出場歌手や歌唱曲の予想と比べると、この曲順予想は難しいです。そしてどうしても自分の中での理想や希望が強く反映されてしまいます。それを前提とした上で見て頂きたいと思います。なお今年はスポーツ紙の予想は無視して考えたいと思います。揃いも揃って例年になく信憑性が薄過ぎるので…。

 前半も後半も11組として予想しました。最近はこの比率さえも当たらないですが…。

 

~前半予想~
紅組1 水樹奈々「PHANTOM MINDS」
白組1 ポルノグラフィティ「君は100%」
紅組2 中村美律子「河内おとこ節」
白組2 NYC「よく遊びよく学べ100%NYC」
----審査員紹介----
白組3 AAA「逢いたい理由」
紅組3 川中美幸「二輪草」
白組4 flumpool「君に届け」
紅組4 アンジェラ・アキ「輝く人」
白組5 L’Arc~en~Ciel「BLESS」
紅組5 浜崎あゆみ「Virgin Road」
----キャラ紅白歌合戦----
紅組6 伍代夏子「ひとり酒」
白組6 細川たかし「浪花節だよ人生は」
紅組7 平原綾香「Voyagers」
白組7 FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」
紅組8 クミコ「INORI~祈り~」
白組8 HY「時をこえ」
紅組9 AKB48「紅白2010 AKB48神曲SP」
白組9 遊助「ひと」
紅組10 aiko「向かいあわせ」
白組10 徳永英明「時の流れに身をまかせ」
紅組11 水森かおり「松島紀行」
白組11 森 進一「襟裳岬」

~後半予想~
----「歌の力」を全員合唱----
白組1 EXILE「I Wish For You」
紅組1 西野カナ「Best Friend」
白組2 加山雄三「若大将50年 スペシャルメドレー」
紅組2 和田アキ子「AKKOィィッ!紅白2010スペシャル」
白組3 TOKIO「advance」
紅組3 Perfume「ねぇ」
白組4 五木ひろし「おしろい花」
紅組4 天童よしみ「人生みちづれ」
白組5 福山雅治「道標」
紅組5 小林幸子「母ちゃんのひとり言」
白組6 郷ひろみ「GO! GO! イヤー紅白スペシャルメドレー」
紅組6 倖田來未「KODA KUMI 2010 Special Medley」
白組7 コブクロ「流星」
紅組7 植村花菜「トイレの神様」
白組8 嵐「2010紅白オリジナルメドレー」
紅組8 いきものがかり「ありがとう」
白組9 北島三郎「風雪ながれ旅」
紅組9 石川さゆり「天城越え」
白組10 SMAP「This is love ’10 SPメドレー」
紅組10 DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです feat.ザ紅白スペシャルブラスバンド」
白組11 氷川きよし「虹色のバイヨン」
紅組11 坂本冬美「また君に恋してる」

 今回はポイントに分けてそれぞれ解説します。



[トップバッター]
 紅組の候補はAKB48水樹奈々Perfume西野カナ。2年連続トップバッターの浜崎あゆみは曲調を考えると若干可能性薄いでしょうか。数年前までと比べるとトップバッターは多少重要な位置になっているのである程度固定ファンが多く、数字を取れそうなアーティストを据える必要があります。そうなると上に挙げた4組が該当し、他の曲順や企画との兼ね合いを考えると私は、水樹奈々の可能性が一番高いのではないかと思っています。とは言え特別高い訳ではなく実質横一線、大穴でそれ以外の人になる可能性もなくはありません。
難しいのは白組で、EXILEポルノグラフィティ遊助NYCAAAflumpoolなど選択肢がかなり多いです。ネームバリユー優先なら前者2組、フレッシュさ優先なら後者4組が有利でしょうか。難しいですがここではネームバリユー優先で、かつ横浜アリーナでライブも控えているポルノグラフィティをここでは予想してみました。白組先攻ならEXILEが個人的には一番しっくり来ますが。

[2番手]
 中村美律子の「河内おとこ節」はほぼ近年の「兄弟船」「さそり座の女」と扱いは同じと考えていいでしょう。というわけで2番手に予想。後攻ならトップバッターの可能性もあると思います。対抗相手という意味では適当でないですが、とりあえず早い時間に出演させないといけないNYCをこの位置に予想しました。この曲順が適当かなと思えるアーティストが今年は白組に多数いるので、難しいです。

[ラルクとあゆ]
 1990年代後半~2000年代前半に一時代を築いたこの2組の対決が前半で見られるのではないかと。両者ともこの後にライブが控えている、壮大なバラードという部分で共通しているので個人的には見たい組み合わせです。後半トップになる可能性もありますけどね。

[キャラ紅白明け]
 キャラ紅白の直後はきみまろ曲紹介の伍代夏子細川たかしの出演になると思います。選曲や企画を考えるときみまろの担当はかなりの高確率でこの2組、位置的にもちょうどいいのではないかなと感じました。

