2020年の紅白歌合戦はMISIAが見事に大トリを務めあげましたが、出場歌手発表直後に番組収録で大ケガして、一時は出場も危ぶまれる記事も見られました。本当に無事ステージに復帰できて何よりです。これと似たような状況が起こったのは1991年の和田アキ子さん。12月初期に肋骨を骨折するアクシデントを乗り越えて、紅組トリを立派に務め上げたステージでした。今回ピックアップしたのは、その時の曲紹介です。浅野ゆう子さんの紅組司会も、経験豊富な堺正章さんと対等に渡り合う軽妙さで見事なものでした。2020年同様、この年の紅白でも見事紅組が勝利を納めています。

 「あの鐘を鳴らすのはあなた」、1972年の日本レコード大賞最優秀歌唱賞に輝いた曲ですが、ベトナム戦争の反戦歌と言われたことをNHKが考慮してその年の紅白では「孤独」を歌唱。19年経ち、1991年にCMソングでリバイバルヒットしたことで、満を持して紅組トリとして選曲されたという経緯があります。その後はアッコさん屈指の名曲として、紅白では合計6回歌唱。計7度紅組を務めたアッコさんですが、4年ぶり2回目のこの時が一番鮮度・経験という点で脂が乗っていた時期だったような気もします。と言いつつも当時まだ41歳。今の1990年代後半デビュー組と比べてより貫禄があるように見えるのは、やはり昭和~平成、平成~令和両元号間の移り変わりの大きさに理由があるのでしょうか…。