第70回(2019年)NHK紅白歌合戦企画発表・その1

スポンサーリンク

 確実に企画発表はまだまだあるはずですが、とりあえず。

・米津玄師プロデュース「パプリカ」の英語詞版「Paprika」が完成!『Foorin team E』始動!!

 Foorinと一緒にステージに立ち、12月は『みんなのうた』でも放送予定。なんだかんだで来年の夏くらいまでヒットして、東京五輪の開会式でも歌われて世界的ヒットソングになるのかもしれません。

 

・美空ひばりが紅白で、復活!~最新のAI技術で不死鳥・美空ひばりがよみがえります~

 ここ数年毎年のように天童よしみ島津亜矢などが美空ひばりの楽曲を紅白で歌っていますが、やはり本家が出てくるとなるとわけが違います。9月に放送されたNHKスペシャルでおおいに話題になりましたが、やはり紅白でも実現しました。楽曲はこのために書き下ろされたという「あれから」

 それにしても紅組に4組もプロデュースしているグループを出場させてなおかつこの企画、今年の紅白は例年になく秋元康の色が強いです。冷静に考えれば「川の流れのように」を含めた生前最後のアルバムに携わっただけで、それより深い関係にあった作詞家作曲家はものすごく多くいるのですが…。

 ちなみに記事にはしていませんでしたが、アナウンサーの総合司会は初担当となる和久田麻由子アナウンサー。現在『おはよう日本』のキャスターを務めています。2011年入局なので9年目、総合司会してのNHKキャリアは杉浦圭子や草野満代・前回の桑子真帆と同じくらい早めの抜擢。桑子アナは思いのほか地味に大きなミスをするという印象がありましたが、彼女はどうでしょうか。会見ではつつがない進行、という記事もありましたが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました