例年通り今年も紅白歌合戦で歌われそうな曲を予想します。以下昨年の同記事のコピペ。

 各歌手につき10曲まで予想します。各歌手ごとに予想される曲目のトップテンを作成した上で、原則一番上の順位に来た曲が予想曲となります。メドレーが予想される歌手もいますがその場合は上位2~5曲が歌われる、という予想と考えてもらえれば良いと思います。また10曲も予想できないアーティストもいますのでその点はご了承ください。

 曲の横に書いてある括弧内の数字はその曲が発表された年を示しています。中には発表された年ではなくヒットした年を掲載した物もあります。この辺りは個人的な判断で追加させて頂きました。数字がない曲は今年リリースされた楽曲です。

 昨年と同様に個人的に希望する曲目も掲載します。曲名の横に☆マークがついている曲が希望曲となります。

 もちろん曲目だけでなく各歌手ごとのコメントも書いています。もうほとんどこの曲以外ない、あるいは複数曲でどれが選ばれるのかわからない、そういった部分は全てそこに書かれています。

 なお出場歌手はアイウエオ順ではなく紅白歌合戦に初出場した年が古い順に並べました。また初出場の歌手はデビューが早い順に並び替えています。

 以上でコピペ終了。今年は紅組から書くことにします。




和田アキ子(1970年初出場、25年連続34回目)
1.あの鐘を鳴らすのはあなた(1972)
2.古い日記(1974) ☆
3.笑って許して(1970)
4.だってしょうがないじゃない(1988)
5.愛、とどきますか(1992)
6.星空の孤独(1968)
7.人生はこれから
8.どしゃ降りの雨の中で(1969)
9.抱擁(1987)
10.今 あなたにうたいたい(1988)

 おおよそ3年~5年周期で歌われている「あの鐘を鳴らすのはあなた」がやはり一番有力でしょうか。意外と近年歌われていないアップテンポの楽曲になる可能性もあり。今年はほぼ全ての歌手がフルコーラス歌うことも予想されるので、案外短い曲が選曲される可能性の方が高いかも?

 

石川さゆり(1977年初出場、27年連続33回目)
1.天城越え(1986)
2.Baby Baby ☆
3.だいこんの花
4.夫婦善哉(1987)
5.波止場しぐれ(1985)
6.滝の白糸(1988)
7.津軽海峡冬景色(1977)
8.風の盆恋歌(1989)
9.人生情け舟(2000)
10.春の雪(1985)

 個人的には奥田民生にゲストミュージシャンで出てきてもらって「Baby Baby」を歌唱というのがベストなんですが、当の民生さんが出て来るかと言われるとかなり疑問符。そうなると今年亡くなった作詞家・吉岡治の追悼の意味をこめて「天城越え」が最有力でしょうか。何回も歌っている割に紅白でフルコーラス歌唱は一度もないので、今年くらいは実現してほしいところ。そうなると大トリの可能性も高まるでしょうか。

 

小林幸子(1979年初出場、32年連続32回目)
1.白いゆげの歌 ☆
2.母ちゃんのひとり言
3.雪椿(1988)
4.おもいで酒(1979)
5.とまり木(1980)

 今年も例のごとく既に衣装制作に入っているでしょうし、新曲で間違いないでしょう。星野哲郎追悼で「雪椿」という可能性もゼロではないですが…。

 

川中美幸(1981年初出場、13年連続23回目)
1.ふたり花
2.二輪草(1998)
3.ふたり酒(1980)
4.おんなの一生~汗の花~(2003)
5.大河の流れ(2001)
6.あなたひとすじ(1982)
7.豊後水道(1988) ☆
8.貴船の宿(2002)
9.君影草~すずらん~(1999)
10.あなたに命がけ(1977)

 毎年「豊後水道」を推している私ですが、現実的には今年も可能性は低いでしょう。ここ数年は新曲と「ふたり酒」と「二輪草」の繰り返し、順番からいくと今年は新曲なんですが。吉岡治作詞で考えると過去にトリ近辺で歌っている「おんなの一生~汗の花~」「大河の流れ」が最も可能性高い曲なのではないでしょうか。

 

坂本冬美(1988年初出場、8年連続22回目)
1.また君に恋してる ☆
2.ずっとあなたが好きでした
3.夜桜お七(1994)
4.あばれ太鼓(1987)
5.火の国の女(1991)
6.祝い酒(1988)
7.凛として(2001)
8.男惚れ(1992)
9.男の情話(1989)
10.能登はいらんかいね(1990)

 2年連続「また君に恋してる」でほぼ間違いないでしょう。トリあるいは大トリでの歌唱でしょうか、あるいはビリー・バンバンを迎えてのコラボステージになるでしょうか。今年の紅白において間違いなく見逃せないステージになります。
 今年を代表するヒット曲での大トリは最も綺麗な形とも言えますが、所謂「トリっぽい曲ではない」ところがトリにするにあたっての難点でしょうか。近年の傾向だとそういうのを覆して抜擢する可能性の方が高いように思いますが…。

 

