紅白歌合戦×大河ドラマデータ集(21世紀編)+今年の大河からの紅白出演予想

2002年~2008年

 『武蔵』『新選組!』では出演者の応援が久々に加わります。出場歌手でもある松岡昌宏が佐々木小次郎役、香取慎吾が近藤勇役という重要な役を演じたことが大きな理由ではないかと思われます。

 『新選組!』は非常に反響の大きい作品で、放送前年だけでなくそれ以降も紅白には深く関わりました。放送年にあたる第55回はジョン・健・ヌッツォがテーマソングを歌唱、ただSMAPが出場辞退だったため曲紹介で新選組に扮したのは前川清氷川きよしです。2006年1月にはスピンオフ『新選組!! 土方歳三 最期の一日』も放送、同役を演じた山本耕史が第56回の司会を担当。SMAPもこの回に復帰、香取さんの拳を口に入れるパフォーマンスも盛り込まれました。

 第56回では『功名が辻』の仲間由紀恵も司会担当、大河出演者同士が司会をする唯一の回となっています。また仲間さんは放送年の第57回でも紅組司会、放送前後の年に紅白歌合戦の司会を担当した唯一の大河出演者となっています(今年の大泉洋が2人目になる可能性も高そうですが)。

 出場歌手に限らず、ゲストでも”実は大河に出ていた”という感じの出演者が多いのもこの時期の特徴です。例えば石坂浩二(『新選組!』佐久間象山役)や松坂慶子(『義経』時子役)は演歌中心のコーナーにおける曲紹介担当、細川茂樹(『義経』平重衡役)は仮面ライダー響鬼絡みの出演でした。

放送年度作品名主演出場歌手審査員司会/ゲストその他
2002利家とまつ唐沢寿明
松嶋菜々子
五木ひろし唐沢寿明
天海祐希

第52回(2001年)
阿部 渉
第52回(2001年)
第53回(2002年)
白組司会の阿部渉は同作品の語りを担当
2003武蔵市川新之助松岡昌宏市川新之助
米倉涼子
仲間由紀恵

第53回(2002年)
浜田 学
武藤敬司
第53回(2002年)
仲間由紀恵
中村玉緒
第54回(2003年)
松岡昌宏TOKIO所属
浜田学武藤敬司松岡昌宏と一緒に、それぞれの役に扮して登場
第54回の仲間由紀恵中村玉緒は作品と特に関係ない形で応援出演
2004新選組!香取慎吾香取慎吾
草彅 剛

(ジョン・健・ヌッツォ)
三谷幸喜
優香

第54回(2003年)
山本耕史
小林 隆
中村勘太郎

石坂浩二
第54回(2003年)
服部隆之
第55回(2004年)
山本耕史
第56回(2005年)
三谷幸喜は脚本担当
香取慎吾は第55回SMAP辞退のため出演なし
ジョン・健・ヌッツォは第55回で「新選組!メインテーマ」を歌唱、音楽担当の服部隆之が指揮
山本耕史はスピンオフ放送前年の第56回で司会、主に白組を担当
石坂浩二は作品と特に関係ない形での出演
2005義経滝沢秀明松平 健
上戸 彩
後藤真希

滝沢秀明
第55回(2004年
松坂慶子
第55回(2004年)
細川茂樹
渡辺いっけい

第56回(2005年)
松平健上戸彩は第55回のみ歌手として出場
松坂慶子細川茂樹渡辺いっけいは作品と特に関係ない形での出演
2006功名が辻仲間由紀恵
上川隆也
石川さゆり上川隆也
長澤まさみ

第56回(2005年)
仲間由紀恵
第56回(2005年)
第57回(2006年)
三宅民夫
第57回(2006年)
仲間由紀恵は第56回で主に紅組担当の司会、第57回は正式に紅組司会という肩書
総合司会の三宅民夫は同作品の語りを担当
2007風林火山内野聖陽Gackt内野聖陽
第57回(2006年)
緒形 拳
第58回(2007年)
Gacktは同作で演じた上杉謙信をイメージした「RETURNER ~闇の終焉~」を第58回で歌唱(第57回は出場せず)
緒形拳はVTRナレーションでの登場
2008篤姫宮﨑あおい宮﨑あおい
第58回(2007年)
松坂慶子
堀北真希

第59回(2008年)
沢村一樹
第59回(2008年)
放送後に大河出演者が2名審査員に名を連ねるのは第21回以来38年ぶり
沢村一樹は紅白応援隊隊員として出演

