先ほどNHKの番組内で、今年の紅白で歌われる曲が発表になりました。番組自体の内容は完全なるAKB48ヲタ御用達という趣でしたが、そんなことは気にせずにどんどん歌唱曲を解説していきましょう。

 ちなみに昨日石川遼のオープニング出演、ならびに開会宣言することが発表されました。審査員ではないということですが、かなりスケジュールが詰まっている中での出演らしいので仕方ないでしょうね。




和田アキ子「AKKOィィッ!紅白2010スペシャル」
 まさかのメドレー。いいんでしょうか。番組内で紹介された曲は「古い日記」なのでおそらくそれは歌われると思われますが、一体どういうステージになるのか想像がつきません。郷ひろみか加山雄三と対抗して、という位置づけなんでしょうか?個人的には完全なるサプライズで、それゆえに期待は出来そうです。

石川さゆり「天城越え」(1986年)
 まあ今年彼女の楽曲を担当したミュージシャンが「紅白では天城越えを聴きたい」と言うのでしたら仕方ないんでしょうね(そんな理由で選んだわけでもないでしょうが)。第37回、第48回、第50回、第53回、第56回、第59回に続いて7回目の歌唱。気がつけば6年連続古い曲を歌っている状態です。

小林幸子「母ちゃんのひとり言」(新曲)
 第32回、第55回を除いて全て新曲が選ばれていますね。今年の衣装はどうなるでしょうか。

川中美幸「二輪草」(1998年)
 確かに名曲なんですが、それにしても最近歌われ過ぎではないでしょうか。第49回、第56回、第59回に続いて4回目の歌唱。

坂本冬美「また君に恋してる」(2009年)
 2年連続で同じ曲になりましたが今年は”2010年を代表するヒット曲”としての意味合いもありますのでおのずと位置づけも変わってくるでしょう。今年の紅組トリ、あるいは大トリの最有力候補。

伍代夏子「ひとり酒」(1994年)
 古い曲ならこの曲になると思っていましたので、ある意味予想通りの選曲。チビリチビリのフレーズが耳に残る曲ですが、今年は印象強いステージを見せられるのでしょうか。曲が発表された年の第45回以来2回目の歌唱。

DREAMS COME TRUE「生きてゆくのです feat.ザ紅白スペシャルブラスバンド」(新曲)
 個人的には予想通りの選曲でした。いずれにしても、今年も大迫力のステージになること間違い無し。

中村美律子「河内おとこ節」(1989年)
 紅白で歌われたのは初出場の第43回を皮切りに第46回、第49回、第53回、第55回、第59回、第60回、そして今年でついに新記録となる8回目の歌唱。「兄弟船」「おふくろさん」「さそり座の女」を抜きました。15回出場のうち半分以上が同じ曲。なんだか凄いですね。

天童よしみ「人生みちづれ」(新曲)
 女性演歌歌手で新曲を歌うのは水森かおりと小林幸子とこの人だけ。じっくり聴かせてくれそうです。

浜崎あゆみ「Virgin Road」(新曲)
 50枚目のシングル「L」に収録されている小室哲哉作曲の大作バラード。ここ2年とは違ったステージを見せてくれそうです。

aiko「向かいあわせ」(新曲)
 「戻れない明日」ではなくこちらになりました。安定したステージになりそうです。

水森かおり「松島紀行」(新曲)
 8回目の舞台は仙台松島。来年は天橋立辺りが舞台になるのでしょうか。

平原綾香「Voyagers」(2006年)
 多分宇宙から帰還した「はやぶさ」と絡めた選曲だと思うんですが、こればっかりは全くの予想外。いや良い選曲だと思いますけどね。

倖田來未「KODA KUMI 2010 Special Medley」
 「好きで、好きで、好きで。」「Lollipop」辺りで決めるのか、適当に「キューティーハニー」辺りを混ぜるのか。さすがに2年連続で妹が出てくることはないでしょうが。

アンジェラ・アキ「輝く人」(新曲)
 順当に新曲になりました。NHKタイアップなので当然と言われれば当然ですが。

AKB48「紅白2010 AKB48神曲SP」
 番組内でのメンバー曰く3曲やるということ。ほぼ間違いなく「Beginner」「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」になるでしょう(と言いつつ「チャンスの順番」「会いたかった」辺りになるかもしれませんが)。今年の紅白はかなりAKB48をプッシュしている模様ですが、そうなるとステージもかなりの内容が期待できそうです。

いきものがかり「ありがとう」(新曲)
 最大のポイントは松下奈緒がピアノを弾くか弾かないか。こちらも今年の紅白で力を入れるステージになりそうです。

Perfume「ねぇ」(新曲)
 直近の新曲が選曲されました。今年も魅せてくれるでしょう。

水樹奈々「PHANTOM MINDS」(新曲)
 2年連続で1月に発売された曲が選曲されました。2コーラス歌唱を断然希望。

クミコ「INORI~祈り~」(新曲)
 当然ながらこの曲。曲紹介に割く時間が結構長そう。

植村花菜「トイレの神様」(新曲)
 当然ながらこの曲。歌唱時間は間違いなくかなり長そう。

西野カナ「Best Friend」(新曲)
 2月リリースのこの曲になりました。予想通りです。平成生まれのソロ歌手は彼女しかいないので、若々しさに期待。



北島三郎「風雪ながれ旅」(1980年)
 定番ですね。紅白で歌われるのは第31回、第32回、第47回、第54回、第56回に続いて6回目。今回は作詞した星野哲郎氏を偲ぶ意味の選曲でもありそうです。

加山雄三「若大将50年 スペシャルメドレー」
 番組によると一番最初に作った曲と最近作った曲の2曲が歌われるそう。ということで「夜空の星」「座・ロンリーハーツ親父バンド」でほぼ確定。70歳過ぎとは思えない若々しいステージが期待できそうです。

森 進一「襟裳岬」(1974年)
 森進一と言えばこの曲というくらいに有名な曲ですが意外にも紅白で歌われた回数は少なく、第25回、第48回に続いて3回目。

五木ひろし「おしろい花」(新曲)
 今年リリースの新曲ですが、元はといえばセルフカバー。まあヒットしたことには間違いありません。五木さんらしい選曲で良いです。

郷ひろみ「GO! GO! イヤー紅白スペシャルメドレー」
 郷ひろみが紅白でメドレーを歌うのは「お嫁サンバ’97」という名前がついた第48回以来2回目。FNS歌謡祭でよく見られるパターンのステージになるかもしれません。

細川たかし「浪花節だよ人生は」(1984年)
 これも近年結構歌われてるんですけどね。第35回、第54回、第57回に続く歌唱。紅白でこの曲の歌詞を間違える確率はここまで66.6%、今年はどうなるでしょうか。

SMAP「This is love ’10 SPメドレー」
 「This is love」を中心としたメドレーになります。他に歌われるのはc/wの「グラマラス」でしょうか、それとも幻の名曲「オレンジ」でしょうか、またまた「世界に一つだけの花」なんでしょうか。

福山雅治「道標」(2009年)
 昨年発売されたシングル「化身」のカップリングで、『THE BEST BANG!!』に新録で収められている楽曲。個人的には意外でしたが、ファンの間では十分予想できた選曲かもしれません。

TOKIO「advance」(新曲)
 3枚のリリースの中では一番リリースが早いですが、CMソングで馴染み深いこの曲。何げに初出場以来17年連続で新曲歌唱(第46回はメドレーで前の年の曲も歌ってますが)。ちなみに最長記録は26年の五木ひろし。

L’Arc~en~Ciel「BLESS」(新曲)
 当然ながらこの曲。高橋大輔か浅田真央、あるいは長島圭一郎辺りのメダリストの登場もあるかもしれません。

氷川きよし「虹色のバイヨン」(新曲)
 予想通りの新曲になりました。自分の中では白組トリ最有力候補。

ポルノグラフィティ「君は100%」(新曲)
 やはりアップテンポのこの曲になりました。トップバッターの可能性もあり?

EXILE「I Wish For You」(新曲)
 ワールドカップとは関係なく、普通にこの曲が選曲されたんだなという印象です。

コブクロ「流星」(新曲)
 後半の常連。今年も聴かせてくれそうです。

徳永英明「時の流れに身をまかせ」(1986年)
 テレサ・テンのカバーで、オリジナルでは第37回、第42回に選曲されています。当然VOCALISTのヒットを受けての選曲ですが、オリジナルで最後の紅白歌唱からかなり経った後にこういった形で選曲されるのは非常に珍しいのではないでしょうか。

嵐「2010紅白オリジナルメドレー」
 過去の曲も混ぜるのでしょうか。個人的にはいっそのこと今年のシングル6曲全曲、あわよくば大野ソロの怪物くんまで入れてほしいと思っていますが。

NYC「よく遊びよく学べ100%NYC」
 むろん「勇気100%」「よく遊びよく学べ」のメドレーだと思いますが、これならどちらか一曲にまとめた方がいいような気がするのは私だけでしょうか。

FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」(新曲)
 関係ないですが、今年のオリコン年間シングルランキングでは101位でした。楽天の田中将大選手がゲストで出てきたらなお良し。もっとも昨年はなぜかNTVの方に出ていましたが。

flumpool「君に届け」(新曲)
 同事務所のPerfumeと同様、こちらも直近の新曲が選曲されました。

遊助「ひと」(新曲)
 さすがに「ミツバチ」は選曲されませんでした。ハートウォーミングなこの曲で和ませてくれそうです。

HY「時をこえ」(新曲)
 今年のアルバム『Whistle』からこの曲。こちらもフルコーラスだと7分半ある曲なんですが。なおテーマは戦争ということで、対抗するのはクミコなのでしょうか、それとも植村花菜なのでしょうか?

AAA「逢いたい理由」(新曲)
 小室哲哉復帰第一弾となるこの曲になりました。まあ無難なところでしょう。




 とりあえずメドレーが異常に多いですね。今年は一アーティストごとの持ち時間が増えることが予想されますのである程度そういう人たちがいるのは織り込み済みでしたが、和田アキ子辺りにはちょっと参りました。あとはまあ順当なところでしょう。同じ曲を何回も歌っている人が相変わらず何人かいる所が多少気になりますが、まあスタンダードナンバーが複数ある人はそれでもいいのですが…。

 曲順は明日また予想としてアップしたいと思います。トリだけ先に考えると、今年は氷川きよしから坂本冬美に歌い継がれて締めるというのが最も美しい終わり方じゃないのかな、ということだけ記しておきます。あとはまた明日あらためて。