このツイートが熊谷真実さんにいいね!されたということで。

 第30回NHK紅白歌合戦が放送されたのは1979年。その年の上半期に放送された連続テレビ小説は、『マー姉ちゃん』。紅組応援団長として登場したのが、ヒロイン・熊谷真実さんと田中裕子さん、早川里美さん、藤田弓子さん。その4人と白組応援団長(三波伸介さん)、白組歌手(布施明さん、郷ひろみさん、桑田佳祐さん)のやり取りが序盤にあったのでその一部を掲載したものです。全編は以下の通り。

藤田「三波さん、三波さん。お宅の白組には素晴らしい独身男性が大勢いらっしゃるそうですねぇ。うちの娘たちに紹介してやって頂けますか?」

三波「ああいいですよ、いいですよ」

早川「眉毛がゲジゲジなんだけど、とっても声が甘い方でいらっしゃるんですって?」郷「はーい、僕です」

田中「一見ハチャメチャな歌を歌うようで、とっても素敵な方がいるんですって?」桑田「はーい、僕です」

 その後に上記のやり取りがあって、3人が三波応援団長に叱られるものの、自分も白組歌手に「はーい、僕です」と返答してしまって終了するという内容でした。なおこの回の紅白歌合戦は、紅組司会・水前寺清子さんを中心というチームワークが光る紅組が勝利しました。この回のチータ司会に関するエピソードは紅白史に残る伝説ですが、それはまた別の機会に語ることにしましょう。

 それにしても郷さんや布施さんはともかく、桑田さんが独身ということにものすごく時代を感じますね。サザンオールスターズはこの年「いとしのエリー」で初出場、そもそも原さんに告白してこの曲を聴かせたというエピソードがあるので紹介しようにも既に遅いです。布施さんも翌年に結婚するオリヴィア・ハッセーとCMで共演後、もうそういう話には入っていたように思われます。ただ郷さんは有名な交際相手がまだデビュー前、当時は本当にフリーだったのかもしれません。

 女性側に目を向けると、マー姉ちゃんの主演が熊谷さん、田中さんは長谷川町子役のモデル。最終的には、歌手席に座っているジュリーを射止めるわけです。早川さんはWikipediaでも個別記事がなく、少し情報が欲しいところではあります。藤田さんは11年前の連続テレビ小説『あしたこそ』主演、その年の第19回紅白では特別審査員として出演しました。そして三波伸介さんといえば当時NHKの『お笑いオンステージ』でお馴染み。第23回から9回連続で紅白に応援出演、第24回からは2年おきに白組応援団長として出演していました。三波さんに関しては名言集にまだまだ掲載しているので、また語る機会も出来るかと思います。