第72回(2021年)NHK紅白歌合戦歌唱曲予想・1

スポンサーリンク

 今年の出場歌手予想は表を作って大幅リニューアルしましたが、歌唱曲と曲順予想に関しては前回までと同じ形式で書いていきます。これまでは紅組、白組とそれぞれ分けて予想しましたが、何と言っても今回は司会からして両組の区別がありません。というわけで今回の歌唱曲予想は史上初、紅組・白組まぜこぜにして全アーティストあいうえお順で書く形式にしてみました。

 記事の見方ですが、今回は以下の方法で書いています。

  • 各歌手につき10曲までランキング形式で予想される曲を列挙
  • 原則ランキング1位の曲が予想曲目、メドレーなら2位か3位までが予想曲
  • メドレーの確率も独自基準で併記
  • 楽曲タイトルの横に発表年を併記
  • 発表年が記載されていない曲は2021年の楽曲
  • 過去の紅白歌唱曲は第○回の数字のみ併記
  • 過去の紅白メドレー歌唱曲は”46メ”など、数字にメの文字を併記
  • カバー曲はオリジナル歌手名も併記
  • 別のアーティストが過去の紅白で歌った曲は回数を斜体表記
  • 個人的に希望する曲目は、タイトルの横に★マークを併記
  • ランキングの後に各歌手ごとのコメント掲載
  • 全アーティストの曲目予想掲載、最後に予想曲をもとにして曲順を予想

 ただ今回は楽曲予想が非常に難しく、今年聴いていないアーティストも多いのでかなりの時間が必要になります。そこでTwitterで行ったアンケートを考慮した結果、2記事に分けることにしました。後半に曲順予想も書くので今回は43組中24組、紅白各12組ずつあいえうお順でPerfume氷川きよしまで書いています。初出場5組を含めた残り19組は後半・こちらの記事で書きましたので、あわせてご覧ください。

AI(4年ぶり4回目/第56回/2001/40)

1.アルデバラン ★
2.Story (2005) 56
3.ハピネス(2011)
4.VOICE (2013)
5.ママへ(2013)
6.みんながみんな英雄(2016) 67
7.Believe (2006)
8.ギフト(2020)
9.INDEPENDENT WOMAN(2012)
10.最後は必ず正義が勝つ(2017)
メドレーの確率:1%

 『カムカムエブリバディ』主題歌の「アルデバラン」でほぼ100%間違いありません。

 

あいみょん(2年連続3回目/第69回/2015/26)

1.愛を知るまでは ★
2.ハート
3.桜が降る夜は
4.マリーゴールド(2018) 69
5.ハルノヒ(2019)
6.君はロックを聴かない(2017)
7.生きていたんだよな(2016)
8.空の青さを知る人よ(2019)
9.愛を伝えたいだとか(2017)
10.今夜このまま(2018)
メドレーの確率:1%

 「マリーゴールド」「裸の心」と比べると、今年の楽曲は圧倒的な再生数ではありません。「愛を知るまでは」「ハート」はドラマ主題歌ですが、再生数が多いのはAbemaTV恋愛リアリティーショー主題歌の「桜が降る夜は」です。あまり決め手がありませんが、バラードの最新曲「ハート」よりミディアムテンポの「愛を知るまでは」の方が個性的な印象があるので、予想ではこちらを選びました。

 

石川さゆり(38年連続44回目/第28回/1973/63)

1.津軽海峡・冬景色(1977) 28・33・44・51・58・60・62・64・66・68・70
2.ウイスキーが、お好きでしょ(1991) ★
3.風の盆恋歌(1989) 40・49
4.能登半島(1977)  54
5.天城越え(1986) 37・48・50・53・56・59・61・63・65・67・69・71
6.ソーラン節(北海道民謡)
7.なでしこで、候う
8.獨り酒
9.暗夜の心中立て(2014)
10.花が咲いている(2018)
メドレーの確率:1%

 順当にいけば今年は「津軽海峡・冬景色」ですが、このパターンを打破するとしたら今年くらいしかチャンスが無いような気もします。今回は期待を込めてSpotify再生数3位の「ウイスキーが、お好きでしょ」を予想2位にしました。ピアノが肝になる「風の盆恋歌」辺りで、話題のピアニストがゲスト演奏として登場する可能性もありそうです(編曲を変えれば「津軽海峡・冬景色」でも十分可能ですが)。

 

Awesome City Club(初出場/第72回/2015/21?~24?)

