紅白名言集解説・1~ポルノファン宅生中継~

スポンサーリンク

 Twitterでは紅白名言集を編集してbotとして運用しています。昭和版が@kouhakumeigen1、平成版が@kouhakumeigen2で、まだ追加途中ですが概ね1000くらいにはなるかと思います。というわけで今年は当ブログ、週2~3回くらいのペースで名言集から1つピックアップして解説する記事を作ることにしました。

 第1回は比較的近い年にしてみましょう。昭和・平成に分ける前から運営していた名言集で、ポルノグラフィティのファン間で反響が大きかったこの名言から。

 第57回(2006年)、ポルノグラフィティが「ハネウマライダー」を歌った際の間奏でボーカル・昭仁さんがギターの晴一さんを紹介したシーンです。この回は歌前に、因島に住む新婚のポルノグラフィティファン夫妻宅から中継がありました。ポルノだけでなく、その後の紅白の歴史を含めても、ファンの自宅から中継が入ったのはこれが唯一のケースだったりします。「ハネウマライダー」がライブで盛り上がるヒット曲、また前年の「ジョバイロ」が曲紹介まるまるカットされた末にラストで歌詞間違え発生したこともあるのか、この年のポルノの紅白は特に張り切っていた印象でした。

 この年以降、一部の年を除いてステージでの昭仁さんのMCは恒例になります。間奏中、イントロ、アウトロなど入る箇所はそれぞれ代わり、内容も年によってはものすごくユニークなケースが発生します。これはまた、適当なタイミングでまた取り上げることが出来れば、と考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました