昨年は曲順と同時発表で選曲にかなり時間がかかりましたが、今年は割とあっさり決まりました。

和田アキ子「笑って許して」(1970年)
 メドレーでは第61回(2010年)でも歌われていますが、1曲だと初出場の第21回(1970年)、第24回(1973年)以来42年ぶり。紅白では4回目の歌唱になります。ポジションは前回の「古い日記」と同様でしょうか。

高橋真梨子「五番街のマリーへ2015」(1973年)
 「ジョニイへの伝言」はペドロ&カプリシャスとして出場した第25回(1974年)で歌われていますが、この曲は初めて。個人的には希望通りの嬉しい選出。

石川さゆり「津軽海峡冬景色」(1977年)
 2年ぶり9度目の紅白での歌唱。いつも通り。

松田聖子「赤いスイートピー」(1982年)
 代表曲なんですが意外や意外、紅白で歌われるのは今回が初めて。ファン待望の選曲と言えるでしょう。ちなみにヒット当時の紅白、第33回(1982年)で歌われたのは「野ばらのエチュード」でした。

坂本冬美「祝い酒」(1988年)
 初出場の第39回(1988年)、愛媛県と中継を繋いだ第57回(2006年)以来9年ぶり3度目の歌唱。今回も出場歌手か著名人が後ろで踊る流れでしょうか。

伍代夏子「東京五輪音頭」(1963年、三波春夫)
 まさかの選曲。これは2020年まで演歌歌手の誰かが歌い継ぐ流れなんでしょうか。

藤あや子「曼珠沙華」(1978年、山口百恵)
 そういえば山口百恵が引退したのも1980年でした。紅白で歌われるのは第54回(2003年)以来12年ぶり。

天童よしみ「人生一路」(1970年、美空ひばり)
 美空ひばりを歌うならこの曲かなと思いましたが、そういう意味では予想通り。紅白でこの曲が歌われるのはお嬢が特別出演でメドレーのトリを飾った第30回(1979年)以来、1曲のステージでは今回が初めて。

島津亜矢「帰らんちゃよか」(1996年、ばってん荒川)
 全く知らなかったのですが熊本では有名な曲らしく、1996年にばってん荒川(2006年逝去)が歌った曲を彼女が2004年にカバーしたのだそうです。これは私全く読むことができない選曲でした。

水森かおり「大和路の恋」
 というわけで今年の紅組演歌で新曲を歌うのはこの人だけですね。

今井美樹「PIECE OF MY WISH」(1991年)
 1991年にミリオンセラーを記録したヒット曲、紅白では初歌唱。「PRIDE」以降やや影に隠れがちなきらいもありましたが、ようやくという感じもします。

AKB48「AKB48 紅白2015SP~10周年記念メドレー~」
 たかみなを送り出すステージになりそうです。「唇にBe My Baby」くらいは入ると思いますが、場合によっては今年の曲を入れないセットリストになるかもしれません。

いきものがかり「ありがとう」(2010年)
 水木しげる追悼の意味を込めての選曲ですね。『ゲゲゲの女房』が放送された2010年・第61回以来紅白では2度目の歌唱。

Perfume「Pick Me Up」
 個人的には「STAR TRAIN」を見たかったところではあるのですが。初出場の「ポリリズム」は前年の曲でしたが、それ以降はずっとその年の楽曲が選曲されていますね。

AAA「恋音と雨空」
 2年ぶり2度目の選曲、前回紅組出場時もこの曲でした。前回が1番とラップで終わったので、もしかすると今年は後半を披露するという形になるのかもしれません。

西野カナ「トリセツ」
 6年連続で新曲披露。予想通り。

椎名林檎「長く短い祭~ここは地獄か天国か篇~」
 今回も凝ったステージを披露してくれそうです。

miwa「fighting-φ-girls」
 タイアップ関係なく、前回の「Faith」同様比較的年初めにリリースされた楽曲が今回も選曲されました。

NMB48「365日の紙飛行機」
 まあさや姉がいればバックがどうであろうと成立はしますが、なんかしっくりきません。

E-girls「Dance Dance Dance」
 予想通りのノーマルな選曲。

レベッカ「フレンズ」
 予想通りの選曲。じっくり聴かせてくれそうです。

Superfly「Beautiful」
 今年の楽曲になりました。パワフルなステージを期待。

μ’s「それは僕たちの奇跡」(2014年)
 2期アニメオープニング曲が選曲されました。一番ポピュラーな曲であるとともに、なんだかんだで個人的には一番好きな曲なのでベストな選択肢だと思います。

乃木坂46「君の名は希望」(2013年)
 代表曲。ここ最近の流れ通りの選曲です。

大原櫻子「瞳」
 高校サッカーで年始よく歌われた「瞳」が選曲されました。予想通りでしょうか。

森 進一「おふくろさん」(1971年)
 ラスト出場は紅白で一番歌われているこの曲を。第59回(2008年)以来7年ぶり8度目の歌唱。

五木ひろし「千曲川」(1975年)
 第26回(1975年)、第48回(1997年)以来18年ぶり3度目の歌唱。過去2回はいずれもトリ(第48回は大トリ)でしたが今回はどうでしょうか。

郷ひろみ「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン」(1984年)
 選曲は第62回(2011年)メドレー以来4年ぶり、単体では第47回(1996年)以来。紅白では4度目の歌唱になります。というより郷ひろみが近年の曲を選曲しないのもかなり久々で、第49回(1998年)の「セクシー・ユー」以来になります。

細川たかし「心のこり」(1975年)
 大ヒット曲ですが、紅白では初出場の第26回(1975年)以来歌われていません。というわけで40年ぶりの紅白歌唱。

近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)
 初出場の第32回(1981年)以来紅白では34年ぶりの歌唱。トリ候補とは言われていますが、「千曲川」「おふくろさん」「2億4千万の瞳」を差し置いてこの曲がトリというのはちょっとう~ん、と感じてしまいます。

SMAP「This is SMAPメドレー」
 位置づけとしては今回も前回同様になるのでしょうか。豪華なステージになりそうです。

X JAPAN「紅白スペシャルメドレー~We are X!~」
 過去5回メドレーでの出場はありませんでした。これまで以上のステージが期待できそうです。

福山雅治「デビュー25周年スペシャルメドレー」
 こちらもヒットメドレー。紅白に出場しなかった時期の楽曲も聴かせてくれるのでしょうか。

TOKIO「AMBITIOUS JAPAN!」(2003年)
 2年ぶり3度目の歌唱。まさか石川さゆりみたいに「LOVE YOU ONLY」とローテーションを組むことになるまいな。

氷川きよし「男花」
 16年連続で今年の曲、と思いきや「きよしのズンドコ節」は第59回(2008年)でも歌っていました。

EXILE「EXILE紅白スペシャル2015」
 なんか今年はJ-POP常連のメドレーが多いですね。

ゆず「かける」
 今年7月の配信シングル曲。てっきり「HAMO」でいくのかと思いきや割とノーマルに新曲でした。

德永英明「時代」(1975年、中島みゆき)
 第62回以来4年ぶり2度目の歌唱。カバー曲で同じ曲が選曲されるのは初めてですね。個人的には意外と予想通りでした。

嵐「New Year’s Eve Medley 2015」
 例の通りメドレー。タイトル使い回しすぎです。

美輪明宏「ヨイトマケの唄」(1965年)
 ヨイトマケ再び。3年ぶり2度目の歌唱になります。

関ジャニ∞「前向きスクリーム!」
 今年は盛り上がる新曲が選曲されました。

ゴールデンボンバー「女々しくて」(2009年)
 お約束。

三代目J Soul Brothers「Summer Madness」
 今年も歌以上に間奏で盛り上げてくれそうなステージになりそうです。

Sexy Zone「ニッポンCha-Cha-Cha チャンピオン」
 今回もなんだかメドレーと思いきや「Cha-Cha-Cha チャンピオン」で終わるパターンのような。何とも言えないタイトルのセンスです。

V6「ザッツ!V6メドレー」
 今回は何を歌ってくれるのでしょうか。

SEKAI NO OWARI「プレゼント」
 NHK合唱コンクール課題曲がそのまま順当に選曲されました。

BUMP OF CHICKEN「ray」(2014年)
 色々考えられましたが、最終的には近年の代表曲になりました。

山内惠介「スポットライト」
 順当かつ予想通りの選曲。

星野 源「SUN」
 順当かつ予想通りの選曲。

三山ひろし「お岩木山」
 順当かつ予想通りの選曲。

ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」
 政治ネタを絡められるという意味もあるでしょうか、軍配はこちらにあがりました。

小林幸子「千本桜」
 ボカロ曲が紅白で歌われるのは史上初になります。期待大。

MISIA「オルフェンズの涙」
 てっきり「桜ひとひら」かと思いきや割と順当にガンダムタイアップの新曲でした。それなら別に特別企画じゃなくてもという気はしないでもないですが…。