第70回(2019年)NHK紅白歌合戦企画発表・その4

スポンサーリンク

・YOSHIKIが紅白でKISSと夢の共演


 X JAPANで第66回から3年連続出演後、前回はHYDEサラ・ブライトマンとコラボ、今回はKISSとのコラボ。もうすっかりYOSHIKIさん紅白常連と化しています。
 KISSといえば1970年代からずっと世界の第一線で活躍し続けているハードロックバンドですが、来日公演の数も多く4年前にはももいろクローバーZとコラボレーションまでしたりして日本とはかなり馴染み深い方々。今年の来日をもってツアー活動休止という話だそうで、紅白というテレビ番組の範囲よりもはるかに重要な意味を持つステージになりそうです。
 今回は大ベテランの登場ですが、もしかするとそのうちリアルタイムの海外の大物アーティスト、今でいうとテイラー・スウィフトやエド・シーランといった方々が特別出演で毎年のように紅白で見られる時代がくるのかもしれません。

・AKB48とLiSAの曲目決定


 『シブヤノオト』でフライング発表がありました。まずLiSAは順当に今年のヒット曲「紅蓮華」で決定。ちょうど新曲「unlasting」発売による出演のタイミングでついでにという感じでしょうか。これは素直に楽しみです。

 問題はAKB48。前回BNK48との共演が印象的だった「恋するフォーチュンクッキー」を更にエスカレート?させて海外の姉妹グループ総出演。バンコクBNK48(タイ)、チェンマイCGM48(タイ)、ホーチミンSGO48(ベトナム)、ジャカルタJKT48(インドネシア)、マニラMNL48(フィリピン)、上海AKB48 Team SH(中国)、台北AKB48 Team TP(台湾)、デリーDEL48(インド)といった具合。企画そのものは良いのですが、そこに至るまでの色々な事情が今年の動きを振り返っても相当見えるので、正直複雑です。楽曲も紅白4回目の歌唱、確かにこういう企画だとこの選曲しかないとは思いますが、次回以降のネタも含めて考えるとやはり不安・心配が先行してしまいます。ステージそのものは確実に素晴らしいものに仕上がるとは思いますが…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました