いよいよ9月に入り、紅白歌合戦のプロジェクトが本格的に始動に入ります。

 オフィシャルホームページ、公式ブログ、公式Twitterが一斉に動き出しました。これから3ヶ月間、今年の紅白歌合戦について、展望・予想・発表、そして放送後のレビューに至るまでじっくり追っていきたいと思います。

 まず一番最初に発表されるのは放送時間。今年は2年ぶりに19時15分スタート、23時45分終了ということになりました。「東日本大震災以降、歌番組に対する要望が多いため」というのがNHKとしての説明だそうです。

 テーマはまだ発表されていませんが、今年に関して言うと3月11日の話題を避けて通ることは間違いなく不可能。そのため例年以上にじっくり聴かせる、パフォーマンスを重視する演出になることが予想されます。今年も紅白各25組前後の歌手が出場することは間違いないのですが、ヒットジャンルが多様化かつ偏在して例年以上に複雑な2011年のミュージックシーン。さらに未曾有の災害が起こったこともあって今年は出場歌手に対するリクエストや要望が昨年までと比べてもかなり多くなり、また重視されるであろうことも容易に想像できます。例年同様10月後半までに出場歌手の予想を書く予定ですが、はっきり言って今年ほど読めない年はありません。数十年連続で出場しているレベルの常連歌手の落選も数十年ぶりのベテラン歌手紅白復帰も全くノーマークのアーティストの初出場も、あるいはAKB48関連やK-POPだけで各5枠くらい占める可能性もありそうで、もうどうなるのか全くわかりません。そういう意味では今年ほど楽しみな年はないのかもしれませんが。

 では今年もよろしくお願いします。