前記事に引き続き、今度は白組の出場歌手の予想をしていきたいと思います。予想の見方は前回の記事と同様なのでここでは省きます。

 

 既に白組から出場しないことがほぼ確定している歌手は以下の通りです。

~COUNTDOWN JAPAN 08/09出演歌手~
 奥田民生(28日幕張・29日大阪)、くるり(28日幕張・29日大阪)、東京スカパラダイスオーケストラ(28日幕張・30日大阪)、KREVA(29日幕張・31日大阪)、斉藤和義(29日幕張・30日大阪)、175R(30日幕張)、エレファントカシマシ(30日幕張・31日大阪)、グループ魂(30日大阪・31日幕張)、JUN SKY WALKER(S)(30日大阪・31日幕張)
 こちらも11月1日に第3弾アーティストも発表されますので、次回の予想時にその追加分も書きます。

 

~カウントダウンライブを開催する歌手~
EXILE:札幌ドーム(開演22:00)
Kinki Kids:京セラドーム(開演22:00)
NEWS:東京ドーム(開演17:30)
藤井フミヤ:日本武道館(開演22:30)
X JAPAN:赤坂BLITZ(開演時間未定)
GLAY:幕張メッセ(開演22:00)
 ジャニーズは例年Kinki Kidsが東京ドーム開催だったのが京セラドームに、その代わりにNEWSが東京ドームでライブ。おそらく2つのドームでジャニーズのタレント総出演ということになると思われます。嵐やKAT-TUN辺りもそちらに出演する可能性がかなり高いので予想リストには入れません。
EXILEはかなり早いうちにドームでのライブが決定、紅白での今までの扱いを考えると賢明な判断と言えるかもしれません。

 

 それではこちらもどんどん予想してみましょう。

1.氷川きよし(8) 黄色い声援はまだまだ健在、もちろん今年も出場確実

2.五木ひろし(37) 還暦を迎えてもまだ演歌ではトップクラスの安定感、もちろん出場確実

3.SMAP(15) 実績は例年ほどではないにしても人気は相変わらず圧倒的、出場は当然間違いなし

4.ジェロ(0) 今年の演歌界の最大の話題、NHKの番組出演も多く出場はもう間違いないだろう

5.コブクロ(3) 新曲リリースは10月のみであるがライブツアーは無事成功、アルバムもミリオンを記録、世間の支持は相変わらず高いと思われるので出場は今年も間違いないだろう

6.TOKIO(14) ここ数年と比較すると今のところヒットが微妙だが、それでも出場は間違いないだろう

7.さだまさし(19) 『年の始めもさだまさし』もすっかり恒例行事に、もちろん出場確実

8.北島三郎(44) 存在感だけでも十分、年齢的な不安もないとは言えないがそうでなければ当然今年も出場確実

9.羞恥心(0) 社会現象といっていいほどの大ヒットで出場は間違いなし、あとはどういった形態で出場させるかどうかだろう

10.森 進一(41) ここ数年の歌唱は凄味を増している、体調さえ問題なければ出場は間違いない

11.前川 清(17) 独特のキャラクターはまだ紅白には欠かせない、出場は堅い

12.ポルノグラフィティ(7) デビュー10周年で例年になく積極的な活動、カウントダウンライブの可能性も捨てきれないがそうでなければ出場は間違いなし

13.徳永英明(2) 今年はベストアルバムが好セールス、新曲もそれなりにはヒット、中高年層の支持を考えると出場する可能性は今年も非常に高い

14.美川憲一(24) ネタ切れ感強いが需要はまだあるか、落選の可能性もあるが出場の可能性は高い

15.東方神起(0) オリコン1位獲得、NHKの韓流ドラマ主題歌タイアップなど出場させる要素は完璧に揃ってるが過去の韓国人歌手に対する選考は結構厳しい印象が強い、出場可能性は十分高いが確実とまでは言えない

16.Aqua Timez(1) 『ごくせん』の主題歌が大ヒット、普通に考えれば出場可能性は高いのだが意外とこういった形で出場できない前例もあるので油断はできない

17.木山裕策(0) 年始の「home」がロングセラー、歌謡コンサートにまで出演、出場は堅いと思うが絶対とまでは言い切れない

18.水谷 豊(0) 『SONGS』出演が話題となり、セルフカバーアルバムが大ヒット、本人さえ了承すれば出場する可能性はかなり高い

19.秋川雅史(3) 3年連続「千の風になって」でも、日本の懐かしい楽曲を歌っても良い、NHKの貢献度を考えると出場の可能性は結構高い

20.平井 堅(5) アルバムのヒット、楽曲の良さ、『SONGS』出演など出場の条件は十二分に揃っているが、出場しない年も過去たびたびあることを考えると出場可能性としては何とも微妙、でも基本的に高いと考えて良いとは思う

21.清水翔太(0) 「HOME」はヒットしたが後が続かず、出場可能性は高いと思うが絶対とはどうしても言い切れない

22.布施 明(23) カバーアルバムが話題、出場は堅いが他の歌手との兼ね合い次第では落選の可能性も

23.w-inds.(6) 日本での売上は確実に低下しているがまだTOP10には入る、中国などアジアでの活動は非常に活発、微妙ではあるが出場する可能性の方が高いと思う

24.堺 正章(6) 「忘れもの」が三十数年ぶりにヒット、売上枚数がやや足りないのがネックだが話題性は十分あり、出場の可能性はそこそこ高いか

25.鳥羽一郎(20) さすがに「兄弟船」ばかりでは厳しいがのど自慢でのリクエストは相変わらず絶大、おそらく今年も出場するのでは?