[クミコとHY]
 テーマが共通しているのでおそらく2曲とも同じ位置で歌われることになるでしょう。一応8時台後半と予想しましたが前半トリ、あるいは後半の可能性も十分あり。

[9時またぎ]
 ここはかなりの高確率でAKB48になると思います。全盛期のモーニング娘。の定位置、すなわち9時前。トップかその次になる可能性もありますが事前番組やホームページを見る限り相当な力の入れ具合なので、おそらく引っ張れる限り引っ張るのではないかな、と。

[前半トリ前]
 近年はJ-POPの実力派が担当することの多い曲順、意外と重要です。今年だと紅組はaiko平原綾香アンジェラ・アキ、白組は徳永英明FUNKY MONKEY BABYSだと考えているのですが、いかがでしょうか。

[前半トリ]
 中堅~ベテランの演歌・歌謡曲の定位置とも言えるのがこの位置。和田アキ子加山雄三のメドレー対決、という可能性もなくはないですがやはり高くないと思います。オーソドックスに考えると白組はかなりの高確率で森 進一、紅組は難しいですがコンスタントにヒットを継続している水森かおりが実は一番可能性あるのではないかと考えています。川中は企画あり、伍代・中村では少し格が…という面がありますからね(3人とも第1部トリ経験者なんですが)。




[後半トップ]
 多分今年も全員合唱が終わってからのステージになると思います。あんまり参加しそうな雰囲気のないEXILEをとりあえず後半トップにしましたが、CDTVスペシャルのMCになる可能性もありそうであまり自信なし。ただそうだとしてもこの時間なら間違いなく放送時間までに赤坂には行けるはずなんですけどね。白組司会のため準備に時間をかけたいの可能性も高いですが、やはりNHKとしては出来る限り引っ張りたい所ではないでしょうか。
 紅組は基本的に前半トップと同じ顔ぶれの候補になります。 AKB48倖田來未になるくらいでしょうか。植村花菜の可能性もありますが。その中だとやはり西野カナが一番有力ではないかと思うのですが。

[メドレーの扱い]
 NYCAKB48は間違いなく前半、DREAMS COME TRUESMAPも間違いなくトリ近辺なので一旦省略して、ここではそれ以外の4組について考えたいと思います。
 多分直接対決になると思います。大ベテランポップス対決ということで、和田アキ子加山雄三、ノリノリのステージ対決で郷ひろみ倖田來未という感じで。ただ4組一気にメドレーとなると見ている方もしんどくなる可能性が高いと思われるので、2組・2組と出演時間は分かれるでしょうね。アッコと若大将は間違いなく後半ですが、ヒロミゴーとクミ姉さんは前半になる可能性もありそうです。出演時間は11時台までならどの時間帯でもありそうでちょっと予想つかないですね。

[福山雅治]
 開場から開演までの間、すなわち10時台での出演が既に内定しているということ。ということで自動的に白組の4番手か5番手、その間に小林幸子の衣装がセッティングされる可能性が高いでしょう。

[トイレの神様→嵐→いきものがかり]
 植村花菜もかなり力を入れている印象が強いので、後半になる可能性が高いと思います。この長い演奏時間でがスタンバイ、そしてこれまたおそらく長いであろうステージの間に松下奈緒がスタンバイしていきものがかりのバックでピアノ演奏、という気が個人的には凄くするのですが、どうでしょうか。ここが第61回紅白の最大の山場になると思うのですが…。

[追悼対決]
 星野哲郎の追悼で北島三郎「風雪ながれ旅」、吉岡治の追悼で石川さゆり「天城越え」。サブちゃんの年齢による声量の低下を考えると個人的にはこちらの順番の方がいいのではないかと思います。この2曲がセットになることはもう間違いないでしょう。曲順も間違いなくトリ付近、もしかするとこの2曲がトリという超ベタな展開になる可能性もなくはありません。

[トリ]
 曲目発表の最後で書いた通り、今年は氷川きよしから坂本冬美に歌い継がれるのが最も理想的かつ美しい流れであることは疑いようないと思うのですが、どうやらマスコミはそう思っていないようでして。ただDREAMS COME TRUEからSMAPという流れ(あるいはその逆)は間違いなくあるでしょうし、この2組がトリになったとしても違和感は特にありません。ただの大トリはさすがに事務所の序列、あるいは紅白の60年近い歴史や伝統・権威という観点から考えてもはっきり言って暴挙に近いものがあるので個人的にはやめた方がいいと思います。
 トリの可能性が他にあるとしたら前述した石川さゆり北島三郎。紅組大トリだと氷川さんではなく五木ひろしになる可能性もあります。と言うより過去の事例から見るに実際にはこちらの方が可能性高いとも言えそうです。この2人が確固たる候補としている分同じような形で天童よしみになる可能性はちょっと低いような気がしますね。

 言及していない歌手は基本的に空白を埋めたという風に解釈してください。さて一体どういう結果になるのでしょうか、楽しみです。