伍代夏子(1990年初出場、5年連続17回目)
1.紅一輪 ☆
2.ひとり酒(1994)
3.雪中花(1992)
4.恋ざんげ(1993)
5.恋挽歌(1991)
6.鳴門海峡(1996)
7.港恋唄(1998)
8.忍ぶ雨(1990)
9.戻り川(1987)
10.水なし川(1989)

 昨年歌われた「忍ぶ雨」でも紅白的ポジションにおいては特に変化がなかったので、そうなると新曲で別に良いという結論になるのではないでしょうか。古い曲だと出来る限り親しみやすくキャッチーな曲、となると”チビリチビリ…”のフレーズでお馴染みの「ひとり酒」が一番可能性高いでしょうか。

 

DREAMS COME TRUE(1990年初出場、2年連続14回目)
1.生きてゆくのです ☆
2.ねぇ
3.LIES, LIES.
4.LOVE CENTRAL
5.その先へ(2009)
6.LOVE LOVE LOVE(1995)
7.WINTER SONG(1994)
8.何度でも(2005)
9.やさしいキスをして(2004)
10.THE ONE

 おそらく11月30日に発売されるアルバム『LOVE CENTRAL』収録曲から1~2曲選曲されると思います。明るいテイストの「生きてゆくのです」が選ばれる可能性が3枚のシングルの中では一番高いでしょうか。昨年の「MIDDLE OF NOWHERE」のようにアルバム曲が選曲される可能性も十分あり。

 

中村美律子(1992年初出場、4年連続15回目)
1.河内おとこ節(1989)
2.瞼の母(1991) ☆
3.大阪情話(1990)
4.壺坂情話(1993)
5.しあわせ酒(1991)
6.あなただけ
7.河内酒(1999)
8.人生桜(1997)
9.島田のブンブン(1993)
10.恋の肥後つばき(1986)

 幾度となく歌われている「河内おとこ節」がやはり有力。何回も歌われている割に毎回1番と2番しか歌われていないので3番を歌うには今年が大きなチャンス。でもせっかくフルコーラス優先だとしたら、この人の本当の十八番と言える浪曲演歌「瞼の母」「大阪情話」「壺坂情話」のどれかをじっくり聴かせてほしいというのが私の希望。14回も出ている割にこの手の曲を紅白で一回も歌っていないのは非常に勿体無いと思います。

 

天童よしみ(1993年初出場、14年連続15回目)
1.人生みちづれ ☆
2.道頓堀人情(1986)
3.珍島物語(1996)
4.人生しみじみ…(1998)
5.幸せはすぐそこに…(2008)
6.あんたの花道(2002)
7.春が来た(2001)
8.夜明け(2000)
9.川の流れのように(カバー)
10.悲しい酒(カバー)

 「人生みちづれ」が今年セールス好調のようなので可能性高いですが、彼女の場合この年ヒットしていても昔の曲を歌わされる場合があるので油断禁物。

 

浜崎あゆみ(1999年初出場、12年連続12回目)
1.Virgin Road ☆
2.MOON
3.crossroad
4.Sweet Season
5.blossom
6.You were…
7.Last angel
8.BALLAD
9.Boys&Girls(1999)
10.poker face(1998)

 2年連続トップバッターを務めた「Mirrorcle World」「Rule」に近い曲が今年はないので難しいです。一番可能性が高いのは記念すべき50枚目のシングル「L」に収録されている小室哲哉作曲の大作バラード「Virgin Road」でしょうか。

 

aiko(2000年初出場、8年連続9回目)
1.戻れない明日
2.向かいあわせ ☆
3.嘆きのキス(2009)
4.milk(2009)
5.カブトムシ(1999)
6.花火(1999)
7.ボーイフレンド(2000)
8.桜の時(2000)
9.初恋(2001)
10.アンドロメダ(2003)

 オリコン1位で人気ドラマ主題歌の「戻れない明日」の方が「向かいあわせ」より可能性高いでしょうか。まさかの「カブトムシ」「ボーイフレンド」辺りの可能性もなくはないですが、まあ普通に考えれば今年のシングル2曲のどちらかでしょう。

 

水森かおり(2003年初出場、8年連続8回目)
1.松島紀行 ☆
2.鳥取砂丘(2003)
3.釧路湿原(2004)
4.東尋坊(2002)
5.おしろい花(1995)

 どう考えても「松島紀行」で決まりでしょうね。

 

平原綾香(2004年初出場、7年連続7回目)
1.威風堂々
2.Greensleeves ☆
3.JOYFUL, JOYFUL
4.ノクターン(2008)
5.Jupiter(2004)
6.カンパニュラの恋(2008)
7.Ave Maria!~シューベルト~(2009)
8.新世界(2009)
9.Saling my life
10.誓い(2006)

 今年の活動を考えるとクラシックのカバーになることは間違いないと思います。個人的には「Greensleeves」のカバーの方が親しみやすいようにも感じますが。おそらく今年の曲になると思いますが、「ノクターン」「Jupiter」の可能性もないとは言えません。

 

倖田來未(2005年初出場、6年連続6回目)
1.好きで、好きで、好きで。 ☆
2.Lollipop
3.あなただけが
4.Can We Go Back
5.キューティーハニー(2004)
6.夢のうた(2006)
7.Butterfly(2005)
8.愛のうた(2006)
9.real Emotion(2003)
10.TAKE BACK(2000)

 「Lollipop」か「好きで、好きで、好きで。」のどちらかになると思います。前者が洋楽テイストなJ-POPで後者はラブバラード。個人的には前者を希望しますが、バラードの方が可能性高いような。

 

アンジェラ・アキ(2006年初出場、5年連続5回目)
1.輝く人 ☆
2.手紙 ~拝啓 十五の君へ~(2008)
3.HOME(2005)
4.サクラ色(2007)
5.This Love(2006)
6.Kiss Me Good-bye(2006)
7.愛の季節(2009)
8.孤独のカケラ(2007)
9.Again(2007)
10.心の戦士(2006)

 いつも通り?NHKタイアップのついた「輝く人」が最有力。歌詞も今回の紅白のテーマによく合っているので、間違いないと思います。

 

AKB48(2007年初出場、2年連続3回目)
1.ヘビーローテーション ☆
2.Beginner
3.ポニーテールとシュシュ
4.チャンスの順番
5.桜の栞
6.桜の花びらたち(2006)
7.会いたかった(2006)
8.大声ダイヤモンド(2008)
9.涙サプライズ!(2009)
10.僕の太陽(2007)

 間違いなくメドレーになるでしょう。雰囲気的には勢いのある「ヘビーローテーション」中心に「ポニーテールとシュシュ」「Beginner」をどう絡めるかという感じですが、後者はCD売上年間1位がほぼ確実なだけに、出来れば加えたいところかもしれません。合唱の「桜の栞」はさすがに難しそうですが、かなりボリュームたっぷりのステージになることは期待できます。

 

いきものがかり(2008年初出場、2年連続2回目)
1.ありがとう ☆
2.ノスタルジア
3.キミがいる
4.時をかける少女
5.SAKURA(2006)
6.帰りたくなったよ(2008)
7.YELL(2009)
8.コイスルオトメ(2006)
9.ブルーバード(2008)
10.じょいふる(2009)

 今年もCDリリースは多かったですが、昨年の「YELL」同様タイアップの関係で「ありがとう」になるのはほぼ間違いないかと思います。予想する側にとっては面白くないことこの上ないのですが。

 

Perfume(2008年初出場、3年連続3回目)
1.ねぇ ☆
2.VOICE
3.不自然なガール
4.ナチュラルに恋して
5.ポリリズム(2007)
6.チョコレイト・ディスコ(2007)
7.Baby cruising Love(2008)
8.love the world(2008)
9.Dream Fighter(2008)
10.コンピューターシティ(2006)

 「VOICE」と「ねぇ」の一騎打ち、「不自然なガール」はその2曲と比べると少し可能性低いでしょうか。両曲どちらになるかの可能性はほぼ五分五分で、非常に予想が難しいです。

 

水樹奈々(2009年初出場、2年連続2回目)
1.PHANTOM MINDS
2.Silent Bible ☆
3.SECRET AMBITION(2007)
4.Trickster(2008)
5.ETERNAL BLAZE(2005)
6.想い(2000)
7.Astrogation(2008)
8.NEXT ARCADIA
9.SUPER GENERATION(2006)
10.Justice to Believe(2006)

 こちらもリリースされた2枚のシングルとも似たようなセールスですが、声優史上初めてオリコンシングル1位を獲得した「PHANTOM MINDS」の方が可能性高いでしょうね。個人的には「Silent Bible」の方が好きですが。

 

クミコ(初出場)
1.INORI~祈り~ ☆
2.届かなかったラヴレター(2009)
3.わたしは青空(2004)
4.五月の空
5.接吻(2000)

 広島にある原爆の子の像のモデルになった少女を歌った「INORI~祈り~」でもう確定したと言って良いでしょう。

 

植村花菜(初出場)
1.トイレの神様 ☆
2.BLESS(2009)
3.大切な人(2005)
4.猪名川
5.やさしさに包まれたなら(カバー)

 各マスコミで報道されている通り「トイレの神様」を約10分歌い続けることが既に確定しています。

 

西野カナ(初出場)
1.Best Friend ☆
2.会いたくて 会いたくて
3.君って
4.if
5.Dear…(2009)
6.君に会いたくなるから(2009)
7.もっと…(2009)
8.Come On Yes Yes Oh Yeah!!
9.You are the one
10.WRONG

 今年の4曲はこれまた予想としては横一線。どれかと言われるとやや難しいですが、一つ選ぶとするとテーマがより明確な「Best Friend」が一番有力ではないかという気がします。

 

 以上です。今年は例年より予想しやすい気がしましたが、フタを開けると全然違う結果になることも多いのがこの曲目予想。果たして本番ではどうなるでしょうか。白組の予想は別記事でアップします。