(紅組)
1.乃木坂46
2.欅坂46
3.Superfly
4.椎名林檎
5.Perfume
6.TWICE
7.水森かおり
8.石川さゆり
9.AKB48
10.市川由紀乃
11.Little Glee Monster
12.DREAMS COME TRUE
13.丘みどり
14.LiSA
15.高橋真梨子
16.島津亜矢
17.松田聖子
18.E-girls
19.坂本冬美
20.西野カナ
21.天童よしみ
22.あいみょん
23.MISIA
24.松任谷由実
25.家入レオ
26.杜このみ
27.Aqours
28.SHISHAMO
29.宇多田ヒカル
30.和田アキ子
31.荻野目洋子
32.香西かおり
33.Foorin
34.絢香
35.Aimer
36.BiSH
37.上坂すみれ
38.倉木麻衣
39.SKE48
40.NGT48
41.miwa
42.私立恵比寿中学
43.モーニング娘。’18
44.Beverly
45.森高千里
46.椎名佐千子
47.STU48
48.藍井エイル
49.JUJU
50.AAA

(白組)
1.星野 源
2.嵐
3.氷川きよし
4.山内惠介
5.三山ひろし
6.DA PUMP
7.五木ひろし
8.WANIMA
9.ゆず
10.SEKAI NO OWARI
11.三浦大知
12.エレファントカシマシ(宮本浩次)
13.関ジャニ∞
14.福山雅治
15.サザンオールスターズ
16.純烈
17.郷ひろみ
18.King&Prince
19.Sexy Zone
20.Hey! Say! JUMP
21.レキシ
22.三代目J Soul Brothers from EXILE
23.X JAPAN
24.Suchmos
25.米津玄師
26.福田こうへい
27.東方神起
28.EXILE
29.BTS(防弾少年団)
30.ヤバいTシャツ屋さん
31.GENERATIONS from EXILE
32.Mrs. GREEN APPLE
33.菅田将暉
34.UNISON SQUARE GARDEN
35.平井 堅
36.フジファブリック
37.東京スカパラダイスオーケストラ
38.back number
39.岡崎体育
40.サンボマスター
41.野口五郎
42.BOYS AND MEN
43.Kis-My-Ft2
44.ポルノグラフィティ
45.竹島 宏
46.北山たけし
47.KinKi Kids
48.Mr.Children
49.新しい地図
50.B’z

(参考)
~SONGS出演者(故人除く)~
1月:さだまさし一青 窈Kiroro
2月:三浦大知
3月:斉藤和義あいみょん吉澤嘉代子
4月:ゆず松任谷由実東京スカパラダイスオーケストラBTS(防弾少年団)
5月:DREAMS COME TRUE薬師丸ひろ子
6月:aiko今井美樹高橋真梨子宇多田ヒカル
7月:サンボマスターDA PUMP
8月:HY
9月:Perfume森山直太朗ポルノグラフィティ堂本 剛
10月以降:Superfly堂本光一×井上芳雄

~のど自慢ゲスト~
1月:水森かおり長山洋子堀内孝雄福田こうへい
2月:八代亜紀神野美伽吉 幾三北山たけし
3月:瀬川瑛子石川さゆり天童よしみモーニング娘。’18前川 清氷川きよし
4月:天童よしみ伍代夏子原田悠里石原詢子市川由紀乃五木ひろし布施 明細川たかし山内惠介竹島 宏
5月:石川さゆり坂本冬美川野夏美丘みどり山本譲二小金沢昇司福田こうへい三山ひろし
6月:神野美伽島津亜矢水森かおり椎名佐千子森 進一千 昌夫冠 二郎鳥羽一郎
7月:大月みやこ天童よしみ田川寿美夏川りみLittle Glee Monster美川憲一新沼謙治氷川きよし
8月:岩崎宏美川中美幸丘みどり堀内孝雄松山千春細川たかし三山ひろし松原健之
9月:石川さゆりイルカ水森かおり市川由紀乃氷川きよし山内惠介純烈つるの剛士

~うたコン出演回数(1月~10月2週)~
10回:市川由紀乃
8回:丘みどり水森かおり氷川きよし
7回:島津亜矢三山ひろし
6回:石川さゆり杜このみ
5回:May J.竹島 宏福田こうへい山内惠介
4回:坂本冬美椎名佐千子平原綾香純烈細川たかし

