白組に続いて、今回は紅組歌手の曲目予想を行いたいと思います。なお形式に関しては白組と同じなので前記事を参照してください。

 

和田アキ子(1970年初出場、24年連続33回目)
1.あの鐘を鳴らすのはあなた(1972)
2.Mother(1996)
3.もう一度ふたりで歌いたい(1986) ☆
4.抱擁(1987)
5.だってしょうがないじゃない(1988)
6.愛、とどきますか(1992)
7.あなただけの青空
8.星空の孤独(1968)
9.笑って許して(1970)
10.どしゃ降りの雨の中で(1969)

 個人的には第51回(2000年)以来歌っていない「もう一度ふたりで歌いたい」を久々に聴きたいところですがどうでしょうか。「ヒーロー」に対抗して「Mother」という可能性もあれど第60回という節目を考えると結局一番紅白で歌われている曲が選ばれる可能性が一番高そう。なお新曲が歌われた年はm-floとコラボした第56回(2005年)を除くと第48回(1997年)の「夢」までなし。

 

石川さゆり(1977年初出場、26年連続32回目)
1.風の盆恋歌(1989) ☆
2.津軽海峡冬景色(1977)
3.能登半島(1977)
4.桜夜
5.天城越え(1986)
6.漁火挽歌(1982)
7.火の国へ(1978)
8.惚れたが悪いか
9.滝の白糸(1988)
10.夫婦善哉(1987)

 今回の出場歌手の中で最も作曲家・三木たかしと密接に関わっているのが彼女。一番知名度が高いのはもちろん「津軽海峡冬景色」ですが2年前にも歌われていることを考えると、20年前唯一の大トリで熱唱した「風の盆恋歌」になる可能性の方が若干高いでしょうか。没後に発表された最新曲「桜夜」になる可能性もあり。なお「漁火挽歌」は石本美由起作詞・三木たかし作曲で、あまり有名でない分可能性は低いですが有り得なくはないかも。

 

小林幸子(1979年初出場、31年連続31回目)
1.万葉恋歌 ああ、君待つと
2.雪椿(1988)
3.おもいで酒(1979)
4.とまり木(1980)
5.ふたりでひとり(1980)

 万葉集の世界を歌で表現した「万葉恋歌 ああ、君待つと」で間違いないでしょう。もうこれに合わせて衣装も作られているものと思われます。今年は例年以上に豪華絢爛な出来になりそうな予感。それ以下はもう書くだけ無駄なので5曲に留めました。

 

川中美幸(1981年初出場、12年連続22回目)
1.艶冶な気分
2.郡上夢うた
3.ふたり酒(1980)
4.おんなの一生~汗の花~(2003)
5.豊後水道(1988) ☆
6.二輪草(1998)
7.君影草~すずらん~(1999)
8.あなたひとすじ(1982)
9.遣らずの雨(1983)
10.大河の流れ(2001)

 一度も歌われていないヒット曲「豊後水道」を個人的には希望したいです(該当年はなぜか落選、なお前年の曲はオリコン100位圏外)。ちなみにこの曲は阿久悠作詞、三木たかし作曲。
 セオリー通りに考えると新曲になると思いますが、幸せ演歌のイメージを考えると「艶冶な気分」の可能性の方がほんの少しだけ高いような。もちろん古い曲の可能性も高いので、予想はかなり難しいです。

 

坂本冬美(1988年初出場、7年連続21回目)
1.アジアの海賊 ☆
2.また君に恋してる
3.夜桜お七(1994)
4.あばれ太鼓(1987)
5.火の国の女(1991)
6.凛として(2001)
7.能登はいらんかいね(1990)
8.大志(1997)
9.紀ノ川(2008)
10.祝い酒(1988)

 ここはもう「アジアの海賊」か「また君に恋してる」の二択でしょう。例年とは明らかに違う音楽活動をしていたわけですから、紅白でも今までと全く違うパフォーマンスを期待したいです。

 

伍代夏子(1990年初出場、4年連続16回目)
1.夜明け坂
2.忍ぶ雨(1990) ☆
3.ひとり酒(1994)
4.鳴門海峡(1996)
5.恋挽歌(1991)
6.恋ざんげ(1993)
7.雪中花(1992)
8.港恋唄(1998)
9.戻り川(1987)
10.水なし川(1989)

 「忍ぶ雨」は1990年に50万枚近く売り上げた大ヒットで、もちろん当時の紅白でも歌われたわけですが、同年代の坂本冬美や香西かおり、藤あや子のヒット曲と違いこの曲は当時を生きた人はもちろん、ややもすると演歌ファンにさえも忘れ去られた楽曲になっている感があります。どちらにしても地味であることは否めませんが、過去一度も古い曲を紅白で披露していない彼女、16回も出ているならたまにはこういった選曲をしてもいいのではないでしょうか。

 

DREAMS COME TRUE(1990年初出場、2年ぶり13回目)
1.LOVE LOVE LOVE(1995)
2.未来予想図 II(1989) ☆
3.その先へ
4.うれしい!たのしい!大好き!(1989)
5.WINTER SONG(1994)
6.何度でも(2006)
7.連れてって 連れてって(2008)
8.GOOD BYE MY SCHOOL DAYS
9.やさしいキスをして(2004)
10.あなたに会いたくて(1989)

 今年の曲を選ぶとするならば「その先へ」なんですが、正直そんなにヒットしていないのでかなり微妙です。どちらかというと20周年を前面に出す演出になると思われるので、往年のヒット曲かデビュー当時の名曲が選ばれるのではないか、という予想はできますがはっきり言って見当がつきません。

 

中村美律子(1992年初出場、3年連続14回目)
1.河内おとこ節(1989) ☆
2.つれあい
3.女の旅路(2008)
4.河内酒(1999)
5.しあわせ酒(1991)
6.人生桜(1997)
7.大阪情話(1990)
8.瞼の母(1991)
9.島田のブンブン(1993)
10.だんじり(2007)

 なんとなく美川憲一「さそり座の女」と『紅白で最も歌われた楽曲対決』&『派手なバックのパフォーマンス対決』がいかにも繰り広げられそうな予感。そういえばこの曲も石本美由起作詞。2年連続になりますがそんなの関係ないでしょうね。まあ新曲になる可能性も低くはないですが…。

 

天童よしみ(1993年初出場、13年連続14回目)
1.花筏-Hanaikada-
2.幸せはすぐそこに…(2008) ☆
3.あんたの花道(2002)
4.人生しみじみ…(1998)
5.春が来た(2001)
6.夜明け(2000)
7.珍島物語(1996)
8.川の流れのように(カバー)
9.道頓堀人情(1986)
10.悲しい酒(カバー)

 さすがに今年は新曲かなと思いますが、それにしては少し売上が足りない印象。母親をテーマにしたという面で考えると可能性は高そうですが。それよりは昨年ヒットしたにも関わらず歌われなかった「幸せはすぐそこに…」を聴きたいです。

 

浜崎あゆみ(1999年初出場、11年連続11回目)
1.BALLAD
2.Sunrise~LOVE is ALL~ ☆
3.Rule
4.You were…
5.Sparkle
6.Days
7.NEXT LEVEL
8.GREEN
9.Boys&Girls(1999)
10.悲しい酒(カバー)

 昨年はそうではなかったものの第55回(2004年)以降は意外な選曲連発で非常に予想が難しい彼女。「BALLAD」が日中共同制作のNHKドラマ『蒼穹の昴』の主題歌になっているのでその可能性が一番高いですが発売は12月29日、果たしてそんな遅いリリースの曲を選曲するのかという疑問はあります。昨年みたいな早い出番だと「Sunrise~LOVE is ALL~」がやはり有力。

 

aiko(2000年初出場、7年連続8回目)
1.milk ☆
2.あの子の夢
3.嘆きのキス
4.カブトムシ(1999)
5.花火(1999)
6.ボーイフレンド(2000)
7.桜の時(2000)
8.キラキラ(2005)
9.初恋(2001)
10.アンドロメダ(2003)

 連続テレビ小説『ウェルかめ』の主題歌「あの子の夢」で決まり…と言いたいところなんですがこの曲、CD発売が未定の上着うた等での配信もいまだ無し。少なくともJ-POPでそういった曲が紅白で歌われた実例はないわけで(未確認)、実際のところ「milk」になる可能性の方が高いんじゃないかなと私は見ていますが。「あの子の夢」はむしろ来年の方ではないかな、と。

 

中島美嘉(2002年初出場、8年連続8回目)
1.雪の華(2003)
2.STARS(2001) ☆
3.流れ星
4.CANDY GIRL
5.Over Load
6.WILL(2002)
7.LIFE(2007)
8.桜色舞うころ(2005)
9.朧月夜~祈り(2004)
10.GLAMOROUS SKY(2005)

 毎年1曲は核になる曲が存在している彼女ですが今年はなし。「STARS」「雪の華」といった過去の名バラードになる可能性の方が高い気がします。

 

水森かおり(2003年初出場、7年連続7回目)
1.安芸の宮島 ☆
2.鳥取砂丘(2003)
3.釧路湿原(2004)
4.ひとり薩摩路(2007)
5.熊野古道(2006)
6.五能線(2005)
7.東尋坊(2002)
8.竜飛岬(1999)
9.尾道水道(2000)
10.おしろい花(1995)

 例年通り「安芸の宮島」で確定でしょう。そうでない場合広島県から苦情が来るものと思われます。

 

平原綾香(2004年初出場、6年連続6回目)
1.ノクターン(2008)
2.Jupiter(2004)
3.カンパニュラの恋(2008)
4.Ave Maria!~シューベルト~ ☆
5.ミオ・アモーレ
6.新世界
7.朱音
8.明日(2004)
9.誓い(2006)
10.Eternally(2005)

 2年連続「ノクターン」か、それとも3回目となる「Jupiter」か。おそらくどちらかになると思いますが…。新曲の可能性もそれなりにあり。

 

大塚 愛(2004年初出場、6年連続6回目)
1.さくらんぼ(2004) ☆
2.プラネタリウム(2005)
3.Is
4.恋愛写真(2006)
5.大好きだよ。(2004)
6.ポケット(2007)
7.金魚花火(2004)
8.ユメクイ(2006)
9.SMILY(2005)
10.甘えんぼ(2004)

 ベストアルバムリリースで新曲はその中の「Is」のみ(「バイバイ」はアルバムからのシングルカット)。「Is」の可能性もあれど、さすがに今年は「さくらんぼ」になる可能性の方が高いように思えますが…。

 

倖田來未(2005年初出場、5年連続5回目)
1.It’s all love! ☆
2.Lick me
3.Alive
4.ECSTASY
5.走れ!
6.Physical thing
7.キューティーハニー(2004)
8.Butterfly(2005)
9.夢のうた(2006)
10.TAKE BACK(2000)

 新曲は一応オリコン1位になったりするなどそれなりにヒットしているもののいずれも浸透度が高いと言えない状態。どう考えてもmisonoとのコラボが一番ステージ映えして、インパクト抜群ではないかと思うのですが。ソロだと明るいテイストの「Lick me」が有力でしょう。

 

絢香(2006年初出場、4年連続4回目)
1.みんな空の下
2.I believe(2006) ☆
3.三日月(2006)
4.夢を味方に
5.恋焦がれて見た夢
6.Peace loving people(2006)
7.POWER OF MUSIC(2008)
8.手をつなごう(2008)
9.Real voice(2006)
10.おかえり(2008)

 最新曲「みんな空の下」、デビュー曲「I believe」、最も有名な曲「三日月」の3曲のいずれかになると思いますが確率はほとんど同じくらいでしょう。かなり悩ましい選択です。

 

アンジェラ・アキ(2006年初出場、4年連続4回目)
1.愛の季節 ☆
2.手紙 ~拝啓 十五の君へ~(2008)
3.ANSWER
4.HOME(2005)
5.サクラ色(2007)
6.This Love(2006)
7.Kiss Me Good-bye(2006)
8.孤独のカケラ(2007)
9.Again(2007)
10.心の戦士(2006)

 連続テレビ小説『つばさ』の主題歌「愛の季節」が有力ですが、2年連続で「手紙~拝啓 十五の君へ~」になる可能性も結構あると思います。

 

AKB48(2007年初出場、2年ぶり2回目)
1.RIVER ☆
2.涙サプライズ!
3.10年桜
4.言い訳Maybe
5.大声ダイヤモンド(2008)
6.桜の花びらたち(2006)
7.会いたかった(2006)
8.スカート、ひらり(2006)
9.制服が邪魔をする(2007)
10.僕の太陽(2007)

 初のオリコン1位を獲得した、勢いのある「RIVER」が最有力、その次がバースデーソングの「涙サプライズ!」でしょうか。どちらになるとしても史上最高クラスの人数で迫力のあるパフォーマンスが十分に期待できます。

 

秋元順子(2008年初出場、2年連続2回目)
1.愛のままで…(2008)
2.黄昏Love again ☆
3.マディソン郡の恋(2005)
4.雨の旅人(2007)
5.忘れもの(2008)

 昨年の紅白以降かなりのロングセラーとなった「愛のままで…」を2年連続か、それとも今年ヒットさせた「黄昏Love again」か。可能性は五分五分。

 

いきものがかり(2008年初出場、2年連続2回目)
1.YELL ☆
2.なくもんか
3.じょいふる
4.ホタルノヒカリ
5.ふたり
6.帰りたくなったよ(2008)
7.気まぐれロマンティック(2008)
8.コイスルオトメ(2006)
9.花は桜 君は美し(2008)
10.SAKURA(2006)

 歌ってほしい曲は山ほどありますが、さすがに今年はNHK合唱コンクールの課題曲である「YELL」でほぼ決まりではないでしょうか。

 

GIRL NEXT DOOR(2008年初出場、2年連続2回目)
1.Orion ☆
2.Infinity
3.Be your wings
4.Seeds of dream
5.FRIENDSHIP
6.Wait for you
7.偶然の確率(2008)
8.情熱の代償(2008)
9.Drive away(2008)
10.幸福の条件(2008)

 出場することに意義があるというユニットなので何を歌ってもいい、と言われればそれまでですが、一応最新曲の「Orion」かオリコン1位を獲得した「Infinity」のどちらかが有力ではないかと思います。

 

Perfume(2008年初出場、2年連続2回目)
1.ワンルーム・ディスコ ☆
2.NIGHT FLIGHT
3.I Still Love U
4.love the world(2008)
5.Dream Fighter(2008)
6.Baby cruising Love(2008)
7.チョコレイト・ディスコ(2007)
8.マカロニ(2008)
9.ポリリズム(2007)
10.edge(2008)

 今年1枚しか出していないシングルの「ワンルーム・ディスコ」がやはり最有力。アルバム曲の「NIGHT FLIGHT」「I Still Love U」辺りになる可能性もありますが…。

 

木村カエラ(初出場)
1.Butterfly ☆
2.タイムマシンにお願い(2006)
3.BANZAI
4.マスタッシュ(2008)
5.リルラ リルハ(2005)
6.TREE CLIMBERS(2006)
7.Magic Music(2006)
8.Yellow(2007)
9.どこ
10.Level42(2004)

 着うたで今年大きな話題を呼んだ「Butterfly」か、加藤和彦氏追悼の意味を込めて「タイムマシンにお願い」か。個人的には確実に前者だと思いますけどね。そもそも加藤氏が常に新たな音楽を求めるという姿勢で活動してきたことを考えると、追悼されることを望んでいないのではないか、とも思われますし…。

 

水樹奈々(初出場)
1.夢幻 ☆
2.深愛
3.SECRET AMBITION(2007)
4.Trickster(2008)
5.ETERNAL BLAZE(2005)
6.想い(2000)
7.Astrogation(2008)
8.COSMIC LOVE(2008)
9.SUPER GENERATION(2006)
10.Justice to Believe(2006)

 個人としてのイメージ(声優、歌唱力抜群など)は十分にあれど、「彼女といえばこの曲」と言える存在の曲は特になかったりするので難しいですが、まあ今年のシングル2曲のどちらかになるのではないかなと思います。さすがにキャラクターソングを歌うことはないはず。