2021.1.18 Billboard CHART

 今週のビルボードチャートはこちらです。1位~5位まで順位そのまま、上位はほとんど変動なさそうです。YOASOBI『THE BOOK』発売の影響で、収録曲が軒並みランクアップしていますが、それくらいですね。というわけで今回も注目曲を適当にいくつか。

 22位から13位にランクアップしたAdo「うっせえわ」。ユニバーサルミュージックから昨年10月にこの曲でメジャーデビューした女性ボーカル、2002年生まれの18歳。この手のイラスト系PVは同人系のアーティストで多い傾向がありますが、2年前からYoutubeで歌いました動画をアップしているので、そこから自然にメジャーデビューまで繋がった、という感じでしょうか。既に3000万回再生されていますが、メディア初出演は今年1月に入ってからのFM802のラジオ番組。本当の意味で、今年の大ブレイクが期待できそうな雰囲気もあります。

 楽曲は強烈な歌声・歌詞もそうですが、若干の懐かしさを感じさせる歌い出しもポイントでしょうか。昨年一昨年辺りから、同人系音楽が今後一番伸びる余地が高いかもしれないとは感じていましたが、今年はいよいよ音楽ファン以外にも広まる年になるような気がします。今後もおそらく、歌ってみた演奏してみた動画をきっかけにメジャーになっていくミュージシャンは増加の一途を辿るのではないでしょうか。

 もう一つは『バズリズム』の2021年コレがバズるぞ!ランキングで1位になったVaundyから「不可幸力」。2019年11月Youtube公開開始で2000万回再生しているので、既にそこそこバズっているようにも思いますが…。ただそれでも個人的にはほとんど聴いていないのであらためて。

 Spotify PremiumのCMソングとなっているこの曲は、聴き心地よいサウンドのロックミュージック。R&Bの要素も入っているような、決して明るくない仄かな光が似合うような雰囲気は、夜の都会の光景がしっくりくる感じがします。少なくとも上で紹介したAdoさんとは真逆の雰囲気で、通好みではありますが…。Suchmos辺りの流れがそのまま続いている音楽という印象もあって、通に高く評価されやすいとは思いますが音楽ファン以外にどう聴こえるか…というのが課題のような気もしています。個人的に、この曲を好まない音楽ファンを「音楽を分かってない人扱い」する一部界隈に存在しているような雰囲気はどうも好きになれません。

投稿者: Kersee

紅白歌合戦・J-POP・歌謡曲に浅く広く詳しいミュージックソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA