今年3月31日で活動終了するアニメ”勝手に”応援プロジェクト、A応P。彼女たちの活動は多岐にわたりますが、やはり一番印象深いのは『おそ松さん』でしょうか。2016年に大旋風を起こした『おそ松さん』、「はなまるぴっぴはよいこだけ」「全力バタンキュー」はアニメファン以外でも一度は耳にした人も多いはずです。『おそ松さん』も現在は第3期が絶賛放送中、その後期オープニングテーマになっているのが新曲「6つ子の魂ナユタまで」。ナユタという単位は不可思議の一つ手前で京より11単位上、要はほとんど永遠に変わらないということです。でもまあ一番耳に残るのは結局”ズキュンバキュン”という擬音。単純に楽しく聴くことが出来る1曲に仕上がっていて、良いのではないでしょうか。

 もう1曲はSUPER☆GiRLSについて書いてみましょう。2020年12月23日にベストアルバム『超絶少女☆COMPLETE 2010~2020』を発売、そこに収録されている新曲が「NIJIIROロード☆」。早いものでスパガもメンバーを入れ替えながら結成10周年を迎えましたが、10周年を記念した新曲はやはりスパガらしい、賑やかさと元気さを強調した王道路線に仕上がっています。2021年の感覚で聴くともう古さまで感じてしまうクラシカルな印象もありますが、そこには変わらない素敵さも感じることが出来ます。良いのではないでしょうか。ただビジネスとしては今後手を広げることがもはや不可能に近いジャンルで、黒字を維持することが出来ればそのまま何十年もメンバーを替えながら続けることも可能ですが…。地下アイドルとしては知名度があり過ぎますし、かと言って48坂道ハロプロスタダWACKほどの強さはありません。振り付けの美しさも、いまやK-POPの方に分があると皆が感じている時代。もしかすると、今の女性アイドルグループの中で一番立ち位置が難しいグループになっているような…。