第71回(2020年)NHK紅白歌合戦歌唱曲&曲順予想

スポンサーリンク

 予想のフォーマットは例年通り、歌唱予想曲は各歌手につき10曲まで。ただ10曲も考えられない場合もあります。各歌手ごとに予想される曲目のトップテンを作成した上で、原則一番上の順位に来た曲が予想曲となります。メドレーが予想される歌手もいますがその場合、基本的に上位2~5曲が歌われると考えてもらえれば良いともにメドレーになりそうな確率も併記しています(数字は独自基準)。なおステージがどうなるか読めないためメドレーも何もサッパリ分からないという歌手に関してはとりあえず50%にしてます。

 曲の横に書いてある括弧内の数字はその曲が発表された年を示しています。中には発表された年ではなくヒットした年を掲載した物もあります。この辺りも個人的な判断とさせて頂きます。数字がない曲は今年リリースされた楽曲です。また別のアーティスト名が括弧内にあることもありますが、それはカバー曲と考えてもらえれば良いです。過去歌われた楽曲は第○回で歌われた数字だけを書くことにしました。例えば「青い珊瑚礁」の場合横に”31・46メ”と書かれていますが、これは第31回(1980年)、第46回(1995年)メドレーで歌われた曲という意味になります。

また個人的に希望する曲目も掲載します。曲名の横に☆マークがついている曲が希望曲となります。

 曲目だけでなく各歌手ごとのコメントも書いています。もうほとんどこの曲以外ない、あるいは複数曲でどれが選ばれるのかわからない、そういった部分は全てそこに書かれています。

 フォーマットは出場歌手(回数/初出場回/デビュー年/年齢)という形にしています。年齢は今年の大晦日を基準としてグループの人は○○~○○表記、デビュー年はメジャーではなくインディーズ/自主制作でCDがリリースされた年を基準にしています。デビュー前に別の芸名での活動履歴があればその時のデビュー年を表記、またCDデビュー前のライブ活動や結成年・歌手以外での活動歴は考慮に入れていません。

 今回はまず紅組出場歌手、白組出場歌手をそれぞれアイウエオ順に予想して、最後に予想曲目を入れて曲順を掲載する形にしてみました。長い前置きになりましたが、ご覧ください。

あいみょん(2年ぶり2回目/第69回/2015/25) Youtube
1.裸の心 ☆
2.マリーゴールド(2018) 69
3.生きていたんだよな(2016)
4.さよならの今日に
5.ハルノヒ(2019)
6.君はロックを聴かない(2017)
7.今夜このまま(2018)
8.空の青さを知る人よ(2019)
9.愛を伝えたいだとか(2017)
10.マシマロ
メドレーの確率:10%

 今年の「裸の心」がYoutube再生数6000万超え、主題歌となったドラマ『私の家政夫ナギサさん』も高視聴率を記録しました。ほぼこれで間違いないと思います。万一2曲メドレーになった場合はおそらく「マリーゴールド」だと思いますが、出来れば1曲で通して欲しいです。それ以外だと、歌詞がセンセーショナルな「生きていたんだよな」は要注意。

 

石川さゆり(37年連続43回目/第28回/1973/62) Youtube
1.天城越え(1986) 37・48・50・53・56・59・61・63・65・67・69
2.津軽海峡冬景色(1977) 28・33・44・51・58・60・62・64・66・68・70
3.ソーラン節(北海道民謡)
4.能登半島(1977)  54
5.ウイスキーが、お好きでしょ(1991) ☆
6.さのさ 9
7.しあわせに・なりたいね
8.花が咲いている(2018)
9.風の盆恋歌(1989) 40・49
10.暗夜の心中立て(2014)
メドレーの確率:1%

 今回も順当にいけばまず間違いなく「天城越え」なのですが、そのまま12回目歌唱というのもいかがなものでしょうか。しかし昨年度もカラオケ年間ランキングでもDAM調べで42位(「津軽海峡・冬景色」は45位)、Spotifyの再生数でも他を明らかに圧倒しています。そうなるとやっぱりこの2曲どちらかの可能性が高くなってしまいます。今年は『粋~iki~』というコンセプトアルバムをリリース、KREVAやMIYAVIとのコラボレーションもあったりして活動自体は相変わらず精力的なのですが…。ですので、夏のライブ・エールみたく民謡を歌ったり、あるいはお座敷唄を選曲する可能性も僅かですがあるかもしれません。

 

坂本冬美(17年連続31回目/第39回/1987/52) Youtube
1.ブッダのように私は死んだ ☆
2.また君に恋してる(2009) 60・61
3.夜桜お七(1994) 45・47・58・62・63・67・69
4.祝い酒(1988) 39・57・66・70
5.あばれ太鼓(1987) 46・54
6.俺でいいのか(2019)
7.男の火祭り(2013) 64・65・68
8.火の国の女(1991) 42
9.風に立つ(1999) 50・59
10.凛として(2001) 52
メドレーの確率:5%

 桑田佳祐提供の「ブッダのように私は死んだ」が話題になっています。これは2018年の紅白がきっかけだったとか。周期的にはまた「夜桜お七」になりそうですが、個人的にはどう考えてもこの新曲がベスト。ただし構成はやや難しく、フルで5分超、イントロ+1コーラスだけでも2分。冬美さんのステージで2分ちょっとは有り得ないので、最低でも1コーラス半は歌って欲しいのですが…。もっとも第64回の「男の火祭り」以降過去曲が続いているので、そういう意味でも今回は新曲を歌って欲しいと強く願います。

 

櫻坂46(初出場/第71回/2020/15~25) Youtube
1.Nobody’s fault ☆
2.サイレントマジョリティー(2016) 67
3.誰がその鐘を鳴らすのか?
4.なぜ 恋をして来なかったんだろう?
5.二人セゾン(2016)
6.風に吹かれても(2017)
7.世界には愛しかない(2016)
8.ガラスを割れ!(2018) 69
9.太陽は見上げる人を選ばない(2017)
10.不協和音(2017) 68・70
メドレーの確率:25%

 「Nobody’s fault」は間違いなく歌うと思います。焦点はもう1曲歌うか、その場合は欅坂46のメジャーシングル「サイレントマジョリティー」かラストの「誰がその鐘を鳴らすのか?」。ただ個人的にはやはり、改名して心機一転したことを考えると「Nobody’s fault」で通すべきではないでしょうか。

 