1.勿忘 ★
2.夏の午後はコバルト
3.またたき
4.今夜だけ間違いじゃないことにしてあげる(2016)
5.Don’t Think, Feel (2016)
6.ブルージー(2020)
7.青春の胸騒ぎ(2017)
8.ダンシングファイター(2018)
9.アンビバレンス(2020)
10.Heart of Gold (2020)
メドレーの確率:1%

 大ヒット曲「勿忘」で間違いありません。男女ツインボーカルで1番男性・2番女性という構成なので、2コーラス歌唱は必ず実現させて欲しいです。

 

KAT-TUN(初出場/第72回/2006/35~38)

1.Real Face (2006) ★
2.Keep the faith (2007)
3.Roar
4.BIRTH (2011)
5.Ask Yourself (2018)
6.僕らの街で(2006)
7.DON’T U EVER STOP (2008)
8.Love yourself~君が嫌いな君が好き~(2010)
9.to the NEXT
10.EUPHORIA
メドレーの確率:5%

 KinKi KidsとKis-My-Ft2の初出場時はデビュー曲、V6とHey! Say! JUMPは代表曲の歌唱でした。ここ数年の特番で歌われた曲を予想リストに入れましたが、やはり2018年のシングルで「Real Face #2」として再録しているデビュー曲の可能性が一番高いと思います。

 

上白石萌音(初出場/第72回/2016/23)

1.世界中の誰よりきっと(1992/中山美穂) 43
2.秋桜(1977/山口百恵) 43・48
3.上を向いて歩こう(1961/坂本九) 12・46・62・63・70
4.ハッピーエンド(2019) ★
5.年下の男の子(1975/キャンディーズ)
6.奏(2004/スキマスイッチ) 58
7.From The Seeds (2020)
8.なんでもないや(2016/RADWIMPS)
9.夜明けをくちずさめたら(2020)
10一縷(2019)
メドレーの確率:5%

 今年の歌番組で歌っていたのは概ねカバーなので、それに準ずる選曲になるような気がします。『カムカムエヴリバディ』絡みだと英語詞の楽曲カバー、さだまさしの名曲カバーも考えられますが、この辺りからの選曲を考えるにはもう少し話が進まないと分からないです。
 夏に放送された『ライブ・エール』では「上を向いて歩こう」、『わが心の大阪メロディー』では「秋桜」の歌唱でした。カバーアルバム発売のタイミングで夏に多く歌っていた「世界中の誰よりきっと」、予想の軸はこの3曲だと思います。ただ過去に全く歌っていない選曲もおおいにありえます。個人的には「ハッピーエンド」「From The Seeds」「Little Birds」「白い泥」など思わぬアーティストからの提供が多いオリジナルも魅力的なので、そこからの選曲を希望したいです。

 

関ジャニ∞(10年連続10回目/第63回/2004/36~40)

1.凛 ★
2.友よ(2019)
3.稲妻ブルース
4.キミトミタイセカイ
5.LIFE~目の前の向こうへ~(2010)
6.ズッコケ男道(2007) 67・70メ
7.無責任ヒーロー(2008) 63メ
8.浪花いろは節(2004) 63メ
9.侍唄 (さむらいソング)(2015)
10.前向きスクリーム!(2015) 66・70メ・71
メドレーの確率:10%

 各歌番組、まだ日本テレビ分しか放送されていませんが例年になく新しい曲が選曲されている傾向があります。紅白歌合戦がどうなるかは分かりませんが、テーマ設定からしてそもそも新しいことを考えると、出来る限り新曲がヒットしているアーティストには新曲を歌わせるような気がします。
 というわけでここ2年過去曲を歌っている関ジャニ∞は今年の曲をとりあえず予想。フジの五輪テーマ「凛」が一番可能性高いと思いますが、11月のアルバム『8BEAT』収録の「友よ」「稲妻ブルース」の可能性もあります。熱く歌い上げるステージを期待するとしたら、「凛」「友よ」のどちらかが理想的な選曲のような気がします。

 

King & Prince(4年連続4回目/第69回/2018/22~26)

1.恋降る月夜に君想ふ ★
2.koi-wazurai(2019) 70メ
3.Magic Touch
4.Beating Hearts
5.シンデレラガール(2018) 69・70メ
6.Memorial(2018)
7.Mazy Night (2020)
8.僕らのGreat Journey
9.I promise (2020) 71
10.You are my hero
メドレーの確率:20%

 映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』主題歌の「恋降る月夜に君想ふ」でほぼ間違いないと思います。既にMV再生数は5月発売シングル曲の約5倍、メドレーにするとしても今年の「Magic Touch」などより同タイアップの「koi-wazurai」の方が可能性高いくらいです。

 

郷ひろみ(12年連続34回目/第24回/1972/66)

1.2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-(1984) 35・47・62メ・66・68・70
2.100GO! 回の確信犯 ★
3.狐火
4.GOLDFINGER ’99 (1999) 50・69
5.言えないよ(1994) 45・67
6.男の子女の子(1972) 24・71メ
7.僕がどんなに君を好きか、君は知らない(1993)
8.逢いたくてしかたない(1995) 46
9.哀愁のカサブランカ(1982) 33
10.よろしく哀愁(1974) 48メ・71メ
メドレーの確率:10%

 2年おきに歌っている状況が続いているのであまり好ましくないですが、それでもTHE FIRST TAKEで400万再生を達成している「2億4千万の瞳」が一番可能性高いです。ただ今回は演出テーマと流れ次第で、新曲を歌う可能性も例年より高いような気がします。ちなみに郷さんは今年サブスク解禁されましたが、超定番2曲以外はアイドル時代の曲より、意外と1990年代のバラード三部作の方が再生数多め。このタイミングでバラードが選曲される可能性も、決して低くはありません。

坂本冬美(19年連続33回目/第39回/1987/54)

1.また君に恋してる(2009) 60・61 ★
2.ブッダのように私は死んだ(2020) 71
3.夜桜お七(1994) 45・47・58・62・63・67・69
4.祝い酒(1988) 39・57・66・70
5.あばれ太鼓(1987) 46・54
6.男の火祭り(2013) 64・65・68
7.俺でいいのか(2019)
8.火の国の女(1991) 42
9.風に立つ(1999) 50・59
10.凛として(2001) 52
メドレーの確率:5%

 前回の紅白で歌った「ブッダのように私は死んだ」が思ったほどロングセラーになっていないことと、今年カバーアルバム以外で新譜発表がないことが難点。配信人気は現在も「また君に恋してる」が圧倒的リードなので、そろそろ久々に紅白で歌ってもいいのではないかと思います。

 

櫻坂46(6年連続6回目/第67回/2016/16~26)

1.流れ弾
2.BAN ★
3.なぜ 恋をして来なかったんだろう?(2020)
4.Nobody’s fault (2020) 71
5.Buddies (2020)
6.偶然の答え
7.櫻坂の詩
8.Dead end
9.無言の宇宙
10.Microscope
メドレーの確率:5%

 「BAN」「流れ弾」は両方とも同じくらいの確率だと思います。ただそうなるとリリースが近い楽曲の方が選ばれるケースが多いです(あくまで経験則ですが)。ベストヒット歌謡祭とベストアーティスト双方で見比べた感じでは、「BAN」の方が個人的にはしっくり来ました。

 

GENERATIONS(3年連続3回目/第70回/2012/25~30)

1.Make Me Better ★
2.Unchained World
3.雨のち晴れ
4.A wish for you-キミを願う夜-
5.AGEHA (2016)
6.LIBERATION
7.Hard Knock Days (2015)
8.One in a Million-奇跡の夜に-(2019)
9.空(2017)
10.Y.M.C.A. (1979, 西城秀樹) 30・45・46
メドレーの確率:3%

 親しみやすくマネしやすい振付がある「Make Me Better」と、ハードでカッコ良い曲調ながらもバンドサウンド主体の「Unchained World」を比較すると…。好みはともかくステージの作りやすさを考慮すればやはり前者の可能性が高いような気がします。バラード調の「雨のち晴れ」はその次くらいでしょうか。

 

純烈(4年連続4回目/第69回/2010/35~50)

1.君がそばにいるから ★
2.NEW(入浴)YORK
3.プロポーズ(2018) 69
4.愛でしばりたい(2017)
5.愛をください~Don’t you cry~(2020) 71
6.純烈のハッピーバースデー(2019) 70
7.今夜はドラマチック(2015)
8.スターライト札幌(2014)
9.恋は青いバラ(2013)
10.涙の銀座線(2010)
メドレーの確率:1%

 順当に今年の曲が披露されると思います。「NEW(入浴)YORK」はグループ主演の戦隊モノ映画の主題歌ですが、ここ2年くらい温泉がらみでSNS炎上が複数あるのであまり選ばない方がいいような気もします。
 なお「君がそばにいるから」MVには森脇健児とチャンス大城がゲスト出演、その内容は楽曲と全く合っていません。この2人がもしゲスト出演となるとなかなかリアクションに困る部分がありそうですが、果たしてどうなるでしょうか。

 

鈴木雅之(2年連続4回目/第42回/1986/65)

1.DADDY! DADDY! DO! feat.鈴木愛理(2020) ★
2.恋人(1993)
3.路(交差点)(1997)
4.違う、そうじゃない(1994)
5.め組のひと(1983)
6.ランナウェイ(1980)
7.ハリケーン(1981)
8.街角トワイライト(1981)
9.ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花
10.もう涙はいらない(1992) 43
メドレーの確率:15%

 『THE FIRST TAKE』で歌った曲は「恋人」「路(交差点)」「DADDY! DADDY! DO!」。本来なら前回鈴木愛理をゲストボーカルに迎えて歌ってもらうのが妥当だったことを考えると、今回あらためて紅白で歌ってもらうという可能性もありそうです。実際動画再生数はMVと合わせて5800万にも達しています。今回のテーマ的にもこの方が良いように思います。『かぐや様は告らせたい』タイアップは実写版映画のキンプリも同様で、そちらとのコラボにも期待できます。もしかするとアンケートでもこの曲を歌って欲しいという声が多かったのかもしれません。
 ただ前回のようにソロ歌唱となる可能性も十分あります。その場合はこれまたTHE FIRST TAKEでも歌ったバラードの名曲「恋人」になるような気がします。ラッツ&スター時代も含めたスペシャルメドレー、という可能性も少ないですがあるように思います。いずれにしても楽しみなステージであることは前回と同様です。

 

SixTONES(2年連続2回目/第71回/2020/24~27)

1.マスカラ ★
2.僕が僕じゃないみたいだ
3.Strawberry Breakfast
4.Imitation Rain (2020) 71
5.NAVIGATOR (2020)
6.NEW ERA (2020)
7.ST
8.フィギュア
9.RAM-PAM-PAM (2019)
10.この星のHIKARI (2015)
メドレーの確率:5%

 King Gnu、そして今年millennium paradeとして出演する常田大希提供のシングル表題曲「マスカラ」がやはり最有力。表題曲よりもYoutubeのMV再生数が多い「Strawberry Breakfast」も要注意。演出面では現在『カムカムエヴリバディ』で上白石萌音が演じるヒロインの夫役の松村北斗に注目したいです。

 

Snow Man(初出場/第72回/2020/18~29)

1.D.D.(2020) ★
2.Grandeur ★
3.Secret Touch
4.HELLO HELLO
5.EVOLUTION
6.KISSIN’ MY LIPS (2020)
7.Stories(2020)
8.ナミダの海を越えて行け
9.ファンターナモーレ(2020)
10.Crezy F-R-E-S-H Beat (2020)
メドレーの確率:80%

 前回のことがあるので「D.D.」は絶対必須、またジャニーズ事務所のアーティストで最もCDを売り上げていることを考えると今年の曲も外せません。というわけで「D.D.」ともう1曲のメドレーになる可能性が非常に高いです。人気面を含めて考えると、3分を超えて4分くらいステージにかけても良いように思います。
 シングル3曲はカッコ良い系の「Grandeur」・ポップ系の「HELLO HELLO」・バラードの「Secret Touch」で三者三様。世界観統一・ヒット性重視なら「Grandeur」、対比を作るなら最新曲の「Secret Touch」になりますが、どちらが来ても全く不思議ではありません。あるいは「Grandeur」「Secret Touch」の2曲という組み合わせの可能性も若干あります。

 

DISH//(初出場/第72回/2012/23~26)

1.猫(2017) ★
2.No.1
3.沈丁花
4.僕らが強く。(2020)
5.僕たちがやりました(2017)
6.勝手にMY SOUL (2018)
7.FLAME (2014)
8.へんてこ(2019)
9.Shape of love (2020)
10.I Can Hear (2013)
メドレーの確率:1%

 「猫」で間違いなく確定だと思いますが、DISH//はこの曲以外でも再生数を稼いでいる曲が多いです。今年でもYoutubeで「No.1」が650万、「沈丁花」が600万再生。これくらいのヒットが来年も続けば、次回の紅白にも出来れば選ばれて欲しいと思っています。

 

天童よしみ(25年連続26回目/第44回/1970/67)

1.オトッペおんど(2020) ★
2.あんたの花道(2002) 53・67・71
3.道頓堀人情(1985) 51・59・68
4.ソーラン祭り節(2012) 63・69
5.大阪恋時雨(2019) 70
6.大ちゃん数え唄(1970)
7.残波
8.珍島物語(1996) 48・58
9.酒きずな(1993) 44
10.川の流れのように(1989, 美空ひばり) 45・50・56・67
メドレーの確率:1%

 あまり今年の曲「残波」が売れていないので過去曲の可能性が高いですが、今年は例年になく新しい曲が選曲される可能性が高いと思ってます。そう考えると、Eテレで放送しているアニメの主題歌「オトッペおんど」が案外一番可能性高いような…。2年前のMattみたくハラミちゃんに「大阪恋時雨」を弾いてもらう、あるいは前回実現しなかったSnow Manの腹筋太鼓をあらためて「あんたの花道」で再演する可能性もあります。ここ何年かの天童さんは何かしらの演出が恒例になっているので、重要なのは選曲以上にその内容ではないでしょうか。

 

東京事変(2年連続2回目/第71回/2004/43~57)

1.永遠の不在証明(2020) ★
2.緑酒
3.闇なる白
4.群青日和(2004)
5.赤の同盟(2020)
6.仏だけ徒歩
7.命の帳(2020)
8.キラーチューン(2007)
9.青のID(2020)
10.閃光少女(2007)
メドレーの確率:
30%
 ここ数年『劇場版名探偵コナン』主題歌が紅白で披露されるケースが増えているので、今年無事公開となった緋色の弾丸から「永遠の不在証明」になる可能性が一番高いと思います。ただアルバム『音楽』収録曲も当然捨てがたく、12月22日発売のベストアルバム『総合』収録の新曲もあります。2曲やるのもありですが、やはり1曲フルコーラスでやる方がステージの質は上がるように思います。とは言え1曲だと物足りなさを感じることも事実で、本当に難しいです。

NiziU(2年連続2回目/第71回/2020/16~20)

1.Take a picture ★
2.Poppin’ Shakin’
3.Chopstick
4.Make you happy (2020) 71
5.Step and a step (2020)
6.Need U
7.Wonder Dream
8.Twinkle Twinkle
9.9 colors
10.FESTA
メドレーの確率:30%

 今年発表の3曲はいずれも話題になっているのでメドレーの可能性も高いですが、個人的にはどちらかと言うと1曲をフルコーラスで通すステージが見たいです。特に新曲「Chopstick」は3分に満たない曲なのでそれが容易に可能ですが、「Take a picture」も今年を振り返るには外せません。とりあえず一番可能性高いのは「Take a picture」でしょうか。2年前のTWICEみたいにメドレーで「Make you happy」を入れるような勿体ない内容だけは勘弁して欲しい所です。

 

乃木坂46(7年連続7回目/第66回/2012/17~29)

1.最後のTight Hug ★
2.君に叱られた
3.ごめんねFinger crossed
4.僕は僕を好きになる
5.何度目の青空か?(2014)
6.君の名は希望(2013) 66
7.Sing Out!(2019)
8.インフルエンサー(2017) 68
9.おいでシャンプー(2012)
10.しあわせの保護色(2020)
メドレーの確率:10%

 第67回の橋本奈々未や第69回の西野七瀬と同様に、新曲で卒業する生田絵梨花を送り出すステージになることほぼ間違いなしだと思います。過去のセンター曲「何度目の青空か?」やピアノを披露した「君の名は希望」も考えられますが、やはりベストアルバム収録の新曲「最後のTight Hug」が圧倒的に可能性高く、MVを見てもこれ以外の選曲はほぼ考えられません。

 

Perfume(14年連続14回目/第59回/2002/32~33)

1.ポリゴンウェイヴ ★
2.再生(2019)
3.無限未来(2018)
4.チョコレイト・ディスコ(2007)
5.VOICE (2010)
6.GAME (2008)
7.ナナナナナイロ(2019)
8.Challenger (2019)
9.ポリリズム(2007) 59・70メ
10.リニアモーターガール(2005)
メドレーの確率:30%

 今回は「ポリゴンウェイヴ」1曲通しのステージになるような気がします。前回2008年の「Dream Fighter」「Baby cruising Love」が紅白初披露になりましたが、その流れで考えるとメドレーで2019年の「再生」が入る可能性もありそうです。

 

BUMP OF CHICKEN(6年ぶり2回目/第66回/1999/42~42)

1.なないろ ★
2.Flare
3.Small world
4.天体観測(2001)
5.ray (2014) 66
6.Hello, world! (2015)
7.アカシア(2020)
8.Aurora (2019)
9.sailing day (2003)
10.車輪の唄(2004)
メドレーの確率:1%

 初回更新で入れ忘れていました。申し訳ありません。ただ楽曲は連続テレビ小説『おかえりモネ』主題歌の「なないろ」で9割方間違いないと思います。

 

氷川きよし(22年連続22回目/第51回/2000/44)

1.限界突破×サバイバー(2017) 70メ・71 ★
2.I Don’t Wanna Lie
3.Happy!
4.南風
5.森を抜けて
6.星空のメモリーズ
7.きよしのズンドコ節(2002) 53・59・68
8.きよしのソーラン節(2007) 58
9.そこまで春が…
10.箱根八里の半次郎(2000) 51
メドレーの確率:20%

 MISIA「アイノカタチ」同様、「限界突破×サバイバー」を3年連続で披露することになるのではと予想します。今年のテーマも加味すると、文句無しの白組トリ第1候補ではないでしょうか。
 ステージはおそらく前年同様1曲通しだと思いますが、アルバム『You are you』収録の「I Don’t Wanna Lie」が布袋寅泰とのコラボ曲。2年前の「大丈夫」同様、これをメドレー冒頭で選曲する可能性もありそうです。

コメント

  1. 鈴木雅之さんですが、過去に3作カバーアルバムを出しているので、そこからの選曲になることもあるんじゃないかなと考えています。

  2. NiziUは「Take a picture」「Chopstick」がともにヒットしているので選曲が難しいですが、自分も一曲に絞った方が良いと思います。
    ジャニーズ勢については関ジャニ・KAT-TUNが過去曲、キンプリ・SixTONESが新曲、Snow Manがデビュー曲を歌うと予想します(メドレーでも良いですが昨年のJUMPみたいになりそうなので)。

タイトルとURLをコピーしました