2009年~2016年+α

 スペシャル大河として2009年~2011年は12月に『坂の上の雲』が制作、そのため『天地人』『龍馬伝』『江~姫たちの戦国~』は通常より少し短い放送期間となりました。また2016年にはこちらも3期にわたってファンタジー大河『精霊の守り人』が放送されています。これらの作品も今回の表に加えました。

 『篤姫』以降は放送前だけでなく、放送後に審査員で呼ばれるケースも増加します。ただ全ての作品がそうというわけではなく、視聴率の低かった『平清盛』『花燃ゆ』は放送年の紅白で一切触れられない形になってしまいました。逆に『龍馬伝』『真田丸』は審査員だけでなく、出場歌手のステージにも反映される力の入れようです。福山雅治は『龍馬伝』以降NHKでの仕事が増加、紅白歌合戦にも現在まで13年連続出場を果たしています。

放送年度作品名主演出場歌手審査員司会/ゲストその他
2009
~2011
坂の上の雲本木雅弘本木雅弘
第59回(2008年)
阿部 寛
西田敏行
第60回(2009年)
香川照之
赤井英和
第61回(2010年)
ゲストはいずれも別番組からの参加
2009天地人妻夫木聡遊助[上地雄輔]妻夫木聡
第59回(2008年)
阿部 寛
深田恭子
城田 優

第60回(2009年)
加藤清史郎
第60回(2009年)
加藤清史郎は「こども紅白歌合戦」の白組歌手・司会として出演、開会宣言も担当
2010龍馬伝福山雅治福山雅治
前田敦子
草刈民代
第60回(2009年)
寺島しのぶ
伊勢谷友介
第61回(2010年)
武田鉄矢
第60回(2009年)
テリー伊藤

第60回(2009年)
第61回(2010年)
香川照之
第61回(2010年)
第60回の福山雅治は自身の歌唱場面以外でも長崎・龍馬ゆかりの場所から登場
前田敦子は当時AKB48所属
テリー伊藤は紅白応援隊担当、第61回はウラトークMCも兼任
香川照之はライブ会場から出演、福山雅治の髪を切る
2011江 ~姫たちの戦国~上野樹里AKIRA上野樹里
北大路欣也

第61回(2010年)
大竹しのぶ
第62回(2011年)
向井 理
第61回(2010年)
AKIRAEXILE所属
向井理は別の作品からのゲスト出演
2012平清盛松山ケンイチ西島隆弘
松田聖子
松山ケンイチ
第62回(2011年)
西島隆弘AAA所属
松田聖子は第62回のみ、第63回は不出場
2013八重の桜綾瀬はるか綾瀬はるか
第63回(2012年)
風吹ジュン
第64回(2013年)
西田敏行
第63回(2012年)
綾瀬はるか
第64回(2013年)
西田敏行は企画コーナーで「花は咲く」を歌唱
綾瀬はるかは審査員を担当した翌年に司会、大河関係では西田敏行以来23年ぶり2人目
2014軍師官兵衛岡田准一岡田准一岡田准一
第64回(2013年)
塩見三省
第64回(2013年)
岡田准一は審査員を務めた翌年にV6で歌手として初出場
塩見三省は別の作品からのゲスト出演
2015花燃ゆ井上真央乃木坂46井上真央
第65回(2014年)
伊原剛志
第65回(2014年)
伊原剛志は別の作品からのゲスト出演
乃木坂46はメンバー10名が同作にゲスト出演、紅白は第66回で初出場
2016真田丸堺 雅人星野 源
(香西かおり)
堺 雅人
大泉 洋

長澤まさみ

第66回(2015年)
草刈正雄
第67回(2016年)
有働由美子
第66回(2015年)
三浦文彰
橋本マナミ
第67回(2016年)
総合司会の有働由美子は同作品の語りを担当
香西かおりは第67回に「すき ~真田丸スペシャルVer.~」を歌唱、
冒頭に三浦文彰がテーマソング演奏、さらに橋本マナミの踊りが加わる
2016
~2018
精霊の守り人綾瀬はるか上橋菜穂子
第66回(2015年)
鈴木亮平

第68回(2017年)
綾瀬はるか
第66回(2015年)
上橋菜穂子は原作を担当

2017年~

 2017年の柴咲コウと2022年の小栗旬は主役ですが紅白歌合戦の出演は無しでした。これは極めてレアケースで、単独主演に限定すると平成以降では大原麗子(1989年『春日局』)、西田敏行(1995年『八代将軍吉宗』)の例しかありません。