JUJU(初出場/第71回/2004/44) Youtube
1.Remember (The Good Times) ☆
2.やさしさで溢れるように(2009)
3.STAYIN’ ALIVE ☆
4.明日がくるなら(2009)
5.ラストシーン(2014)
6.奇跡を望むなら…(2006)
7.この夜を止めてよ(2010)
8.PLAYBACK(2015)
9.いいわけ(2017)
10.また明日…(2011)
メドレーの確率:70%

 長く出演しなかった紅白に出場した理由は、おそらく今年亡くなった三浦春馬との縁だと思います。賛否両論はあるかもしれないですが、予想としてはまず『世界はほしいモノにあふれてる~旅するバイヤー極上リスト~』OPテーマを冒頭に1節歌ってから1曲、という形になると思います。メインの楽曲は普通に考えると「やさしさで溢れるように」で予想もそうなってしまいますが、私は今年の楽曲で、生きることをテーマにした歌詞が耳に残る「STAYIN’ ALIVE」を推したいです。カバーシングルやアルバムもリリースしていますが、さすがに今年それを選ぶ可能性はほとんどないはず。

 

Superfly(4年連続5回目/第66回/2007/36) Youtube
1.愛をこめて花束を(2008) 68 ☆
2.Ambitious(2019)
3.My Best Of My Life(2009)
4.フレア(2019) 70
5.Wildflower(2010)
6.輝く月のように(2012)
7.タマシイレボリューション(2010)
8.Together
9.Gifts(2018) 69
10.やさしい気持ちで(2009)
メドレーの確率:1%

 今年のリリースは1月発売のアルバム『0』とサブスク限定リリースの「Together」。アルバムが前年までのシングル中心、「Together」があまり話題になっていないこと、全体的な演出を考えると今回は歌詞重視のバラードになる可能性が非常に高いと思います。あえて激しいアップテンポ、という選択肢も良いとは思いますが…。そうなると紅白では過去1度歌っているのですが、やはり圧倒的な人気を誇る「愛をこめて花束を」の可能性が一番高くなってしまいます。

 

天童よしみ(24年連続25回目/第44回/1970/66) Youtube
1.道頓堀人情(1985) 51・59・68
2.あんたの花道(2002) 53・67 ☆
3.川の流れのように(1989, 美空ひばり) 45・50・56・67
4.ソーラン祭り節(2012) 63・69
5.オトッペおんど
6.大ちゃん数え唄(1970)
7.珍島物語(1996) 48・58
8.日の出前
9.酒きずな(1993) 44
10.大阪ラプソディー(1976, 海原千里・万里)
メドレーの確率:1%

 前回は「大阪恋時雨」で2019年発表の新しい曲、今回は新しい曲に大きなトピックスもないので過去曲だと思います。Eテレで放送しているアニメの主題歌「オトッペおんど」という可能性もありますが…。個人的にはもし上沼恵美子が特別出演という暁になったら、「大阪ラプソディー」を一緒に歌って欲しいと考えているのですが、どうでしょうか。カバーをするとしたら、第56回で歌ってから15年経っているので「川の流れのように」をとりあえず予想。

 

東京事変(初出場/第71回/2004/35~37) Youtube
1.赤の同盟 ☆
2.永遠の不在証明
3.群青日和(2004) ☆
4.キラーチューン(2007)
5.青のID
6.命の帳
7.透明人間(2006)
8.アイデンティティ
9.太陽
10.SING!
メドレーの確率:60%

 NTV系ドラマ『私たちはどうかしている』主題歌、わざわざこういうタイトルにしているのだから「赤の同盟」は間違いなく歌うと思います。再生回数も400万超えで大きな問題はありません。焦点はもう1曲歌うかどうか、ここは歌うと仮定して、近年の紅白で歌われる機会が多いコナン主題歌「永遠の不在証明」でしょうか。個人的には「群青日和」など再始動前の曲を聴きたいですが。今年の曲で揃える可能性も片方過去曲を選ぶ可能性も高く、1曲に絞る可能性も十分あって予想は難しいです。予想通りに2曲歌うことになった場合のタイトルは「永遠の紅の同盟」でしょうか。なかなかしっくりきますね。

 

NiziU(初出場/第71回/2020/15~19) Youtube
1.Make you happy ☆
2.Step and a step ☆
3.Baby I’m a star
4.Boom Boom Boom
5.虹の向こうへ
6.Joyful
7.Sweet Bomb!
メドレーの確率:80%

 6月30日Youtube初公開の「Make you happy」が現在1.6億回再生、これは絶対に外せません。一方正式デビューは12月2日発売のシングル「Step and a step」、これも今後のプロモーションを考える上でもやはり外せません。というわけでかなりの高確率で2曲メドレーを予想。どちらかと言われると「Make you happy」かな、とは思いますが。

 

乃木坂46(6年連続6回目/第66回/2012/16~28) Youtube
1.Route 246
2.世界中の隣人よ ☆
3.インフルエンサー(2017) 68
4.君の名は希望(2013) 66
5.ガールズルール(2013)
6.しあわせの保護色
7.Sing Out!(2019)
8.シンクロニシティ(2018) 70
9.おいでシャンプー(2012)
10.I see…
メドレーの確率:5%

 CDシングル曲「しあわせの保護色」はどうしてもステージに白石麻衣が必要なので可能性やや薄。というわけで残るのは配信限定シングル、小室哲哉作曲で非常に憶えやすくダウンロード・ストリーミング数も多い「Route 246」でしょうか、あるいは意義のある歌詞で全員が参加できる上に、リモートなどで卒業メンバーの参加も期待できる「世界中の隣人よ」でしょうか。可能性が高いのは「Route 246」だと思いますが、個人的にはやはり後者を見たいです。

Perfume(13年連続13回目/第59回/2002/31~32) Youtube
1.edge(2008) ☆
2.Time Warp
3.チョコレイト・ディスコ(2007)
4.Dream Fighter(2008)
5.再生(2019)
6.GAME(2008)
7.Challenger(2019)
8.ポリリズム(2007) 59・70メ
9.FLASH(2016) 67
10.Party Maker(2013)
メドレーの確率:50%

 出来れば「Time Warp」が一番分かりやすくて良いのですが、現状Youtube再生回数200万くらいであまり伸びていません。彼女たちはライブに大変重きを置いているグループなので、自分が見に行った8th Tourと9月の配信ライブから考えると、ダンスインスト曲「Chrome」から「edge」に入るメドレーが一番その凄さが伝わるのではないかと思います。無観客だからこそ余計に、ライブ演出が映える選曲になることはおそらく間違いないはず。
 前回はラストに「ポリリズム」を入れて多少ファン以外へも考慮しましたが、出来れば今回はもう完全に突っ走って欲しいです。ただ「Chrome」から「edge」への繋ぎを3~4分に納めるのは結構難しいので、そこもまた悩みどころ。どうしても一般向けに入れるとしたら、「Chrome」もしくは「edge」で始めて、紅白でまだ歌っていない「チョコレイト・ディスコ」か「Dream Fighter」を希望。ですので予想タイトルは「edge」ではなく「P Cubed Special Live」という形とします。

