第70回(2019年)NHK紅白歌合戦歌唱曲目発表+特別企画まとめ

スポンサーリンク

 本日曲目発表、そしてこの2日通して様々な企画および追加ゲスト発表がありました。

石川さゆり「津軽海峡・冬景色」(1977年)
 「天城越え」同様通算11回目の歌唱。第58回(2007年)以来交互の選曲で7巡目、もはや引くに引けない状況と化しています。ちなみにトリも両曲ともに4回ずつ、今回選ばれると4年連続通算10回目、「津軽海峡・冬景色」だけで5回目になります。果たしてどうなるでしょうか。

松田聖子「Seiko Best Single Medley」
 前回は紅白で過去歌われていない名曲が4曲選ばれましたが、今回はどうでしょうか。

坂本冬美「祝い酒~祝!令和バージョン~」(1988年)
 昭和最後の紅白で初出場を果たした時に歌われた楽曲を、令和最初の紅白で歌います。4年ぶり4回目の選曲。

天童よしみ「大阪恋時雨」
 第64回(2013年)の「ふるさと銀河」以来、6年ぶりにその年の新曲を紅白で歌います。

aiko「花火」(1999年)
 紅白初出場を果たした1年前、大きく知名度を上げるキッカケになった初ヒット曲を紅白初歌唱。

島津亜矢「糸」(1992年・中島みゆき)
 前回の「時代」に続いて、2年連続で中島みゆきの名曲を歌唱。「糸」は第65回(2014年)のクリス・ハート以来、5年ぶり2回目の選曲。

水森かおり「高遠 さくら路~イリュージョンスペシャル~」
 17年連続でその年発表されたご当地ソングを歌唱。今回も2年連続で、世界的マジシャンのメイガスとコラボレーション。紹介文には”“芸能界の大物”がイリュージョンに参加するとのうわさも”あるようですが…。

AKB48「恋するフォーチュンクッキー~紅白世界選抜SP~」
 先日発表された通り、アジア各地の48グループを集結させるステージです。紅白では2年連続4回目の歌唱。

Perfume「FUSION-紅白Ver.-」(2018年)
 「FUSION」は昨年のシングル「無限未来」c/w、アルバム『Future Pop』に収録されている楽曲。予想外でしたが、よくよく考えると昨年・今年開催されたコンセプトライブ”Reframe”では非常に重要な位置を占める楽曲で、NHKアカウントにも動画がアップされています。そう考えると、予想リストには入れておくべき楽曲でした。と言いつつも、この曲単体でのステージだと相当攻めている形になります。最先端テクノロジーをふんだんに使ったReframeの演出が、ついに紅白歌合戦でも見られるのでしょうか。

いきものがかり「風が吹いている」(2012年)
 来年の東京五輪開催に向けてという形でしょうか、ロンドン五輪NHKテーマソングで第63回(2012年)紅組トリで歌われた楽曲を7年ぶりに披露。

椎名林檎「人生は夢だらけ~お願いガッテン篇~」(2017年)
 椎名林檎が歌う『ガッテン!』のテーマソングは「ジユーダム」ですが、選曲は一昨年のアルバム『逆輸入~航空局~』に収録されたサントリー・クラフトボスティーのCMソング。確かに起用されたのは今年なので、選曲に大きな間違いはないのですが、これをどうガッテンに結びつけるのでしょうか。

MISIA「アイノカタチメドレー」(2018年)
 「アイノカタチ」は2年連続、おそらくもう1つが「つつみ込むように…」と違う選曲になると思われます。とりあえず「Everything」と予想しますが、果たしてどうなるでしょうか。

乃木坂46「シンクロニシティ」(2018年)
 今年の曲かと思いきや、なぜか昨年のヒット曲。前回は西野七瀬卒業という大トピックスがあったので必然的に別の曲にならざるを得ず、確かに紅白で歌われないとしたら勿体ないくらいの名曲ではありますが…。

Superfly「フレア」
 連続テレビ小説『スカーレット』主題歌。極めて順当な選曲。

欅坂46「不協和音」(2017年)
 2年ぶり2度目の選曲。色々な意味で、大丈夫なのでしょうかと思わず呟きたくなります。

丘みどり「紙の鶴」
 3年連続でその年の新曲。ステージや曲順はともかく、選曲に関して言えば扱いは相当良いです。

TWICE「Let’s Dance Medley 2019」
 2年連続でメドレー。おそらく今年の曲を選ぶと思いますが、うっかり「TT」とかになる可能性も今年に関して言えばおおいにありそうです…。

Little Glee Monster「ECHO」
 ここは極めて順当。たたラグビーを絡める演出はユーミンに取られてしまいました。

LiSA「紅蓮華」
 『シブヤノオト』で事前発表があった通り、今年ヒットした楽曲を順当に。

日向坂46「キュン」
 こちらもデビュー曲が順当に選曲されました。

Foorin「パプリカ-紅白スペシャルバージョン-」
 既報通り。Foorin team Eとのコラボレーションステージです。

五木ひろし「VIVA・LA・VIDA!~生きているっていいね!~」(2018年)
 第59回~第60回の「凍て鶴」以来、10年ぶり2度目の2年連続同一曲歌唱。確かにノリが良くて憶えやすくて演出もしやすくて、個人的には好きなんですけどね。

郷ひろみ「2億4千万の瞳-エキゾチック “GO!GO!”ジャパン-」
 確かに億千万は国民的ヒット曲ですが、ここ最近は2年おきに選曲されて通算6回目の歌唱。数多のヒット曲があるだけに、松田聖子ばりにメドレーでもいいような気もしますが…。

福山雅治「デビュー30周年直前SPメドレー」
 言うまでもなくパシフィコ横浜 展示ホールからライブ中継。大晦日まで曲目は分からなさそうです。

DA PUMP「DA PUMP~ONE TEAMメドレー~」
 7回目の出場ですがメドレーは今回が初めて。今年の曲がメインでしょうか、もしくは「if…」辺りを入れるのでしょうか。どちらにしても「U.S.A.」は入りそうな気もしますが。

氷川きよし「紅白限界突破スペシャルメドレー」
 紅白20回目にして初めてのメドレー。紅白限界突破ということは、これは「限界突破×サバイバー」が期待できそうです。今までにない氷川さんが見られそうで、ものすごく楽しみ。

ゆず「紅白SPメドレー 2019-2020」
 初出場した第54回(2003年)以来、紅白でメドレーを歌うのは16年ぶり。ちなみに今回は「栄光の架橋」「SEIMEI」が選曲されるようです。「栄光の架橋」は2年ぶり3度目、そして第55回(2004年)以来15年ぶりに松任谷正隆との共演が決定しています。

嵐「嵐×紅白 スペシャルメドレー」
 初出場以来、11年連続でメドレーです。

関ジャニ∞「関ジャニ∞ 前向きにきばってこーぜ!OSAKAメドレー」
 こちらは第64回(2013年)以来、6年ぶり3度目のメドレー選曲。

山内惠介「唇スカーレット」
 おそらく何かしらのバックダンサーはつくはずですが、とりあえず発表時点では第66回(2015年)以来4年ぶりに妙なサブタイトルが消えました。

星野 源「Same Thing」
 例年ほどヒットしている印象はないですが、こちらは普通に今年の新曲。

三山ひろし「望郷山河~第3回 けん玉世界記録への道~」
 けん玉ギネス記録は前回達成しましたが、今年もまたけん玉で何か世界記録を作ろうと企んでいるようです。昨年の大晦日にtwitterで猛アピールしていたNON STYLEの石田明が初参戦、そしてDJ KOOもまたまた登場。DJ KOOは4年連続、ついにTRFより紅白出場回数が多くなってしまいました。