~紅組~

・紅組予想トップは乃木坂46、これはどう考えても確実。欅坂46も前回の一件がやや気になりますが、こちらもヒットと人気の両面で外せないはずで確実。

Superflyは今年のNコン課題曲「Gifts」を担当。前回の圧倒的なパフォーマンスを考えても、出場は間違いなく確実。

・五輪関係で椎名林檎は固定枠みたいなものですが、先日リリースされたエレカシ宮本浩次とのデュエットはnews zeroのテーマソングで耳にする機会も多く、Youtubeの再生数は3日で100万超え。もしかするとこれも紅白きっかけのコラボかもしれません。もう間違いなく今年も確実でしょう。

Perfumeはなんと大晦日横浜アリーナでの年越しライブが決定しました。開演時間次第で前半でのステージ、あるいはライブ会場からの中継も考えられますが、アミューズだとサザンや福山雅治だけでなく紅白出場後ライブを行ったポルノグラフィティの前例もあります。NHKとの縁や10年連続出場してきたことを考えると辞退・不出場の可能性は極めて低いと思います。むしろライブ会場と紅白のコラボをどう演出していくかというステージになると予想。

・韓国の番組との兼ね合いもありますが、それでもTWICEは日本人がメンバーに居るという特徴があります。現状のK-POP枠を完全に超えている絶大な人気を考えると、間違いなく出場に漕ぎ着けるはず。

・人気の低下が気になるAKB48ですが、それでもCDは100万枚売ってます。扱いがどうなるかは別として、出場はまだ今年も堅いのではないでしょうか。

・昨年初出場のLittle Glee Monsterは安定した人気・実力でおそらく今年も間違いないでしょう。NHKにはうたコンだけでなくのど自慢にまで出演、貢献度は大変高いです。

E-girlsも年々活動が目立たなくなっています。ただレーベル的にもパフォーマンス的にも代わる存在があまりいないことを考えると、今年もなんとか連続出場しそうな気がします。

西野カナもヒットが目立たなくなり始めたのが気になるところ。女性ソロ歌手が8年連続出場でストップした前例が複数あること、ソニー系が他と比べて妙に枠が少ない上に入れ替え候補がいること、ステージの扱いがあまり良くないことなどを考慮すると落選する可能性も正直結構あります。少なくとも確実とは言えません。

SHISHAMOは個人的に連続出場して欲しいのですが、現状今年のヒットを考えると少し難しい気はしてます。とは言え2年目ヒットがなくても連続出場した例はいくらでもあるので、それに期待。

倉木麻衣も今年の印象度を考えると、2年連続は少し厳しいような気がします。

・ベテランJ-POP&歌謡曲の二大巨頭・髙橋真梨子松田聖子は一応今年も出場でしょうか。仮に不出場となる場合、そのタイミングが年々難しくなりつつあるような気もしています。

・演歌勢は水森かおりが確実、市川由紀乃も前回の扱いはやや気になりますがうたコン出演数&CD売上を考えると今年も確実。丘みどり島津亜矢は今年もうたコン出演回数が多いので間違いないと思いますが、肝心のCD売上があまり伸びていないのは気になります。石川さゆりは不出場の場合花道が必要なレベルなので今年も出場でしょう。ただ坂本冬美天童よしみに関しては近年の扱いも考えるとやや不透明。白組と枠の数を合わせる場合、冬美さんは本人も危ないと話していましたが、実際ちょっと予断を許さない状況になりつつあります。

LiSAは間違いなく今年の紅組における初出場候補。ベストアルバムも十二分に大ヒット、勢いがあります。昨年よりも更にメディア露出は増えていて、個人的には西野カナより可能性高いと考えているくらいです。

あいみょんは現状代表曲のYoutube再生数がいずれも1000万前後かそれ以上、ストリーミング配信でも常に上位にランクインしてます。歌の良さやパフォーマンスも間違いなく保証できますが、知名度的にもう少しといった印象もあります。ただ初出場になってもおかしくないくらいのクラスには達しているようにも感じます。

家入レオは今年ドラマ主題歌がヒットして初出場有力という情報がありますが、昨年以前でもこれくらいのヒット・話題度は記録しています。どちらに転んでも全く不思議ではない、というのが正直なところでしょうか。

・演歌枠だとうたコン出演数・CD売上ともに伸びている杜このみが可能性あり。ただ現状知名度は決して高くありません。そこを考慮した場合、前回出場組と入れ替わるのは結局困った時の香西かおり復帰になる可能性も十二分に考えられます。

・『ラブライブ!』の姉妹作『ラブライブ!サンシャイン!!』のAqoursも注目すべき存在。NHKでも推されている印象ですが、紅白出場にまで至るに十分だったμ’sと比べるとやはり少し足りない気がします。とはいえ東京ドームでワンマン開催は重要なポイントでないかとも思います。

・米津玄師プロデュースのNHK2020テーマソング「パプリカ」を歌うFoorinも要注意。とは言え世間に広まっている印象はあまりないので、出場するとしてもショーコーナーでの出演という形ではないでしょうか。

・その他非常に高い歌唱力を持つソロシンガーAimerBeverly、実力派アイドルの私立恵比寿中学BiSH、『ポプテピピック』主題歌が話題になった上坂すみれ辺りが初出場候補でしょうか。

DREAMS COME TRUEは下半期の連続テレビ小説『まんぷく』主題歌を担当。現状大晦日の予定はなく、辞退しない限り出場確実と思われます。

MISIAは3年に1回のペースで特別出演。デビュー20周年の今年は「アイノカタチ」が話題になっています。どういった形での出場になるかは分からないですが、可能性は高いような気がします。

松任谷由実も今年はデビュー45周年(正確には1972年デビューなので46周年の筈なのですが)を迎え精力的な活動を見せています。現実的にまたオファーする可能性も高そうな気がします。引き受けるかどうかは本人次第ですが、話があればまた出場してくれそうな予感はします。

宇多田ヒカルも今年アルバム『初恋』リリース、久々のツアーを行っています。こちらもオファー次第ですが、引き受けてくれるかどうかは微妙なところ。

和田アキ子はボイメン研究生とのコラボがヒット。こちらはオファーがあれば間違いなく出場と思われますが、ヒットは明らかに本人ではなくボイメンの力なので果たしてどうなのか。楽曲だけでなくフェス他でも積極的に若手と共演するのは非常に素晴らしいことですが、個人的にはあまり出場に賛成は出来ません。

荻野目洋子はなぜか昨年あれだけ話題になったのに不出場でしたが、今年も可能性は残されている気がします。ただ同じ事務所のDA PUMPが大ヒットしていることが、枠的に少し不利に働いてしまうような予感もします。

絢香も三浦大知とのデュエットが話題になりましたが、果たしてどうでしょうか。

モーニング娘。’18はCDデビュー20周年。おそらく事務所としてもOG含めて紅白出場に本腰を入れてたと思われますが、あろうことか約一名がシャレにならないことをしでかしてしまいました。現役メンバーだけで再出場する可能性もゼロではないですが…。

~白組~

・連続テレビ小説『半分、青い』主題歌として絶賛大ヒット中の「アイデア」を歌う星野源が今年も予想リスト1位。出場100%間違い無し。

・『18祭』テーマソングの「シグナル」をうたコンでも披露したWANIMAもほぼ間違いないでしょう。

・デビュー20周年、昨年の大トリを務めたゆずも辞退の申し入れがない限り確実、すっかりベテラン常連組になっています。

・冬の五輪テーマソング「サザンカ」を歌うSEKAI NO OWARIもほぼ間違いないとは思いますが、担当した年に落選したコブクロの例もあります。とは言えYoutubeの再生数は1000万超え。

・昨年もそうですが、実を言うと三浦大知は誰もが知っている圧倒的な代表曲はありません。とは言え極めて高い質のパフォーマンス・NHK出演頻度を考えると今年も2年連続はほぼ間違いないと思います。

エレファントカシマシが2年連続出場する可能性は高くないと思いますが、昨年の例を考えると宮本浩次が椎名林檎とのデュエットで共演する可能性は極めて高いと思います。詳しくは上記参照。

福山雅治は今年NHKでは初となる夏の甲子園中継テーマソングを担当。そうなると紅白も自動的に出場確定でしょうか。なお出場の場合は例のごとくパシフィコ横浜からの中継になります。

X JAPANはYOSHIKIが出たいと言えば出るというスタンスで良いと思います。今年も期待はしたいですが、その余地が他も見渡す限り果たしてあるのかどうか。

平井堅は連続出場して欲しいというのが個人的な希望ですが、やはり今年の話題性や他の方々を見渡すと少し難しい気がします。それは竹原ピストルについても同様です。

・正直今年のLDH勢はかなり不透明。活動復帰のEXILEは新作の反響があまり大きくなく、三代目J Soul Brothersはオリジナルアルバムのリリースはありましたが全国ツアーもなくソロ活動中心。むしろその枠がそっくりそのまま東方神起BTS(防弾少年団)になることも予想されます。ただBTSの活動はあくまでも世界がメインで米国でも大きな実績あり、東方神起も人気高いとは言え果たしてどうなのか。そう考えると最終的には初出場が予想されているGENERATIONSにお鉢が回るという結論になるかもしれません。K-POPは1~2枠予想されていますが、他との兼ね合いも考えると1枠が限界ではないでしょうか。

・松本潤の白組司会が予想される、実際どうなるかは分かりませんが来年春の北海道150周年記念ドラマ『永遠のニㇱパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』主演ということを考えると、実際その可能性は高く自動的に出場も確定と言って良さそうです。

・さすがにTOKIOは落選確実。他のジャニーズを考えると、関ジャニ∞Hey! Say! JUMPSexy Zoneを連続出場させてデビュー曲が大ヒットしたKing&Princeが新たに加わるのが既定路線だと思いますが、NHKに大きな迷惑をかけたことを考えると1枠そのまま純減する可能性もあります。特に今年の白組は大物含めて初出場・再出場が予想される方々が盛り沢山。ですので個人的にジャニーズは3~4枠くらいまでに抑えて欲しい気持ちが、正直申し上げるとあります。

郷ひろみもそろそろ…と言う印象もありますが、今年は盟友・西城秀樹の死というトピックがあります。さすがにヒデキの曲を代わりに歌うことはないと思いますが、どう考えても出場させる必要があるのではないでしょうか。

・演歌勢は氷川きよし山内惠介三山ひろしはNHK固定枠みたいなもので間違いなく確実。大ベテランの五木ひろしは出場しない場合絶対に花道を設ける必要があります。そうなると一番可能性低いのは紅白での扱いもあまり良くない福田こうへいになるような気がします。

純烈は「プロポーズ」がヒット、CD売上を考えても現状福田こうへいより出場する可能性は高いと見ています。ただ今年意外とうたコンに出演していないのが気になります。竹島宏北山たけしも候補ではありますが、出場に至るには現状枠が足りない気がします。これが平成中期だったら出場有力と言えそうですが。

レキシは今年の大河ドラマ『西郷どん』のイメージソングを担当。得難いキャラクターにライブの面白さにNHKとの縁、おそらくオファーがあればノリノリで出演するはず。正直、個人的にはスポーツ新聞に挙がっていた他の歌手より初出場の可能性が高いと考えてます。

Suchmosは今年のワールドカップテーマソングを担当。ただこういったテレビ番組にあまり出演しないこと、その曲の評判が決して良くないことを考えると絶対初出場とは言い切れない面があります。オファーは間違いなくあるはずですが、果たして引き受けるのかどうか。正直どちらにも転ぶ可能性があります。

・個人的に今年一番紅白に呼んで欲しいのは文句なしに米津玄師。「Lemon」は完全に国民的ヒット曲で、おそらく次に出る新曲もそうなるでしょう。NHKの2020応援ソングも手掛けていますが、言うまでもなく彼はこれまでテレビでは歌わないスタイル。ただ紅白は特別な番組、そこをどう考えるのか。非常に気になります。

Mrs. GREEN APPLEの初出場が有力視されているとの情報があります。確かに「青い夏」「WanteD! WanteD!」はヒットしていて素晴らしい名曲ですが、現状の知名度やキャリアを考えるとback numberUNISON SQUARE GARDENが先に出る方が自然ではないでしょうか。双方とも今年の曲だけでなく以前から大ヒット曲があって、これまで紅白に出場していない方が不思議とも思えるバンドです。またNHKのキャンペーンソングを手掛けたり番組まで担当しているヤバいTシャツ屋さん岡崎体育は、有力ラインまではいかずとも可能性は十分あるような気がします。

菅田将暉も「さよならエレジー」がヒットしましたが、果たしてどうでしょうか。個人的には歌手として考えると、もう少し歌唱力が欲しいと思ってしまいますが。

・その他SONGS出演の東京スカパラダイスオーケストラ、「若者のすべて」がCMソングでリバイバルヒット中のフジファブリック、「輝きだして走ってく」がロングセラーになっているサンボマスターにも要注目。

・「U.S.A.」が大ヒット中のDA PUMPはほぼ確実。落選の場合、選考基準を疑わないといけません。それくらいの国民的ヒットになっています。

・デビュー40周年のサザンオールスターズはうたコンにも出演。年末の横浜アリーナも同事務所のPerfumeに譲って、大晦日NHKホールに出ようと思えば簡単に出場できる状況になっています。特別出演の形とは言え、よくよく考えるとここ10年の桑田佳祐は紅白にものすごく協力的。白組歌手として35年ぶり出場する可能性も、かなり高いような気がします。

・ヒデキ追悼で野口五郎の再出場も可能性ありますが、果たしてどうでしょうか。

・特別出演候補は、新しい地図B’z。特にB’zはデビュー30周年に来年アルバムリリースというトピックがあります。可能性は勿論低いですが、今年は少しくらい期待しても良いのではないでしょうか。