年々決まる時期が早くなっている紅白歌合戦の司会者。今年も昨年より3日早く決定しました。この分だと来年には9月に決まるんじゃないかという勢いですが。




 白組は3年連続でになりました。彼らにはカウントダウンに戻ってきてほしいというファンの方々の声もあります。確かに往年の山川静夫宮田輝、平成以降でも古舘伊知郎中居正広あたりと比べても司会者としての腕は少し落ちるかとも思いますが、その分メンバー間のチームワークと言いますか温かさと言いますか、少なくとも好感の持てる司会は続いてる印象が個人的にはあります。ただ昨年の司会を見ていても改善できる点はまだ結構あったように思うので、今年はそこからの成長にも期待したいです。もっともファンとしては紅白よりも、カウントダウンライブの方がらしさを発揮しやすい場所であることは明らかだろうと思われるのでその気持ちも分かりますが…。それだけ彼らがファン以上に、国民的に大きな存在になっているということで。

 

 紅組司会は梅ちゃん先生こと堀北真希松下奈緒井上真央に続いて3年連続朝の連続テレビ小説からの起用です。第59回(2008年)に大河ドラマ『篤姫』で和宮役を演じた縁でゲスト審査員として出演しているので、紅白に携わるのは4年ぶりとなります。「笑顔で1年を締めくくりたいと思っています。ちょっと頼りない司会ですが、一生懸命がんばりたいです。」というのが記者会見での弁。ドラマ等で嵐のメンバーと共演することは何度もあったはずなので、息の合い方は問題ないと思いますが、果たして司会となるとどうなるのでしょうか。万人から好感の持てるタイプの人という印象はあるので、多少ヘタでも何とかなるとは個人的に感じていますが。

 

 総合司会は有働由美子アナになりました。第52回(2001年)から第54回(2003年)までの紅組司会で、今は『あさイチ』でお馴染み。こちらも紅白に携わるのは、第59回でエンヤの中継リポーターとして出演して以来4年ぶり。なお総合司会で女性が登場するのも4年ぶり(飛行船中継をしていた小野文恵アナが担当)ですが、単独となると第54回の武内陶子アナ以来9年ぶり。それ以前でも杉浦圭子アナ(第39回・第40回)、森田美由紀アナ(第44回)しかいないので単独女性総合司会は4人目になります(単独でなければ山根基世黒崎めぐみ住吉美紀も担当)。ただ前回まで3年連続で担当していた阿部渉アナは白組司会でも見事なものでしたが、有働アナの紅組での司会っぷりは若干微妙な印象もあったので、その辺りがちょっと不安でもあったり。彼女のことなのでもしかしたら余計なアドリブもあったりして…。まあそれはそれで面白いことになりそうですが。

 

 ラジオ中継とウラトークちゃんねるの担当アナウンサーはまだ未定。おそらく11月後半に決まることになるのでしょう。自分としてはウラトークが誰になるのか、ある意味司会者の人選以上に気になるのですが…。