けやき坂46から日向坂46に改名して最初のシングル「キュン」が発売されたのは、今から2年前の3月27日。言うまでもなくこの日は日向坂46にとって記念すべき日であり、昨年もYoutubeで生配信が行われました。人気上昇中の彼女たちにとって、ライブや握手会など”おひさま”と呼ばれるファンとの交流がオンラインでしか出来ないのは様々な点において大きな損失でしかないのですが、それでも明るく前を向いて日々頑張る彼女たち。そんな日向坂46のデビュー2周年ライブの感想をアップします。

・オープニング

 前日はひかりTVとdTVチャンネルでの無観客配信。春のユニット祭りということで、新しい曲を含めたユニット曲メインの進行になったようです。同時に、活動休止していた宮田愛萌の復帰ステージにもなりました。入れ替わるように富田鈴花が体調不良で少し休止状態になるのが残念ですが…。番組で見ていても非常に責任感が強くマジメさを感じる人なので、必要以上に落ち込んでいないかどうかだけが心配です。

 最初に円陣を組んで、加藤史帆、渡邉美穂、上村ひなのが案内放送。久々の有観客ライブということで、喋り声のテンションが非常に高いです。オープニングはメンバー1人ずつ紹介されます。ストレート系のファッションに身を包んで、大きなバスから降りて「アザトカワイイ」パフォーマンス後にラップが流れます。それはおひさまならばすぐに分かる富田さんの声。グループのテレビ番組だけでなく、こういった現場でも抜けたメンバーに花を持たせるのは良いグループの証。だからこそおひさまはずっと日向坂46について来て、自分たちのために熱心に応援する彼らを見たメンバーがまた涙を見せるわけです。

 

・本編

 1回目のMC後、ここでの衣装が「走り出す瞬間」ツアー以来と話すメンバーは佐々木久美を中心とした1期生たち。「ひらがなで恋したい」を筆頭に、懐かしい曲(と言っても3~4年前ですが)中心のセットリスト。2期生メインのMCは渡邉美穂がメイン進行。こちらは富田さんのことを話すはなちゃんずの相方・松田好花のトークが印象的でした。何曲かパフォーマンス→MC→パフォーマンス、少しずつ時代を進めていくセットリスト、のようです。

 どちらかと言うと前半より、後半の「キツネ」「My fans」といったパフォーマンスの方がカッコ良くて好感持てました。ひらがなけやき坂時代の曲にも良さはありますが、あらためて通して聴くと…。楽曲とグループも相乗効果で進化しているのかなという風にも思えます。「期待してない自分」佐々木美玲の表情は、アイドル系バラエティ番組ではおよそ見られないであろう表現者の顔でした。「NO WAR in the future 2020」では自撮り演出もあり。ステージと観客の距離(心ではなく物理的に)がここまでありましたが、この曲は観客近くのステージでパフォーマンス。そのまま全員が集まったMCに入ります。

 思わず見ていて釘付けになる「青春の馬」のパフォーマンスは本当に素晴らしかったです。その後に映る無数のおひさまからのメッセージは、日向坂46の良さがそのまま表れているようでした。その間に衣装を変えて「JOYFUL LOVE」はとてもカラフル。20時15分、あっという間に本編終了。時間の経過がものすごく速いです。

 

・アンコール

 アンコールの掛け声は、けやき坂46の1stライブ以降の歴代ライブから映像を通して順々に。心のアンコールに応えるという形で、メジャーデビュー曲「キュン」のパフォーマンス。その後のMCでメンバー出演ドラマ『声春っ!』放送開始と新シングル発売の告知が入りました。映像に向かってうるさいぐらいにガヤが入る所が、バラエティ特性高い日向坂46らしいと思いましたが。1年半ぶりになる新しいシングルは「君しか勝たん」、5月26日発売。非常に楽しみです。

 キャプテン・佐々木久美がキャプテンらしいMCを一通り行ったところで、サイリウムを持ちながら「約束の卵2020」のパフォーマンス。会場を一周するシーンや、最後の挨拶を含めて、メンバーとファンの信頼関係の強さが非常にみえるラストでした。

 

・まとめ

 前半は個人的事情もあってなかなか集中して見られなかったので、細かい部分はなかなか書けない形になりました。アーカイブス配信がないのが非常に辛いところではあるのですが…。

 個人的におひさまがなぜおひさまになるのか、を考えながら今回のライブを見ました。その過程において私が一番に感じたことは個々のメンバーの表情の良さでしょうか。笑顔がかわいい・美しいのは勿論ですが、パフォーマンスと合った表情の作り方がすごく上手い印象がありました。フォーメーションや振り付けも同様に良く、何よりセットや進行など演出も大変凝っていましたね。個々のキャラクターの豊富さ・人柄の素晴らしさは各番組で認識してるつもりですが、それがさらに一流のスタッフを呼んでグループ全体のスキルアップにも繋がっている、そんな非常に良い流れが出来上がっているようにも思いました。欲を言うともう少し全体的に声量があればさらに迫力が上がるのかもしれない、とも感じましたが…。ただ生歌メインの方針は非常に好感が持てると同時に、この陣営らしい判断とも言えます。あとはやはりソーシャルディスタンスの世の中においても、日向坂46はファンとの関係は良い意味で「密」です。それを象徴するシーンが、このライブでも多々ありました。その点でも非常に好感を持てます。

 ハッピーオーラとは、日向坂46の特性を指す言葉で、それが見る人を”おひさま”というファンにするわけです。私もそうです。振り返ると、自分がこれまで好きになった女性アイドルグループはみんな個々のキャラクターが非常に濃く、パフォーマンスや演出の良さも共通しています。そして個人の推しというよりは箱推しと言いたくなるライブをしてくれるのが最も共通している部分ですね。勿論日向坂46は結構な人数なので、ライブによってそれぞれ印象的なメンバーも変わると思いますが…。ちなみに今回印象に残ったメンバーは、誰よりも美しい笑顔を見せてくれた濱岸ひより、ブランクがあったと思えない影山優佳、そしてツインテールの髪型が反則過ぎる休止明けの宮田愛萌でした。

 配信ならではの演出が見られたのは素晴らしいですが、現状のコロナがもう少し落ち着いたら早く日向坂46のワンマンライブにも足を運びたいです。やはり現場で見るのが一番熱気が伝わり、映像に収まらない様々な光景を確認できるので…。