RADWIMPS「天気の子 紅白スペシャル」
 このステージには三浦透子も加わるようで、おそらく「愛にできることはまだあるかい」「祝祭」のメドレーになるかと思います。3年前の『君の名は。』は日本記録レベルのヒット作でしたが、『天気の子』もそれに勝るとも劣らない大ヒット。紅白のステージはそれ以上に濃い内容に仕上がりそうですね。

三浦大知「Blizzard」(2018年)
 昨年12月リリースのアニメ主題歌を選曲。Youtubeでは3000万超の再生数、申し訳ないですが今年の楽曲より可能性は高いと予想していました。

Hey! Say! JUMP「上を向いて歩こう~令和スペシャルバージョン~」
 完全に予想外でしたが、よく調べれば今年NTVのドラマ主題歌で使われていました。確かにファン以外にとっては、持ち歌よりこちらの方が間違いなく親しめるというわけです。「上を向いて歩こう」も第12回(1961年)の坂本九以来、紅白で歌われる機会が本当に多いです。今回は德永英明が第63回(2012年)で歌って以来7年ぶりでしょうか。松田聖子・神田沙也加親子、南こうせつも過去歌っていました。

純烈「純烈のハッピーバースデー」
 順当に今年の新曲。

King & Prince「King & Prince ~紅白スペシャルメドレー~」
 前回は「シンデレラガール」1曲通しでしたが、今年はメドレーです。

Kis-My-Ft2「Everybody Go」(2011年)
 今年の曲ではなくデビュー曲だろうなあと予想していたら、本当にそうなりました。

GENERATIONS「EXPerience Greatness」
 こちらも過去曲を予想していましたが、普通に今年の直近リリース曲。馴染みやすい楽曲で、良いのではないでしょうか。

King Gnu「白日」
 2019年を代表する名曲が順当に選曲されています。

Official髭男dism「Pretender」
 同上。

菅田将暉「まちがいさがし」
 同上。ちなみに今年の楽曲におけるYoutube再生回数TOP3は、「Pretender」「白日」「まちがいさがし」です。

 次々と特別企画も発表されて収拾がつかなくなりそうなので、ここで一旦まとめます。しかしこれだけ並べると、今回相当多いような気がしますね…。

AI美空ひばり「あれから」
 9月のNHKスペシャル時点で予想できた企画ですね。平成の紅白でも「川の流れのように」が幾度となく歌われたり、本人の過去映像とのコラボもありましたが、それとは次元が違います。そのために楽曲まで書き下ろされてますからね…。

竹内まりや「いのちの歌」(2012年)
 待望の紅白初出場、連続テレビ小説『だんだん』劇中歌セルフカバーが選曲されています。

松任谷由実「ノーサイド」(1984年)
 今回は紅組歌手ではなく特別出演という形、ラグビーワールドカップ日本代表選手総出演のもと1984年発表の名曲「ノーサイド」がテレビ初披露されます。

ディズニースペシャルメドレー
 中元みずき「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」(アナと雪の女王2)、ダイアモンド☆ユカイ「君はともだち」(トイ・ストーリー4)、中村倫也&木下晴香「ホール・ニュー・ワールド」(アラジン)の披露が決定しています。

おしりたんてい「ププッとフムッとかいけつダンス」
 子ども向けの特別ステージは、ディズニーよりもむしろこちら。

嵐×米津玄師「カイト」
 米津玄師が提供したNHK2020ソング「カイト」を嵐がテレビ初披露。

YOSHIKI feat. KISSスペシャルステージ
 今のところこのステージの楽曲情報はまだ発表されていないようです。

ビートたけし「浅草キッド」(1986年)
 今年の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』語り担当、知る人ぞ知る名曲を紅白初披露。過去第51回(2000年)・第52回(2001年)に氷川きよしの応援で出演していますが歌うのは初めて。折角なので歌は一節程度で、ついでに表彰状芸でもガッツリやって頂ければ嬉しいのですが、どうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました