ここ数年は11月に入ってからの発表が慣例になっていて、年によっては11月後半、あるいは出場歌手発表の後に司会者が発表されることもあります。今日は10月19日ですが、紅白歌合戦の司会者が決まりました。いくらなんでも早過ぎます。

白組は。2年連続の担当になりますね。華やかさを重視したのでしょうか、やはりメンバー間の絆の高さがそうさせている部分もあるのでしょうか、はたまた事務所からの要望でしょうか。理由はわかりませんがとにかく2年連続の白組司会。なんだかんだで昨年もそこそここなしてはいたと思うので、これに関しては問題ないでしょう。

紅組は井上真央。昨年の松下奈緒に引き続き朝ドラのヒロインが司会に抜擢された形。『おひさま』も『ゲゲゲの女房』なみに好評ということなので、そうなるとこういう抜擢があっても不思議ではない話。ただ司会、ましてや紅白の司会ほど難しいものはないはずで、個人的にはものすごく不安です。過去朝ドラから紅組司会に抜擢されたのは林美智子、斉藤由貴、石田ひかり、松たか子(朝ドラでなく大河ですが)、松下奈緒。松下奈緒は紅白より前にレコード大賞などで司会をした経験はありますが他は全て紅白が初司会、見ている側としてはやはりちょっと厳しいものがあるという印象もあり、何よりこの形で抜擢された場合全部紅組が負けてるんですよね。それ以外に過去あった女優からの抜擢は三田佳子、浅野ゆう子、仲間由紀恵といった面々。浅野ゆう子は当時白組司会だった堺正章と互角以上のやり取りを展開していてさすがの内容でしたが仲間由紀恵はあくまでそこそこ、三田佳子に至っては好感度以外の要素を考えるとなぜ選ばれたのかが非常に疑問の残る内容でした。華を重視するのは理解できますが、果たして井上真央に司会能力があるんでしょうか。自分としては全くわからないので期待を持ちようがないというのが正直な所なんですが…。

ちなみに総合司会はやはり今年も阿部渉アナウンサーでした。ただ今年はいつになく負担が増えそうな予感もします。本当にこんな感じで大丈夫なんでしょうか…。