスルオトメ209万2006/10/18日本テレビ
『恋愛部活(ラブカツ)』EDテーマ
Sg.「コイスルオトメ」
Al.『桜咲く街物語』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
18.キミがいる202万2010/8/4日本テレビ『ホタルノヒカリ2』主題歌Sg.「キミがいる」
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
19.WE DO190万2019/1/1SoftBank
「新CMシリーズ第1弾~しばれるな篇~」
Sg.「WE DO」
Al.『WE DO』
20.歩いていこう167万2011/11/23TBSテレビ
『ランナウェイ~愛する君のために』主題歌
Sg.「歩いていこう」
Al.『NEWTRAL』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
21.うるわしきひと163万2007/2/14日本コカ・コーラ
「アクエリアス ビタミンガード」
Sg.「うるわしきひと」
Al.『桜咲く街物語』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
22.花は桜 君は美し141万2008/1/30au, Sony Ericsson「W61S」Sg.「花は桜 君は美し」
Al.『ライフアルバム』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
23.青春ライン132万2007/8/8毎日放送
『おおきく振りかぶって』第2期OPテーマ
Sg.「夏空グラフィティ/青春ライン」
Al.『ライフアルバム』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
24.いつだって僕らは130万2012/1/18ユーキャン2012年キャンペーンSg.「いつだって僕らは」
Al.『NEWTRAL』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
25.心の花を咲かせよう121万2008/12/24日本テレビ『第87回全国高等学校
サッカー選手権大会』テーマソング
Al.『My song Your song』
Al.『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』
Al.『バラー丼』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
26.キラリ105万2014/12/24東宝『アオハライド』主題歌Al.『FUN! FUN! FANFARE!』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
27.SING!101万2019/4/1フジテレビ『めざましテレビ』Sg.「SING!」
Al.『WE DO』
28.笑ってたいんだ98.4万2011/7/20日産自動車「新・日産セレナ」Sg.「笑ってたいんだ/NEW WORLD MUSIC」
Al.『NEWTRAL』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』
29.きらきらにひかる96.7万2020/8/31テレビ朝日『未解決の女~
警視庁文書捜査官~』主題歌
Sg.「きらきらにひかる」
Al.『WHO?』
30.1 2 3~恋がはじまる~93.4万2013/6/5カルピスウォーターSg.「1 2 3~恋がはじまる~」
Al.『I』
Al.『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』

 「ブルーバード」が1億再生突破で、圧倒的な数字を記録しています。2位「熱情のスペクトラム」が『七つの大罪』、3位「ホタルノヒカリ」も「ブルーバード」同様『NARUTO-ナルト-』で、アジカンの「遥か彼方」でもあった通り異常な強さになっています。少し調べると、こういったアニメ関連曲は日本だけでなく海外での再生数も相当多いようで、「ブルーバード」は2020年海外で最も聴かれた楽曲4位になっています。2021年も『BORUTO』OPテーマ「BAKU」で、シングルのカップリングに「ブルーバード」「ホタルノヒカリ」のリマスターが収録。さらなる伸びを見せています。勿論「BAKU」の再生数も多く、2021年4月時点で11位・280万再生。最新更新分では6位にまでアップしました。アニメだと『BLEACH』の「HANABI」も当時のCD売上と相対的に比較して再生数多く8位。逆に映画版ポケモンの「笑顔」やコナンの「ハルウタ」は特別伸びている状況ではありません。あとは「ラストシーン」も当時のCD売上以上に再生数が伸びている印象で、こちらはコミックの実写版映画『四月は君の嘘』の主題歌でした。

 ベストアルバムのリリースは多いですが、再レコーディングは今のところまだ少なめ。ランクインしている曲では「歩いていこう」が『バラー丼』のpiano intro versionで26.7万、「コイスルオトメ」が『超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~』の激情編で24.4万、「ふたり」が『ハジマリノウタ』新録で11.5万がある程度。多少の入れ替わりはありますが、大勢にはあまり影響ないようです。それにしても、45曲も収録されているメジャー10周年ベストに再生数の多い「ホタルノヒカリ」「HANABI」「ハルウタ」が入っていないのはあまりにも意外です。

YouTube再生回数ランキング

楽曲再生回数楽曲発売日配信開始日主なタイアップ
(発売当時)
1.ブルーバード2124万2008/7/92020/8/21テレビ東京『NARUTO-ナルト- 疾風伝』OPテーマ
2.YELL1782万2009/9/232020/3/262009Nコン中学生の部 課題曲
3.ありがとう1135万2010/5/52020/3/26NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』主題歌
4.熱情のスペクトラム1008万2014/10/152020/8/24毎日放送『七つの大罪』OPテーマ
5.SAKURA845万2006/3/152020/3/26NTT「DENPO115」(東日本エリア限定)
6.ラストシーン769万2016/8/242016/8/3東宝『四月は君の嘘』主題歌
7.気まぐれロマンティック663万2008/12/32020/8/21フジテレビ『セレブと貧乏太郎』主題歌
8.生きる662万2020/3/202020/3/20漫画『100日後に死ぬワニ』コラボムービー
9.風が吹いている486万2012/7/182020/8/23NHK『ロンドンオリンピック・パラリンピック』テーマソング
10.じょいふる475万2009/9/232020/8/22江崎グリコ「ポッキーチョコレート」
11.笑顔390万2013/7/102020/3/26東宝『劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ~神速のゲノセクト ミュウツー覚醒~』主題歌
12.BAKU354万2021/1/182021/1/18テレビ東京『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』OPテーマ
13.ホタルノヒカリ315万2009/7/152020/8/22テレビ東京『NARUTO-ナルト- 疾風伝』OPテーマ
14.帰りたくなったよ240万2008/4/162020/8/21東宝『砂時計』主題歌
15.キミがいる201万2010/8/42020/8/22日本テレビ『ホタルノヒカリ2』主題歌
16.ハルウタ136万2012/4/252020/8/23東宝『劇場版名探偵コナン~11人目のストライカー~』主題歌
17.笑ってたいんだ128万2011/7/202020/8/22日産自動車「新・日産セレナ」
18.いつだって僕らは121万2012/1/182020/8/23ユーキャン2012年キャンペーン
19.花は桜 君は美し119万2008/1/302020/8/21au, Sony Ericsson「W61S」
20.茜色の約束116万2007/10/242020/8/21au「LISMO」
21.HANABI110万2006/5/312020/8/20テレビ東京『BLEACH』EDテーマ
22.きらきらにひかる104万2020/8/312020/8/31テレビ朝日『未解決の女~警視庁文書捜査官~』主題歌
23.あなた96.8万2015/5/132020/8/24日本テレビ『7daysTV~かぞくって、なんだ?』キャンペーンテーマソング
24.歩いていこう95.2万2011/11/232020/8/23TBSテレビ『ランナウェイ~愛する君のために』主題歌
25.コイスルオトメ94.0万2006/10/182020/8/20日本テレビ『恋愛部活(ラブカツ)』EDテーマ
26.夏空グラフィティ76.2万2007/8/82020/8/20日本コカ・コーラ「アクエリアス ビタミンガード」
27.ふたり75.1万2009/5/272020/8/21TBSテレビ『ぼくの妹』主題歌
28.ノスタルジア71.3万2010/3/102020/8/22スタイルジャム『時をかける少女』主題歌
29.ラブソングはとまらないよ68.6万2014/7/92020/8/23カルピスウォーター
30.うるわしきひと67.7万2007/2/142020/8/20日本コカ・コーラ「アクエリアス ビタミンガード」

 YouTubeでのフルコーラスMVが見られるようになったのも最近で、主要曲4つを除くと2020年8月20日以降となっています。それ以前だと「風が吹いている」以降のシングルはshort ver.が発売時にアップされていますが、集計からは外しました。唯一、いきものがかりOfficial発足前にソニー本体のチャンネルでフルコーラスMVがアップされた「ラストシーン」は合算してます。また、ほとんどフルコーラスが発売時にアップされた2015年の「ラブとピース!」は452万再生でした。2019年の「WE DO」「アイデンティティ」は現在もshort ver.のみのアップとなっています。