 

日向坂46(2年連続2回目/第70回/2018/16~25) Youtube
1.アザトカワイイ ☆
2.ソンナコトナイヨ
3.ドラミソラシド(2019)
4.キュン(2019) 70
5.期待していない自分(2018)
6.青春の馬
7.誰よりも高く跳べ!(2016)
8.こんなに好きになっちゃっていいの?(2019)
9.日向坂
10.ときめき草(2019)
メドレーの確率:5%

 シングルは2月の「ソンナコトナイヨ」のみ。定石通りに考えるとそちらですが、新メンバーがそのリリース後に加入、冠番組で見せている彼女たちのキャラクターも含めて考えると、9月発売のアルバム『ひなたざか』リード曲「アザトカワイイ」の方がしっくりきます。再生回数はどちらも1000万超、どちらがきても不思議ではありません。ただ3分以上時間を使ってメドレーにする可能性は高くないように思います。ちなみにSpotifyでは「ソンナコトナイヨ」の方が2.5倍近い再生数を記録しています。

 

Foorin(2年連続2回目/第70回/2018/10~14)
1.パプリカ(2018) ☆
メドレーの確率:0%

 結局「パプリカ」以外楽曲はないので、企画含めて3年連続はほぼ確定。

 

BABYMETAL(初出場/第71回/2011/21~23) Youtube
1.ギミチョコ!!(2014) ☆
2.ヘドバンギャー!!(2012)
3.PA PA YA!! (feat. F.HERO) (2019)
4.KARATE(2016)
5.メギツネ(2013) ☆
6.Distortion(2018)
7.イジメ、ダメ、ゼッタイ(2013)
8.BxMxC
9.From Dusk Till Dawn
10.ド・キ・ド・キ☆モーニング(2011)
メドレーの確率:60%

 1曲選ぶとしたらYoutube再生回数1億超、Spotifyでも一番メインの「ギミチョコ!!」だと思います。ただどちらかと言うと2曲歌う可能性の方が高そうで、そうなるともう1曲の予想はかなり難しいです。今年の配信曲もしくは12月23日リリースのベスト『10 BABYMETAL YEARS』収録曲、とりあえず同日インディーズ盤再発となる「ヘドバンギャー!!」を予想順位にしましたが、正直分からないです。ただどの曲がきても満足度は高いです。
 ちなみに現在メンバーは2人ですが、もう1人はアベンジャーズと称される3人から1人が召喚されるというシステムになっています。ただその3人の年齢や経験を考えると、おそらくかなりの高確率で元・モーニング娘。の鞘師里保になるのではないかと予想します。

 

松田聖子(8年連続24回目/第31回/1980/58) Youtube
1.瑠璃色の地球(1986) 37・52 ☆
2.SWEET MEMORIES(1983) 50
3.青い珊瑚礁(1980) 31・46メ
4.天使のウィンク(1985) 36
5.Strawberry Time(1987) 38
6.あなたに逢いたくて~Missing You~(1996) 47・51・64メ・65
7.夏の扉(1981) 32・70メ
8.赤いスイートピー(1982) 66
9.ガラスの林檎(1983) 34
10.白いパラソル(1981)
メドレーの確率:30%

 今回は日本武道館からの中継が濃厚となります。中継出演と言えば第62回でまさかの「上を向いて歩こう」を選曲した例がありますが、娘と一緒に歌うわけではないので普通に持ち歌ではないでしょうか。
 ライブ会場からの中継の場合、観客の合唱も大きなポイントになります。となると、今回はヒットメドレーではなく1曲通しの可能性が高そうで、この演出がしっくりくるのはやはり今年セルフカバーした「瑠璃色の地球」なのかな、という気がします。ここ2年と同様のヒットメドレーをやる場合は、あえて紅白で過去歌った曲を中心に選曲するような予感がします。

 

MISIA(3年連続5回目/第63回/1998/42) Youtube
1.あなたにスマイル:) (2015) ☆
2.好いとっと
3.アイノカタチ(2018) 69メ・70メ
4.さよならも言わないままで
5.つつみ込むように…(1998) 69メ
6.Everything(2000) 63メ・70メ
7.明日へ(2011) 63メ
8.君の背中にはいつも愛がある
9.逢いたくていま(2009)
10.オルフェンズの涙(2015) 66
メドレーの確率:40%

 この人の選曲も読めません。前回3曲メドレーまではまだしも、「INTO THE LIGHT」を入れるとは全く想像もしていませんでした。
 今回GReeeeNがいるので「アイノカタチ」も考えられますが、さすがに3年連続となると少し考えもの。NHK福岡放送局開局90年ソングの「好いとっと」は個人的に見たいですが、福岡地方以外の浸透度は…。一番可能性高いのは、今年4月に立ち上げた「あなたにスマイルプロジェクト」のテーマソング「あなたにスマイル:)」だと思います。過去2年複数曲を歌ったことを考えると今回も2~3曲メドレーの可能性が高いですが、今回は「あなたにスマイル:) 」を合唱を交えてフルコーラス歌う可能性もそこそこあるのではないでしょうか。

 

水森かおり(18年連続18回目/第54回/1995/47) Youtube
1.瀬戸内 小豆島 ☆
2.鳥取砂丘(2003) 54
3.安芸の宮島(2009) 60
4.ひとり薩摩路(2007) 58
5.熊野古道(2006) 57
6.松島紀行(2010) 61
7.庄内平野 風の中(2011) 62
8.釧路湿原(2004) 55
9.東尋坊(2002)
10.五能線(2005) 56
メドレーの確率:1%

 ここはおそらく例年通りの選曲だと思います。ただイリュージョンなどステージ上の表現はかなり制約があるので、そこをどう乗り切るかが悩みどころ。

 

milet(初出場/第71回/2019/??) Youtube
1.inside you(2019) ☆
2.us(2019)
3.Who I Am
4.Prover
5.Drown(2019)
6.Tell me
7.Again and Again(2019)
8.Grab the air
9.You&I(2019)
10.Until I Die
メドレーの確率:10%

 最大ヒット曲は昨年のドラマ『偽装不倫』主題歌「us」でYoutube2000万超、もう一つ気になるのは竹内結子が主演したドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』主題歌の「inside you」でこちらもTHE HOME TAKEと合わせて2000万超。今年の曲だとこれまた現在放送中のドラマ『七人の秘書』主題歌「Who I Am」。他にも色々曲はありますが、主要どころはこの3曲のように思います。
 さすがに2曲以上選ぶことはないはずでおそらく1曲に絞るはず。意外と接戦、と考えるとよりはっきりしたトピックスのある「inside you」なのかな、という気はします。曲はいずれも甲乙つけがたく、美しい歌声を堪能している間に気がつけば曲が終わるという部分が共通しています。

 

LiSA(2年連続2回目/第70回/2010/33) Youtube
1.炎 ☆
2.紅蓮華(2019) 70 ☆
3.Catch the moment(2017)
4.愛錠
5.マコトシヤカ
6.Rising Hope(2014)
7.ADAMAS(2018)
8.だってアタシのヒーロー。(2017)
9.best day, best way(2013)
10.crossing field(2012)
メドレーの確率:50%

 社会現象にまでなっている『鬼滅の刃』劇場版主題歌「炎」を歌うのは100%間違いなし。5分フルコーラスもしくはそれに準ずる扱いで歌うか、前年歌い足りない印象もあった「紅蓮華」を加えた2曲メドレーにするかどうかが争点。かなり悩ましい選択ですが、私は2曲歌うメドレーにすると予想します。形式としては、「紅蓮華」のサビから「炎」1コーラス半が一番綺麗に収まるような気がします。第56回・2005年のドリカムみたいなイメージですね。
 かなり時間を取って力を入れるはずです。前回みたいに2分満たないステージは今回に関して言うと論外も論外なので、そこだけは強調して記しておきます。

 

Little Glee Monster(4年連続4回目/第68回/2014/19~22) Youtube
1.足跡 ☆
2.Dear My Friend feat. Pentatonix
3.好きだ。(2015) 68メ
4.愛しさにリボンをかけて(2019)
5.世界はあなたに笑いかけてる(2018) 69
6.君に届くまで(2019)
7.STARTING OVER
8.私らしく生きてみたい(2016)
9.いつかこの涙が(2017)
10.ECHO(2019) 70
メドレーの確率:20%

 NHK音楽コンクール課題曲だから必ず選ばれるとは限らないですが、グループ形態も含めて考えるとおそらくこの曲になるのではないでしょうか。ただこちらもYoutubeの再生回数が200万程度で、あまり伸びていないのが気がかりです。候補曲はリストに入れていませんが、ヘイセイかキスマイと対抗という形で筒美京平追悼メドレーになる可能性もゼロではありません。

嵐(12年連続12回目/第60回/1999/37~40) Youtube
1.カイト 70 ☆
2.A・RA・SHI(1999) 60メ・67メ・70メ ☆
3.Turning Up(2019) 70メ ☆
4.Whenever You Call ☆
5.感謝カンゲキ雨嵐(2000) 65メ ☆
6.Happiness(2008) 60メ・67メ・69メ
7.Party Starters
8.Love so sweet(2007) 60メ・67メ
9.IN THE SUMMER
10.ふるさと(2015)
メドレーの確率:95%

 メドレーは間違い無しで、大晦日のオンラインライブは今のところ時間未定。中継の可能性が高そうですが…。過去最多曲数が初出場した第60回の4曲なので、おそらく4曲場合によっては5曲歌うことが予想されます。過去には米米CLUBが第46回で10曲歌った例もありましたが、そこまで曲数は多くならないはず。演奏時間はなんだかんだで5分~6分、どんなに長くても10分以内には収まるように思います。
 NHKタイアップのCDシングル曲「カイト」は間違いなし、デビュー曲「A・RA・SHI」も非常に可能性高め、配信の中で1曲歌うとしたらブルーノ・マーズ提供の「Whenever You Call」でしょうか。「Party Starters」が最新曲ですが、本来6月リリースの予定をアメリカ抗議デモの影響で延期されたリリースであることを考慮する必要があります。配信リリースはRebornシリーズを除くと3曲あって、どれか1曲は歌われると思いますが、全く選ばれない可能性もあります。
 もう1曲はアラフェス本編ラストで歌ったシングル曲投票1位の「Turning Up」、あるいは2位の「感謝カンゲキ雨嵐」どちらかもしくは両方が歌われると考えます。「Turning Up」選曲だと今年の配信曲を選ぶ可能性は若干下がるかもしれません。そうでないにしても人気曲からで間違いなく、上のリスト以外でも「truth」「a Day in Our Life」「君のうた」「One Love」辺りが選曲される可能性も十分に考えられます。

 

五木ひろし(50年連続50回目/第22回/1965/72) Youtube
1.春夏秋冬・夢祭り ☆
2.遠き昭和の…
3.ふるさと(1973) 24・62
4.VIVA・LA・VIDA!~生きているっていいね!~ 69・70
5.千曲川(1975) 26・48・66
6.よこはま・たそがれ(1971) 22・65
7.山河(2000) 51
8.おまえとふたり(1979) 30
9.暖簾(1989) 40
10.待っている女(1972) 23
メドレーの確率:1%

 相変わらず今年も「遠き昭和の…」がロングセラー。ただ紅白で演出しやすそうなのは「春夏秋冬・夢祭り」。ヒットは明らかに前者なのですが、ヒットしない方を選ぶ選曲も過去に多々あるので、ステージの作りやすさ・演歌慣れしていない人への楽曲の親しみやすさを重視しました。そういう意味では、「VIVA・LA・VIDA!~生きているっていいね!~」3年連続も有り得ると思います。
 古い曲だと、こういう世情から帰ることが出来ない故郷の家族にエールを、ということで「ふるさと」を選ぶ可能性が非常に高いと思います。

 

瑛人(初出場/第71回/2019/23) Youtube
1.香水(2019) ☆
2.ライナウ
3.ハピネス
4.HIPHOPは歌えない
5.シンガーソングライターの彼女
6.ハピネス(2011, AI)
7.Love Forever(2009, 加藤ミリヤ×清水翔太)
8.俺は俺で生きてるよ
9.好きにすればいいさ
10.僕はバカ
メドレーの確率:1%

 大ブームになった「香水」でほぼ間違いなし。フルコーラスで約4分と考えると、2番カットという形が適当でしょうか。後半の1番手でとりあえず予想。

 

Official髭男dism(2年連続2回目/第70回/2015/25~30) Youtube
1.I LOVE… ☆
2.パラボラ
3.Laughter
4.HELLO
5.Pretender(2019) 70
6.Stand by you(2018)
7.ノーダウト(2018)
8.イエスタデイ(2019)
9.宿命(2019)
10.115万キロのフィルム(2018)
メドレーの確率:5%

 今年の上半期ほぼ一人勝ち状態だった「I LOVE…」がYoutube1億再生で、他の今年の曲を大きく上回っています。ほぼ間違いないのではないでしょうか。当然出来ればこの1曲のみで、仮に2曲以上歌うとしても今年の曲から、間違えても前回歌った「Pretender」とのメドレーだけは絶対にやめてほしいです。

 

関ジャニ∞(9年連続9回目/第63回/2004/35~39)
1.Re:LIVE ☆
2.LIFE~目の前の向こうへ~(2010)
3.浪花いろは節(2004) 63メ
4.前向きスクリーム!(2015) 66・70メ
5.侍唄 (さむらいソング)(2015)
6.ズッコケ男道(2007) 67・70メ
7.無責任ヒーロー(2008) 63メ
8.なぐりガキBEAT(2017) 68
9.オモイダマ(2014) 65
10.T.W.L.(2011) 64メ
メドレーの確率:40%

 メンバーが作詞した「Re:LIVE」は非常に良い曲ですが、8月発売とはいえ11月1日公開のMVがまだ100万に到達してないのは気になります。CDは初週で30万枚以上、前年の「友よ」より売れていますが…。
 一応今年の新曲と予想しますが、前回同様過去曲メドレーの可能性も低くありません。思い切ってバンド形式で「LIFE~目の前の向こうへ~」辺りもアリかもしれないですね。求められるのはおそらく明るいステージだと思うので、最悪の場合前回と全く同じ曲目にすることもありえます。さすがにそれは避けて欲しいですが…。

 

Kis-My-Ft2(2年連続2回目/第70回/2011/29~35)
1.ENDLESS SUMMER ☆
2.smile
3.仮面舞踏会(1986、少年隊) 37・42
4.抱きしめてTONIGHT(1988、田原俊彦)
5.AMBITIOUS JAPAN!(2003、TOKIO) 54・64・66・68
6.スニーカーぶる~す(1980、近藤真彦)
7.やめないで,PURE(1999、KinKi Kids)
8.キ・ス・ウ・マ・イ ~KISS YOUR MIND~(2013)
9.Everybody Go(2011) 70
10.Kiss魂(2015)
メドレーの確率:30%

 今年の「ENDLESS SUMMER」はデビュー曲「Everybody Go」を彷彿とさせる夏ソング。CDは初週20万枚売ってますが2コーラスVer.のMVはYoutube再生数200万程度で、知れてます。というわけで他案、まずは筒美京平ジャニーズメドレー…も考えられますが、不祥事や不倫が絡むTOKIOや近藤真彦を選ぶ度胸があるかと言われるとこれまた微妙なものがあります。ですのでそれを見越して選んだものの、女性歌手をフォロー出来ないことも含めて総合的に考えた結果、ショーコーナーに回して今年の持ち歌を歌ってもらうというオチでとりあえず予想。ただこんな単純なオチだとおそらくダメだと思います。しかし今のところ、彼らを有効に活用できるステージは他にあまり思い浮かびません。…と言いつつもヘイセイ、キスマイで2組も筒美京平メドレーをやる必要はないわけで、そもそも郷ひろみが存在しているわけで。そう考えると自分の曲を歌う可能性の方がやはり高いのではないかと思います。
 ジャニーズが集まったユニット・Twenty★Twentyの「smile」をキスマイのステージで桜井和寿も登場させて他のメンバーも一緒に、なんてことも考えられますが、それも出来れば企画ステージに回す案件で…。ここは本当に演出の腕の見せどころで、そういう点ではある意味今回の紅白の目玉とも言えるかもしれません。

King & Prince(3年連続3回目/第69回/2018/21~25)
1.Mazy Night ☆
2.I promise
3.シンデレラガール(2018) 69・70メ
4.君を待ってる(2019)
5.koi-wazurai(2019) 70メ
6.Memorial(2018)
7.Key of Heart
8.&LOVE
9.Full Time Lover
10.ゴールデンアワー(2018)
メドレーの確率:15%

 フルコーラスでなくても今年の「Mazy Night」はYoutubeで再生回数2000万に達しようとしています。おそらくこれで確定、そうでなければ12月リリースの新曲「I promise」ですね。間違えても前回みたいに「シンデレラガール」も混ぜたメドレーは止めてほしいです。格好良くてクールなステージを、敬意を払って堪能させて欲しいところ。

 

郷ひろみ(11年連続33回目/第24回/1972/65)
1.男の子女の子(1972) 24 ☆
2.あなたがいたから僕がいた(1976) 27 ☆
3.よろしく哀愁(1974) 48メ
4.誘われてフラメンコ(1975)
5.花とみつばち(1974) 25
6.花のように鳥のように(1975) 26
7.裸のビーナス(1973)
8.2億4千万の瞳(1984) 35・47・62メ・66・68・70
9.GOLDFINGER ’99(1999) 50・69
10.ウォンチュー!!!
メドレーの確率:50%

 かなりの高確率で筒美京平作品を歌うと予想しますが、メドレーは第62回以来、1970年代の楽曲の選曲は第48回以来長らく途絶えていて、それをメインにした選曲も過去ないのが難点(第48回のメインはあくまで「お嫁サンバ」でした)。「男の子女の子」はフルコーラスで3分足らず、個人的にはもう1曲加えて2曲~3曲のメドレーが理想です。7月出演のSONGSでは「男の子女の子」「誘われてフラメンコ」を歌っていたようです(今年に入ってからホームページにセットリスト掲載が無くなったのでかなり不便…)。億千万やアチチをまた歌うのも悪くはないのですが、出来れば意義のある選曲をしてもらいたいですね。

 

GENERATIONS(2年連続2回目/第70回/2012/24~29) Youtube
1.You & I ☆
2.Star Traveling
3.ヒラヒラ
4.Lonely
5.One in a Million-奇跡の夜に-(2019)
6.Lovers Again(2007, EXILE) 58
7.Y.M.C.A.(1979, 西城秀樹) 30・45・46
8.Rising Sun(2011, EXILE) 62・63・65メ・68メ
9.Choo Choo TRAIN(1991, ZOO) 54
10.AGEHA(2016)
メドレーの確率:10%

 前回新曲、代名詞と強く言える代表曲もないので今回も新曲、シングル「Loading…」収録の3曲のいずれかが一番可能性高いでしょうか。11月18日発売で、新しい曲をまだチェックしていないので分からない面もありますが、ジャニーズとの差別化という点で考えるとバラードかミディアムテンポが良いかと思います。となると5月に配信されている「You&I」、悪い選択ではなさそうです。
 Spotifyで再生数が多いのは昨年のアルバム収録曲「One in a Million-奇跡の夜に-」、これはややアップテンポ。ただ持ち歌にする場合、今年の楽曲は今のところ4月配信の「ヒラヒラ」がYoutube400万再生でおそらく新曲もそれくらいのヒットと推定、もう一つ決め手がありません。ですので場合によっては、EXILEの過去曲或いは自身のアルバムでカバーした「Y.M.C.A.」を選曲する可能性もあります。

 

純烈(3年連続3回目/第69回/2010/34~49) Youtube
1.愛をください~Don’t you cry~ ☆
2.プロポーズ(2018) 69
3.純烈のハッピーバースデー(2019) 70
4.愛でしばりたい(2017)
5.幸福あそび(2016)
6.星降る夜のサンバ(2015)
7.今夜はドラマチック(2015)
8.スターライト札幌(2014)
9.恋は青いバラ(2013)
10.涙の銀座線(2010)
メドレーの確率:1%

 新曲「愛をください~Don’t you cry~」が普通にヒットしているので、これでほぼ間違いなし。ただうっかり適当なムード歌謡辺りをカバーさせる可能性もゼロではないので、そこだけは要注意。勿論個人的な希望は、オリジナルの新曲を奇をてらわない普通の演出で歌うことです。

 

鈴木雅之(28年ぶり3回目/第42回/1980/64)
1.DADDY! DADDY! DO! feat.鈴木愛理 ☆
2.ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花 ☆
3.街角トワイライト(1981)
4.恋人(1993)
5.ランナウェイ(1980)
6.Motivation
7.ガラス越しに消えた夏(1986) 42
8.夢で逢えたら(1976, 吉田美奈子) 47
9.もう涙はいらない(1992) 43
10.違う、そうじゃない(1994)
メドレーの確率:40%

 昨年今年と話題になっている楽曲はアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』テーマソング。鈴木愛理とのコラボで「DADDY! DADDY! DO!」披露の可能性が一番高いですが、どうせなら伊原六花も呼んで「ラブ・ドラマティック」とのメドレーで聴きたいです。贅沢を言うと持ち歌も1曲加えて3曲メドレーで5分くらいやってほしいですが、さすがにそれは望み過ぎでしょうか。でもデビュー40周年なのですから、それくらいやってもいいんじゃないかという気持ちにもなります。ちなみに「街角トワイライト」は岡崎体育とのコラボ、可能性は高くないですが、もしもう1曲加えるとしたらこれではないかなと予想。その次はTHE FIRST TAKEで披露した「恋人」でしょうか。

 

SixTONES(初出場/第71回/2020/23~26) Youtube
1.Imitation Rain ☆
2.NEW ERA
3.NAVIGATOR
4.Telephone
5.NEW WORLD
6.JAPONICA STYLE(2018)
7.この星のHIKARI(2015)
8.So Addicted
9.Lemonade
10.Life in color
メドレーの確率:5%

 シングルは「Imitation Rain」「NAVIGATOR」「NEW ERA」。前2曲はYoutube再生回数1000万超え、「NEW ERA」も3週間で700万なのでおそらく超えるものと推定されます。どの曲でも良いですが、やはりデビュー曲の「Imitation Rain」が鉄板でしょう。

 

Snow Man(初出場/第71回/2020/17~28) Youtube
1.D.D. ☆
2.KISSIN’ MY LIPS
3.Stories
4.Crazy F-R-E-S-H Beat
5.Snow World
6.君の彼氏になりたい。
7.ファンターナモーレ
8.ZIG ZAG LOVE(2015)
9.Snow Dream(2018)
10.Boogie Woogie BabY(2017)
メドレーの確率:5%

 シングルは「D.D.」「KISSIN’ MY LIPS/Stories」、そして来年1月に「Grandeur」のリリースが決定しています。こちらも多分デビュー曲の「D.D.」になるはずです。ちなみに「D.D.」は「Imitation Rain」より約700万回多くYoutubeで再生されていて、現在3500万にまで達しています。
 ヘイセイやキスマイがいるのでほぼないとは思いますが、この新人2組が本ステージでジャニーズの先輩のカバーを歌うのだけは絶対に止めて欲しいです(企画なら全然OKですが)。もしそれをやると今回の紅白は大失敗確定とまで言って良いレベルなので、今はそれだけが心配です。もっとも紅白きっかけにサブスク解禁とかも事務所は考えているはずで、もしNHKがそんな案を出してきたら事務所の力を使って自分の曲を歌えるように押し通して欲しいところです。

氷川きよし(21年連続21回目/第51回/2000/43)
1.ボヘミアン・ラプソティ ☆
2.限界突破×サバイバー(2017) 70メ ☆
3.Papillon
4.おもひぞら
5.キニシナイ
6.母
7.生々流転
8.大井追っかけ音次郎(2001) 52
9.きよしのズンドコ節(2002) 53・59・68
10.きよしのソーラン節(2007) 58
メドレーの確率:60%

今年のシングルは「母」ですが、今の風貌を見てるとどう考えても素直にこれを歌いそうな気がしないというのが正直なところ。演歌枠が紅組4・白組5ということも含めて考えると、ポップス色強い楽曲を選ぶ可能性が極めて高いと思います。
6月に初のポップスアルバム『Papillon-ボヘミアン・ラプソディ-』をリリースしています。「ボヘミアン・ラプソティ」はQueenの日本語詞カバー、「Papillon」のMVは完全なるヴィジュアル系です。また「限界突破×サバイバー」は前回大好評でした。おそらく「ボヘミアン・ラプソティ」軸にもう1曲はポップス系のどちらか、場合によっては演歌ではなくポップスの楽曲でトリなんてこともあるかもしれません。

 

福山雅治(12年連続13回目/第44回/1990/51) Youtube
1.心音 ☆
2.MELODY(1993) 44 ☆
3.聖域(2017)
4.零-ZERO-(2018) 69メ・70メ
5.Squall(1999)
6.桜坂(2000) 66メ
7.1461日(2016) 67メ
8.甲子園(2018) 69メ
9.トモエ学園(2017) 68
10.虹(2003) 66メ・70メ
メドレーの確率:80%

 ドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』主題歌「心音」は12月リリースのアルバム『AKIRA』先行曲として間違いなく歌われると思います。おそらくこちらもメドレー、NHKホールで歌うなら「MELODY」、そうでなければ新しいアルバムから1曲という形になるでしょう。その場合、先行曲は全て過去の紅白で歌唱済、アルバムの新曲がまだ公表されていないのでおそらくリスト外からの選曲になるかと思います。

 

Hey! Say! JUMP(4年連続4回目/第68回/2007/27~30)
1.勇気100%(1993) 44・60・61・62・63
2.Your Song ☆
3.Muah Muah
4.Last Mermaid…
5.I am
6.仮面舞踏会(1986、少年隊) 37・42
7.抱きしめてTONIGHT(1988、田原俊彦)
8.AMBITIOUS JAPAN!(2003、TOKIO) 54・64・66・68
9.スニーカーぶる~す(1980、近藤真彦)
10.やめないで,PURE(1999、KinKi Kids)
メドレーの確率:30%

 12月発売のアルバム収録の「狼青年」はショートver.でYoutube600万回再生、ただし11月1日J Stormで一斉公開となった「Your Song」はキスマイより再生数少なめ、CD初動枚数は20万枚超で大きく変わりはないようです。キスマイよりこちらの方が筒美京平メドレーになりそうな気もしますが、そこの項で書いた通り可能性は実を言うとそんなに高くありません。
 シングルA面収録曲は今年4つありますが、正直決め手がありません。「Ultra Music Power」は第69回に歌ったばかりで、他にも世間に広く知られている歌があるかと言うと…、そういえばNYCで4年も連続で歌った「勇気100%」が最近歌われていないですね。正直全く予想はつかないですが、普通に新曲を歌うとも思えないので、まあ視聴者にエールを贈るという名目にも合うのでこれを選曲するのではないでしょうか。自信どころか根拠もまるでないですが…。

 

星野 源(6年連続6回目/第66回/2002/39) Youtube
1.折り合い
2.恋(2016) 67
3.うちで踊ろう
4.SUN(2015) 66
5.君は薔薇より美しい(1979, 布施明) 30・54・58・59 ☆
6.Family Song(2017) 68
7.ドラえもん(2018)
8.化物(2013)
9.Pop Virus(2018)
10.くだらないの中に(2011)
メドレーの確率:25%

 今年一番話題になったのは「うちで踊ろう」ですが、事の顛末を考えると個人的にはあまり…。とは言え1分程度なので、オープニング代わりに入れる可能性はあります。しかし前回みたいに『おげんさんといっしょ』から入るとすると、今回三浦大知がなぜか出場歌手に選ばれていないので少々やりにくい面があります。かと言って適当に「恋」や「SUN」を歌わせるだけでは面白味がありません。
 というわけで、こういう時こそサプライズ。ニセ明に扮して貰って「君は薔薇より美しい」を歌ってもらいましょう。たださすがに予想順位としては下げて、とりあえずはまず今年の配信曲「折り合い」3分フルコーラスで考えることにします。「折り合い」の後にサプライズ的なメドレーで…歌ってもらった後にまさかのご本人登場とか。自分で書いていてもやり過ぎだとは思いますが、絶対にあり得ない話とは言い切れないような、そんな気はしてます。

 

Mr.Children(12年ぶり2回目/第59回/1992/50~51)
1.君と重ねたモノローグ ☆
2.Birthday
3.Brand new planet
4.turn over?
5.The song of praise
6.HANABI(2008)
7.innocent world(1994)
8.しるし(2006)
9.名もなき詩(1996)
10.ヒカリノアトリエ(2017)
メドレーの確率:30%

 12月2日にアルバム『SOUNDTRACKS』リリースがあるので、必要なのはそのプロモーション。というわけでこの中から選曲される可能性が非常に高いです。おそらくフルコーラス歌唱、もう1曲歌うとしたら8分近くなりそうなので多分1曲に絞るのではないでしょうか。「君と重ねたモノローグ」が選曲されるとフルで7分半、間違いなく1曲で綺麗に収まります。
 過去曲だと往年の人気曲、あるいは三浦春馬が出演していたドラマ主題歌も考えられますが、可能性はあまり高くないと思います。特に後者の場合JUJUで大々的にやるはずなので、さすがにここでは扱わないような気がします。ただ「しるし」辺りのリクエストが多ければ、話もまた変わってきます。
 前回第59回の出演はスタジオでした。まだ発表はありませんが、出演にあたっての条件は色々あるはずなので、今回も間違いなく生演奏、おそらくまたスタジオでの歌唱になるのではないでしょうか。ただ今年はTwenty★Twentyの「Smile」を手掛けているので、もしかすると企画コーナーが設けられる場合そこに出演する可能性もありそうです。NHKホールだとトリ、ただその場合は「Birthday」と「しるし」みたいな形の2曲歌唱になる可能性が高いような気がします。

 

三山ひろし(6年連続6回目/第66回/2009/40)
1.北のおんな町 ☆
2.その名もコノハナサクヤヒメ
3.人恋酒場(2009)
4.お岩木山(2015) 66
5.四万十川(2016) 67
6.男の流儀(2017) 68
7.いごっそ魂(2018) 69
8.望郷山河(2019)
9.あやめ雨情(2014)
10.せられん(1979, 大野けんじ)
メドレーの確率:1%

 予想としては順当に「北のおんな町」になります。けん玉を絡める演出も同じだと思いますが、検索すると今年は故郷・高知とのつながりが特に深く、なんでも地元のゆるくないキャラ・カツオ人間が広めている高知のロック民謡「せられん」をコンサートで歌ったとかなんとか。更に加えると、今年12月に発売する「その名もコノハナサクヤヒメ」は浜野謙太作曲の歌謡曲。ですのでもしかすると今回は、けん玉ではなく全く違う形で新しい三山ひろしを紅白でアピールする形になるのかもしれません。とは言え「北のおんな町」は師匠・中村典正の遺作であります。そうなると、おそらく歌うのは普通にこちらになるのではないでしょうか。

 

山内惠介(6年連続6回目/第66回/2001/37) Youtube
1.残照 ☆
2.スポットライト(2015) 66
3.釧路空港(2013)
4.愛が信じられないなら(2017) 68
5.流転の波止場(2016) 67
6.唇スカーレット(2019) 70
7.恋の手本(2014)
8.風蓮湖(2009)
9.海峡雨情(2002)
10.さらせ冬の嵐(2018) 69
メドレーの確率:1%

こちらは特段インパクトの強い現象はありません。楽曲も男性演歌でトップクラスに売れている「残照」で間違いないでしょう。今年くらいは変な演出なしで、シンプルに歌わせてあげても良いのではないでしょうか。

 

ゆず(6年連続11回目/第54回/1997/43, 44) Youtube
1.公私混同 ☆
2.そのときには
3.うたエール(2018) 69
4.夏色(1998) 54メ
5.栄光の架橋(2004) 55・68・70メ
6.いつか(1999)
7.またあえる日まで(2002)
8.マスカット(2018)
9.うまく言えない(2008)
10.雨のち晴レルヤ(2013) 64
メドレーの確率:30%

 大トリを飾った第68回以外なんだかんだで必ずその年の曲は歌っているので、そう考えると「公私混同」が一歩リードでしょうか。過去曲だとテーマに合わせた「うたエール」がやはり最有力になります。

以上の曲目予想を踏まえて、考えた曲順は以下の通りです。

~前半~
紅1 Foorin「パプリカ」
白1 Hey! Say! JUMP「勇気100%」
白2 純烈「愛をください~Don’t you cry~」
紅2 Little Glee Monster「足跡」
紅3 櫻坂46「Nobody’s fault」
白3 山内惠介「残照」
白4 GENERATIONS「You&I」
紅4 天童よしみ「道頓堀人情」
紅5 milet「inside you」
白5 ゆず「公私混同」
特別企画 Twenty★Twenty「smile」
紅6 日向坂46「アザトカワイイ」
白6 Kis-My-Ft2「ENDLESS SUMMER」
白7 福山雅治「2020スペシャルメドレー」
紅7 水森かおり「瀬戸内 小豆島」
白8 五木ひろし「春夏秋冬・夢祭り」
紅8 坂本冬美「ブッダのように私は死んだ」
~後半~
紅1 NiziU「NiziUデビューメドレー」
白1 Snow Man「D.D.」
白2 SixTONES「Imitation Rain」
紅2 BABYMETAL「10th METAL REDWHITE」
紅3 YOASOBI「夜に駆ける」
白3 瑛人「香水」
白4 郷ひろみ「筒美京平追悼メドレー」
特別企画 筒美京平追悼メドレー
紅4 松田聖子「瑠璃色の地球 2020」
白5 鈴木雅之「DADDY! DADDY! DO! feat.鈴木愛理」
紅5 乃木坂46「Route 246」
白6 三山ひろし「北のおんな町」
紅6 Perfume「P Cubed Special Live」
白7 King&Prince「Mazy Night」
紅7 東京事変「永遠の紅の同盟」
白8 関ジャニ∞「Re:LIVE」
紅8 あいみょん「裸の心」
白9 星野 源「折り合い」
紅9 JUJU「やさしさで溢れるように 紅白SP」
特別企画 GReeeeN「星影のエール」
紅10 LiSA「鬼滅の刃スペシャルステージ」
白10 Official髭男dism「I LOVE…」
紅11 石川さゆり「天城越え」
白11 Mr.Children「君と重ねたモノローグ」
白12 嵐「嵐×紅白スペシャルメドレー」
紅12 Superfly「愛をこめて花束を」
白13 氷川きよし「限界突破-ボヘミアン・ラプソティ-」
紅13 MISIA「あなたにスマイル:) 」

 トップバッターは史上初、2年連続同じ曲ですがFoorin。ここは早い時間に出すのが一番良いです。「勇気100%」を選んだHey! Say! JUMPを白組トップにしてみました。曲順は今回いよいよ紅と白が攻守交代関係なくランダムになる可能性も十分考えられ、個人的にも前半はもう先攻後攻も何もない曲順を組みましたが、さすがにトップバッターとトリだけは同じ組2つ連続にはしないと思うのです。

 Little Glee Monsterは合唱コンクール課題曲なので早めの出番、櫻坂46は過去の46組初出場同様紅組3番手に置きました。櫻坂46のメインは2期生で、最年少の山崎天はまだ15歳。この点も考慮には入れています。

 演歌とジャニーズばかりだとやはり前半はしんどいので、ゆずをテコ入れ。「かける」の第66回は前半の中盤くらいでの出場だったので、前例はあります。初出場のmiletは前回のLiSAと同じくらいの曲順。

 桜井和寿もいますので、東京ドームとも中継を繋げて前半にTwenty★Twentyを企画ステージでやると予想。「公私混同」の後に入れたのは、意図的なものではなくてただの偶然です。

 日向坂46は後半2番手くらいの方が本当はしっくりくるのですが、現状の楽曲のヒット性と他の出場歌手も含めて考えるとこの辺りなのかな…という位置に落ち着きました。Kis-My-Ft2とは結果的に爽やかなアイドルソング対決、という感じに。

 福山雅治はここ数年の傾向通りの曲順でとりあえず。前半は五木ひろし坂本冬美の、大御所の新曲で締める形にしました。演出次第とは言え、演歌の新曲を3つ並べる曲順は視聴率的に少し厳しいかもしれませんが…。

 後半はフレッシュさ重視で、NiziUからスタート。ジャニーズの新顔で一気に畳み掛けます。BABYMETALは生演奏でないと味が出ないので、スタジオかどこかからの中継と一応考えてます。

 1組足りない紅組はYOASOBIが追加発表されると予想しました。曲は勿論「夜に駆ける」。レーベルやNHKの意向が読めませんが、当の本人は紅白で歌いたいとのことなので、ここは出場するという仮定で考えました。

 郷ひろみのステージからそのまま企画コーナーに入り、松田聖子の中継に入ると予想。そこからの曲順は、舞台での転換や移動を優先的に考えて決めました。JUJUのステージから、連続テレビ小説『エール』の企画とGReeeeNのステージに入ると考えます。

 LiSAOfficial髭男dismは今年の音楽シーンの中心的存在なので、可能な限り終盤に出演すると考えました。アニメとは言え『鬼滅の刃』はキッズ向けの作品ではないので、ここまで時間が押しても個人的には問題ないと考えます。定石通りなら紅組後半3番手~4番手、場合によっては前半トリといった所なのかもしれないですが。

 紅組ラストは歌唱力が極めて高い、石川さゆりSuperflyMISIAを並べました。白組はが中継ほぼ確定、Mr.Childrenも中継のような気がするのでとりあえず可能な限り終盤に入れる、ということでこの曲順。今回は中継でトリが実現する可能性も低くないと考えますが、一応トリは確実にNHKホールにいるだろうという人にしました。白組は氷川きよしでバリバリ派手に、大トリは紅組でMISIAの「あなたにスマイル:) 」に大団円、と予想します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました