・今週のビルボードチャートはこちら

 関ジャニ∞の新曲「キミトミタイセカイ」が、CDセールス21万枚に物を言わせる形で総合1位。しかしひと昔くらい前までの売上指標はオリコンのCDシングルランキングでしたが、今はCDセールス指標が7位でもHOT100には入りません。なお先週1位のSKE48はCDだけだとまだ13位ですが、総合順位は早くもHOT100圏外に沈んでいます。ヒット曲ウォッチという点では今の方が正常だと思いますが、CDセールスで伸ばすタイプのアーティストは以前と比べて大変アピールしにくい状況になりましたね。アイドル系・アニメ系もそうですが、地味にJ-ROCK系もそういう傾向が出ている気がします(ヤバいTシャツ屋さんの新曲が分かりやすい例ですね)。

 HOT20は今週も概ね変わりありませんが、先週の記事(リンク)でも取り上げたAwesome City Club「勿忘」が20位から10位にランクアップしています。楽曲の出来も大変素晴らしいので、本当にこのままロングセラーコースに乗ってブレイクを果たして欲しいです。

・GENERATIONS from EXILE TRIBE「雨のち晴れ」


 今週30位にランクインしたGENERATIONSの新曲は、ミディアムテンポで聴かせるナンバー。PVで映るレコーディング風景、打ち込み音だけでなく生音もしっかり入れているということでしょうか。メンバー1人1人のソロショットもしっかり映っていて、ファンの方には満足いく内容に仕上がっています。1番のサビで傘を使って踊るシーンも、今作におけるオススメポイント。LDHグループは他にも多数いますが、それらの中でもより親しみやすい雰囲気は、この曲を聴く限りあるように思いますね。指標は3位のCD売上が50%近くを占めていますが、他の要素も満遍なく入っていて、少なくともジャニーズや4846系ほど極端ではありません。

・Uru「ファーストラヴ」

 今週41位に初登場したUruの新曲は、同タイトルの映画主題歌となっています。2月8日先行配信で10日にCD発売。CD10位ダウンロード4位ですがストリーミングでは100位圏外。ただCHART insightを見るとストリーミングは全ポイントの25%を占めているので、それだけストリーミング市場が大きくなっていることがよく表れている結果になっています。
 楽曲はUruさんの持ち味がよく出ている、美しい声で聴かせるバラード。良い曲ではありますが、声の美しさが目立つ分少し楽曲の個性が弱い印象もあります。これは今作だけでなく、ランクインが目立つようになってからずっと気になる部分でもありますが…。ちなみにカップリングでは早くも優里「ドライフラワー」のカバーが収録されています。確かに同じソニーレーベルなので手続きはスムーズですが、カバーを歌わせるには少し早いような感もあります。ヒット曲のサイクルは、少し前と比べればどちらかと言うと遅くなっているような気もするのですが…。