26.すぎもとまさと(1) 「吾亦紅」は今年に入ってもヒットを持続、2年連続になるが出場可能性は決して低くないどころか、むしろ高いような気も

27.スキマスイッチ(3) 今年はソロ活動メインで活動休止状態、そのソロ活動が必ずしも目立っていた訳でないという現実を考えると出場可能性は高くないと思う、ただし大橋卓弥の『MUSIC JAPAN』出演回数は多く楽曲の支持はやはり高い、はっきり言うと出場可能性はものすごく微妙

28.WaT(3) WaTとしての曲は全然ヒットしなくなったが俳優としての活動は堅調、出場はかなり微妙なライン

29.北山たけし(3) 新顔の台頭が見られる中で存在感全く示せず、北島枠があるとはいえちょっと厳しいか

30.SoulJa(0) 青山テルマの応援としての出場か、それともお互い紅組歌手・白組歌手として出るのか、テルマの曲がアンサーソングというコンセプトを考えると後者の方が妥当だが話題性を考えると前者になる可能性が高いような気がする

31.山本譲二(14) 北島枠の存在がどうなるか、出場可能性は北山たけしよりほんの少し低い程度だろうか

32.キマグレン(0) デビューアルバムがいきなりの1位を記録、「LIFE」のダウンロード件数もかなりの物であるが知名度的にはまだ微妙な感じがする、ただし『MUSIC JAPAN』出演回数は多い

33.清水博正(0) 盲目の歌手ということで話題になりデビュー曲ながらヒットしたが、意外と白組演歌・歌謡曲は激戦、国民的ヒットとは到底言えないので結構厳しいような気がする

34.UVERworld(0) 若い人には人気のバンドだが聴いていない人にとっては曲の印象が薄い気がする、一応シングル年間TOP100入りクラスの売上はあるが可能性はそんなに高くはない

35.BREKAERZ(0) ボーカルのDAIGOがバラエティに多数出演、曲のヒットという面では全然大したことないので出場する可能性は高くないが話題性だけなら少なくともUVERworldよりは上

36.吉 幾三(16) ネット上でかなり話題、ただ「俺ら東京さ行ぐだ」をNHKで歌うのはどうだろう、出場可能性は低いが大穴的存在

37.童子-T(0) HIP HOPのコラボレーションの多さは話題だが、数字的なインパクトを考えると出場可能性はそんなに高くないか

38.ゆず(2) デビュー10周年、そこまで強いインパクトのヒットはないが出場する可能性は低くはないと思う

39.谷村新司(18) 北京オリンピックイヤーではあるが、中国に行って以来ほぼ一貫して出場辞退しているので、今年も出場する可能性は低いとみて良いだろう、ただし引き受ける可能性もある

40.沢田研二(17) 『SONGS』で6年ぶりのTV歌番組出演、今年還暦を迎えるなど話題性はあり、出場可能性は決して高くはないが例年よりは高い

41.槇原敬之(2) 今年は昨年のようにヒットしている訳ではない、昔の曲のストックは多数あるので出場してもいいとは思うが可能性は高くないと思う

42.細川たかし(32) 昨年は辞退したが今年復帰させるほどの理由なし、出場はかなり厳しい

43.FUNKY MONKEY BABYS(0) アルバムや着うたでしっかりと結果は残しているがブレイクした昨年の方が勢いはやはり上、出場は厳しいだろう

44.鼠先輩(0) 歌謡コンサートの出演がないのが何よりのネック、出たら面白いとは思うが出場の可能性はかなり低いと考えて良いだろう

45.堀内孝雄(19) 「置き手紙」が話題にはなるも、復帰させる理由としては乏しい、演歌歌謡曲系は候補が多く、出場する可能性は低いと考えるべきだろう

46.郷ひろみ(22) 童子-Tとのコラボなど精力的な活動をみせるも、復帰させるにはインパクト弱いか

47.Mr.Children(0) 紅白そもそものコンセプトを否定している以上、オリンピックテーマ曲を歌っていても出場を引き受ける可能性はかなり低いのではないだろうか

48.美輪明宏(0) 可能性は低いが10月に『SONGS』出演、もしかしたらの初出場はあるかもしれない

49.Gackt(5) 年末からのライブツアーとDVDリリースが今年唯一の音楽活動になりそう、昨年の出場が大河ドラマ絡みということを考えると、出場はかなり厳しい

50.米米CLUB(5) こちらも昔の曲のストックはあるにはあるが、連続出場させるほどの話題はない、出場はかなり厳しいだろう

51.山下達郎(0) 竹内まりやが出場した場合、もしかしたらこの人の出演もあるかもしれない、ただその可能性はないに等しいと考えるべきだろう

52.サザンオールスターズ(3) 絶対ないと思うが、実現したら凄いことになると思う

 

 紅組と比べると白組の予想は非常に難しいです。当落線上の歌手がものすごく多くて、誰が選ばれるか読めない部分がとても多いです。リスト外からの出場もあるかもしれないですね…。