 朝ドラ絡みの応援出演が飛躍的に増加した近年ですが、そのうちの1人が前後の大河ドラマに出演しているというケースも多いです。これらも一応表には加えています。最近は前年の紅白出演後に、大河の出演が発表されるケースも増加傾向にあります。

放送年度作品名主演出場歌手審査員司会/ゲストその他
2017おんな城主 直虎柴咲コウ春風亭昇太
第67回(2016年)
高橋一生
第68回(2017年)
光石 研
ムロツヨシ

第68回(2017年)
W主演以外で主役が一切紅白に登場しないのは『八代将軍吉宗』以来22年ぶり
歴代大河の単独主役で紅白未登場は萬屋錦之介(1971年に主演)、柴咲コウ、小栗旬のみ
光石研は別の作品からのゲスト出演、ムロツヨシはVTR出演
2018西郷どん鈴木亮平柏木由紀林真理子
鈴木亮平

第68回(2017年)
泉澤祐希
沢村一樹

第68回(2017年)
塚地武雅

第68回(2017年)
第69回(2018年)
林真理子は原作者
柏木由紀AKB48所属
泉澤祐希沢村一樹は別の作品からのゲスト出演
塚地武雅は主にイカ大王として紅白に出演
2019いだてん中村勘九郎
阿部サダヲ
星野 源
ビートたけし
中村勘九郎
阿部サダヲ
安藤サクラ

第69回(2018年)
菅原小春
第69回(2018年)
綾瀬はるか
第70回(2019年)
安藤サクラ菅原小春の出演発表は2018年紅白よりも後
第70回のビートたけしは歌手として特別出演した他にも各所で登場
綾瀬はるかは3回の紅組司会全てが大河絡みの人選(ファンタジー大河含む)
2020麒麟がくる長谷川博己石川さゆり長谷川博己
第70回(2019年)
染谷将太
第71回(2020年)
制作の遅れのため2021年2月まで放送
2021青天を衝け吉沢 亮吉沢 亮
第71回(2020年)
山崎育三郎
第71回(2020年)
山崎育三郎は朝ドラ『エール』からの出演
大河の出演発表は2020年紅白よりも後
2022鎌倉殿の13人小栗 旬 三谷幸喜
小池栄子
坂口健太郎

第72回(2021年)
大泉 洋
第72回(2021年)
三谷幸喜は脚本担当
坂口健太郎の出演発表は2020年紅白よりも後
大河出演者で主役以外が司会を担当するのは松たか子以来25年ぶり、放送前については初
2023どうする家康松本 潤

今年の大河出演者の予想

 2022年4月12日現在、第73回(2022年)の予想です。

 現在放送中の『鎌倉殿の13人』についてですが、大泉洋は鎌倉殿よりもSONGSの側面が強く、前回の評判を考えると今回も司会者としての続投は堅いと思われます。その他出演者では坂東彌十郎(北条時政役)や尾上松也(後鳥羽上皇役)辺りが審査員に呼ばれる可能性があると考えていますが、まだまだ分かりません。三谷作品は『新選組!』『真田丸』とも放送後の紅白でかなり大きく扱われましたが、鎌倉殿はまだ今のところそこまではいかないと考えます。語り担当の長澤まさみや北条政子役の小池栄子といった女優陣が司会に抜擢される確率は、朝ドラ絡みと比べると若干低いように思います(朝ドラに関しての記事はこちら)。

 『どうする家康』は何と言っても松本潤が主役です。で5回司会経験あり、大泉さんで無ければ彼が司会を担当する可能性も高いです。あるいは大泉さんを内村光良のような総合的役割に回して、マツジュンが男性司会を担当する形にするかもしれません。もしが再結成で紅白復帰となれば大きな話題になりそうですが、こればっかりは大野さん次第といった所でしょうか。司会でなくても、滝沢秀明岡田准一がそうであったようにゲスト審査員で登場する可能性は非常に高いと思われます。

 もしマツジュンが出演しない場合は、近年の紅白出演傾向や現在発表されているキャストから考えると有村架純ムロツヨシになるのではないかと予想します。もっともまだ主役含めて6人しか発表されていないので、この辺りはもう少し出演者が決まってから考える方がいいかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました