1月17日ということで、今日はやはり阪神大震災を取り上げないといけません。1995年、もう26年前のことですが、あの日のことは今でも憶えています。尼崎の自宅で偶然目が覚めていたから良かったものの、大きな揺れで思わず逃げていなければおそらく寝床に倒れてきたタンスに潰されていました。近くの古い店では、火災が起きた記憶もあります。

 さて大きな災害があった年の紅白歌合戦はそれに合わせた編成になるものですが、昭和の頃は案外今みたいな取り上げられ方をされたことは一切なく、おそらく1991年の雲仙普賢岳で「SMILE AGAIN」を出場歌手全員で歌ったのが初めてのケースになるかと思います。この当時未曾有と言われた大災害の1995年でも、後半の4ステージで大きく取り上げられたという形で、最初から最後まで被災地を訪れる映像とかそういうのはありませんでした。もっとも本来引き受ける予定のなかった淡路島出身の上沼恵美子が2年連続で紅組司会を引き受けたのは、この震災が一番の理由になっています。

 今回の名言集でピックアップしたのは、神戸の被災地を偲ぶ形で前川清が「そして神戸」を歌った時の曲紹介。白組司会の古舘伊知郎と一緒に登場、丁々発止のやり取りもこの時ばかりはお預けで実にマジメに。今では何の躊躇もなく選曲するであろうこの曲も、当時は局内で果たしてどうなのだろうかという議論があったそうです。それを選曲する理由になったのは、神戸の人々のリクエストが多かったから。イントロと間奏で入る神戸の港・町並みの中継も入る前川さんの熱唱は、本当に胸を打ちました。震災から26年、少しずつ過去の話となりつつある中で、未だに当時の状況をマスコミがしっかり伝えているのは大変意義深いことではないでしょうか。