 いきものがかりは基本かなり日本人好みのJ-POPアーティストというイメージでしたが、その認識はランキング特にコメント欄を見る限り改める必要がありそうです。「ブルーバード」「熱情のスペクトラム」「ホタルノヒカリ」「BAKU」など、アニメタイアップのトップコメントはほとんど外国語で占められていました。その流れは他の曲にも出始めていて、アニメとは無縁の「SAKURA」「YELL」でさえも外国語のコメントが多くなっています。「BAKU」をシングルで出すにあたって、「ブルーバード」をカップリング収録の上テレビでパフォーマンスする機会も増えていましたが、データを見る限りソニーとしては極めて妥当な判断だと思います。というより、もう「SAKURA」「YELL」「ありがとう」よりもそちらの方をメインに移す段階に入っているのではないでしょうか。

 NARUTOの勢いは止まらず、「ブルーバード」がこちらでも1位です。ただSpotifyと比べると、「BAKU」の勢いはこちらでは止まりつつある様子です。

マイベストランキング

楽曲SpotifyYouTube楽曲発売日
1.YELL798万1782万2009/9/23
2.笑顔409万390万2013/7/10
3.SAKURA1582万845万2006/3/15
4.風が吹いている223万486万2012/7/18
5.花は桜 君は美し141万119万2008/1/30
6.コイスルオトメ233万94.0万2006/10/18
7.笑ってたいんだ98.4万128万2011/7/20
8.夏空グラフィティ47.5万76.2万2007/8/8
9.気まぐれロマンティック632万663万2008/12/3
10.ブルーバード14802万2124万2008/7/9
11.ありがとう945万1135万2010/5/5
12.じょいふる462万475万2009/9/23
13.GOLDEN GIRL66.7万36.6万2014/11/12
14.KISS KISS BANG BANG17.3万14.8万2012/2/29
15.1 2 3~恋がはじまる~93.4万66.4万2013/6/5
16.秋桜10.6万2009/12/23
17.ホタルノヒカリ3866万315万2009/7/15
18.いつだって僕らは130万121万2012/1/18
19.茜色の約束216万116万2007/10/24
20.プラネタリウム91.0万60.7万2008/10/15
21.BAKU848万354万2021/1/18
22.うるわしきひと163万67.7万2007/2/14
23.ラブとピース!45.0万25.0万2015/11/3
24.歩いていこう194万95.2万2011/11/23
25.帰りたくなったよ262万240万2008/4/16
26.キミがいる202万201万2010/8/4
27.マイサンシャインストーリー50.2万2013/7/24
28.恋愛小説11.9万2013/7/24
29.流星ミラクル16.3万30.9万2006/12/6
30.ハジマリノウタ~遠い空澄んで~36.8万2009/12/23

 更新のたびに順位を入れ替えているマイベストですが、いきものがかりの1位「YELL」・2位「笑顔」は今後もほぼ変わらないと思われます。特に「YELL」は21世紀以降でくくっても最上位に入る名曲中の名曲で、アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」とともにNコン課題曲の価値を大きく高めた楽曲でもありました。

 この中だと「秋桜」はあまり馴染みない曲ではないかと思いますが、2009年のアルバム『ハジマリノウタ』に収録されています。マイナー調のコード進行とハーモニカの音が切なく響き渡る隠れた名曲ですが、データ的には本当に隠れてしまっているようで…。これは『I』収録の「恋愛小説」にも共通しています。

 大作バラードから前向きポップソング、明るい王道からマイナー調まで、幅広くクオリティーの高い楽曲が作れるのはやっぱり強いです。放牧からの再始動後やや過小評価され始めてる感も否めないですが、データ的にはむしろ再評価される流れが出始めている印象があります。

 「SAKURA」の時点で長く活動し続けるグループになるという直感は、結果的には大当たりでした。メンバーが還暦くらいを迎えても、新曲を常時発表してヒットし続けるグループであって欲しいと心から願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました