紅白歌合戦・各種記録集(カムバック編)

 紅白歌合戦の記録について様々な観点から取り上げる特集、今回はカムバックに焦点を当ててみたいと思います。

紅白歴代出場歌手のカムバック記録(ブランク期間編)

 紅白歌合戦は連続出場を続ける歌手が多いですが、一度落選・辞退した後に再度復帰するケースも多いです。まずは歴代最長ブランクがどれくらいなのかを、ランキング化してみました。なお出場歌手以外での復帰は含む(ただし歌唱ステージがある場合のみ)・同一人物の違うグループでのカムバックは含まないとします。

期間出場歌手復帰前ラスト回復帰回初出場備考
31年サザンオール
スターズ
第34回(1983年)第65回(2014年)第30回(1979年)原由子は第42回に紅組歌手として出演
桑田佳祐は第61回に特別枠歌手として出演
第65回は特別枠歌手として出演
29年織井茂子第11回(1960年)第40回(1989年)第4回(1953年)
29年髙橋真梨子第35回(1984年)第64回(2013年)第35回(1984年)第25回はペドロ&カプリシャスのメンバーとして出演
28年大津美子第13回(1962年)第41回(1990年)第7回(1956年)
28年舘ひろし第35回(1984年)第63回(2012年)第35回(1984年)
28年鈴木雅之第43回(1992年)第71回(2020年)第42回(1991年)第47回はRATS & STARのメンバーとして出演
28年篠原涼子第45回(1994年)第73回(2022年)第45回(1994年)
27年松尾和子第13回(1962年)第40回(1989年)第11回(1960年)第40回は和田弘とマヒナスターズとの共演ステージ
26年松山恵子第14回(1963年)第40回(1989年)第8回(1957年)
26年田端義夫第14回(1963年)第40回(1989年)第14回(1963年)
26年寺尾 聰第32回(1981年)第58回(2007年)第32回(1981年)
25年植木 等第16回(1965年)第41回(1990年)第13回(1962年)第18回・第19回はハナ肇とクレージーキャッツとして出演
第23回まで同グループから応援ゲストでの出演あり
25年あみん第33回(1982年)第58回(2007年)第33回(1982年)
25年小泉今日子第39回(1988年)第64回(2013年)第35回(1984年)第64回はゲスト歌手としての出演
24年玉置浩二第47回(1996年)第71回(2020年)第47回(1996年)第71回は特別枠歌手として出演
24年工藤静香第49回(1998年)第73回(2022年)第39回(1988年)
22年和田弘と
マヒナスターズ
第18回(1967年)第40回(1989年)第10回(1959年)第40回は松尾和子との共演ステージ
22年千 昌夫第40回(1989年)第62回(2011年)第19回(1968年)
21年ペギー葉山第19回(1968年)第40回(1989年)第5回(1954年)
21年デューク・
エイセス
第22回(1971年)第43回(1992年)第13回(1962年)実際に21年ぶり出場は4名中3名
21年舟木一夫第22回(1971年)第43回(1992年)第14回(1963年)
21年西田敏行第41回(1990年)第62回(2011年)第32回(1981年)第33回~第41回も8年のブランクあり
第60回にもゲスト審査員として出演
20年由紀さおり第43回(1992年)第63回(2012年)第20回(1969年)第29回~第38回も9年のブランクあり
第40回・第44回~第52回まで由紀さおり・安田祥子として出演
19年渡 哲也第25回(1974年)第44回(1993年)第25回(1974年)
19年ゴダイゴ第31回(1980年)第50回(1999年)第30回(1979年)
19年近藤真彦第47回(1996年)第66回(2015年)第32回(1981年)第39回~第47回も8年のブランクあり
18年雪村いづみ第22回(1971年)第40回(1989年)第5回(1954年)
18年加藤登紀子第22回(1971年)第40回(1989年)第22回(1971年)
18年尾崎紀世彦第23回(1972年)第41回(1990年)第22回(1971年)
18年欧陽菲菲第24回(1973年)第42回(1991年)第23回(1972年)
18年X JAPAN第48回(1997年)第66回(2015年)第42回(1991年)実際に18年ぶり出場は5名中4名
18年松たか子第50回(1999年)第68回(2017年)第48回(1997年)
17年山本リンダ第25回(1974年)第42回(1991年)第18回(1967年)
17年美川憲一第25回(1974年)第42回(1991年)第19回(1968年)
17年伊東ゆかり第26回(1975年)第43回(1992年)第14回(1963年)
16年平尾昌晃第13回(1962年)第29回(1978年)第11回(1960年)第13回までは平尾昌章名義
第22回にもゲスト指揮者として出演
16年森山良子第26回(1975年)第42回(1991年)第20回(1969年)
16年梓みちよ第27回(1976年)第43回(1992年)第14回(1963年)
16年いしだあゆみ第28回(1977年)第44回(1993年)第20回(1969年)
16年森 昌子第36回(1985年)第52回(2001年)第24回(1973年)
16年神野美伽第38回(1987年)第54回(2003年)第38回(1987年)
16年槇原敬之第42回(1991年)第58回(2007年)第42回(1991年)
16年福山雅治第44回(1993年)第60回(2009年)第44回(1993年)
16年DA PUMP第53回(2002年)第69回(2018年)第49回(1998年)実際に16年ぶり出場はISSAのみ
14年橋 幸夫第27回(1976年)第41回(1990年)第11回(1960年)第41回~第49回も8年のブランクあり
14年南 沙織第28回(1977年)第42回(1991年)第22回(1971年)
14年中森明菜第39回(1988年)第53回(2002年)第34回(1983年)第53回~第65回(特別枠)も12年のブランクあり
14年伊藤多喜雄第40回(1989年)第54回(2003年)第40回(1989年)
14年島津亜矢第52回(2001年)第66回(2015年)第52回(2001年)
14年安室奈美恵第54回(2003年)第68回(2017年)第46回(1995年)第68回は特別枠歌手として出演
13年海援隊第31回(1980年)第44回(1993年)第25回(1974年)武田鉄矢は第40回にソロ歌手として出演
13年長渕 剛第41回(1990年)第54回(2003年)第41回(1990年)第54回~第62回も8年のブランクあり
13年小椋 佳第45回(1994年)第58回(2007年)第44回(1993年)第58回はゲスト歌手として出演
13年さだまさし第58回(2007年)第71回(2020年)第30回(1979年)第31回~第41回も10年のブランクあり
第70回は特別枠歌手として出演
12年ピンク・レディー第28回(1977年)第40回(1989年)第28回(1977年)第41回~第51回も10年のブランクあり
12年中島みゆき第53回(2002年)第65回(2014年)第53回(2002年)
12年倉木麻衣第56回(2005年)第68回(2017年)第54回(2003年)
12年Mr.Children第59回(2008年)第71回(2020年)第59回(2008年)
12年森山直太朗第59回(2008年)第71回(2020年)第54回(2003年)第71回はゲスト歌手としての出演
12年加山雄三第61回(2010年)第73回(2022年)第17回(1966年)第73回は特別出演歌手としての出演
11年ちあきなおみ第28回(1977年)第39回(1988年)第21回(1970年)
11年春日八郎第29回(1978年)第40回(1989年)第5回(1954年)
11年米米CLUB第47回(1996年)第58回(2007年)第43回(1992年)
11年AI第56回(2005年)第67回(2016年)第56回(2005年)
10年藤山一郎第30回(1979年)第40回(1989年)第1回(1951年)第24回・第30回は特別出演歌手として出演
白組歌手としては第15回から第40回まで25年のブランク
その間に指揮者・音楽担当として出演多数
10年西城秀樹第35回(1984年)第45回(1994年)第25回(1974年)
10年三波春夫第40回(1989年)第50回(1999年)第9回(1958年)
10年布施 明第41回(1990年)第51回(2000年)第18回(1967年)
10年L’Arc~en~Ciel第51回(2000年)第61回(2010年)第49回(1998年)
10年松田聖子第52回(2001年)第62回(2011年)第31回(1980年)第62回は神田沙也加との共演ステージ
9年東海林太郎第7回(1956年)第16回(1965年)第1回(1951年)
9年渡辺はま子第15回(1964年)第24回(1973年)第1回(1951年)第24回は特別出演歌手として出演
9年三橋美智也第16回(1965年)第25回(1974年)第7回(1956年)
9年加山雄三第18回(1967年)
第39回(1988年)
第52回(2001年)
第27回(1976年)
第48回(1997年)
第61回(2010年)
第17回(1966年)
9年小林 旭第28回(1977年)第37回(1986年)第28回(1977年)
9年THE BOOM第44回(1993年)第53回(2002年)第44回(1993年)
9年SPEED第50回(1999年)第59回(2008年)第48回(1997年)
9年郷ひろみ第52回(2001年)第61回(2010年)第24回(1973年)
9年今井美樹第57回(2006年)第66回(2015年)第57回(2006年)
8年森山加代子第13回(1962年)第21回(1970年)第11回(1960年)
8年和田アキ子第29回(1978年)第37回(1986年)第21回(1970年)
8年島倉千代子第47回(1996年)第55回(2004年)第8回(1957年)
8年T.M.Revolution第56回(2005年)第64回(2013年)第48回(1997年)第64回は水樹奈々との共演ステージ

紅白歴代出場歌手のカムバック記録(回数編)

 紅白に何度も出場する歌手はほとんどが連続しての出場ですが、中には複数回落選・辞退・復帰を繰り返しているアーティストもいます。ここでは3回以上紅白復帰を果たした出場歌手を掲載します。

復帰
回数
歌手初出場復帰回全出場回数備考
6回加山雄三第17回(1966年)第27回(1976年)
第37回(1986年)
第48回(1997年)
第50回(1999年)
第61回(2010年)
第73回(2022年)
18回
(特別出演1回含む)
5回雪村いづみ第5回(1954年)第8回(1957年)
第12回(1961年)
第14回(1963年)
第22回(1971年)
第40回(1989年)
10回
(当日辞退1は含めず)
第7回は2年ぶりカムバック予定も急病の為辞退
5回森山良子第20回(1969年)第23回(1972年)
第25回(1974年)
第42回(1991年)
第48回(1997年)
第54回(2003年)
10回
4回渡辺はま子第1回(1951年)第4回(1953年)
第7回(1956年)
第15回(1964年)
第24回(1973年)
9回
(特別出演1回含む)
第24回は特別出演歌手として出演
4回藤山一郎第1回(1951年)第15回(1964年)
第24回(1973年)
第30回(1979年)
第40回(1989年)
12回
(特別出演2回含む)
第24回・第30回は特別出演歌手として出演
白組歌手としては第15回から第40回まで25年のブランク
その間に指揮者・音楽担当として出演多数
4回山本譲二第32回(1981年)第38回(1987年)
第45回(1994年)
第49回(1998年)
第51回(2000年)
13回
(グループ含むと1回)
第47回の憲三郎&ジョージ山本を含めると5回
4回布施 明第18回(1967年)第38回(1987年)
第41回(1990年)
第51回(2000年)
第54回(2003年)
25回
4回山川 豊第37回(1986年)第43回(1992年)
第48回(1997年)
第54回(2003年)
第56回(2005年)
11回
4回松田聖子第31回(1980年)第45回(1994年)
第50回(1999年)
第62回(2011年)
第64回(2013年)
24回
(発表後辞退1は含めず)
4回ゆず第54回(2003年)第60回(2009年)
第62回(2011年)
第64回(2013年)
第66回(2015年)
12回
4回香西かおり第48回(1997年)第56回(2005年)
第63回(2012年)
第67回(2016年)
19回
4回平井 堅第51回(2000年)第53回(2002年)
第58回(2007年)
第62回(2011年)
第68回(2017年)
8回
3回霧島 昇第2回(1952年)第5回(1954年)
第7回(1956年)
第9回(1958年)
5回全て2年ぶりの飛び石出場
3回高 英男第3回(1953年)第5回(1954年)
第7回(1956年)
第10回(1959年)
7回
3回織井茂子第4回(1953年)第6回(1955年)
第9回(1958年)
第40回(1989年)
6回
3回春日八郎第5回(1954年)第7回(1956年)
第25回(1974年)
第40回(1989年)
21回
3回沢田研二第23回(1972年)第28回(1977年)
第40回(1989年)
第45回(1994年)
17回
3回海援隊第25回(1972年)第31回(1980年)
第44回(1993年)
第49回(1998年)
4回第49回は当初武田鉄矢ソロとして発表も、
当日は海援隊としてクレジットされる
3回島倉千代子第8回(1957年)第39回(1988年)
第45回(1994年)
第55回(2004年)
35回
3回中村美律子第43回(1992年)第46回(1995年)
第55回(2004年)
第58回(2007年)
15回
3回郷ひろみ第24回(1973年)第41回(1990年)
第45回(1994年)
第61回(2010年)
34回
3回千 昌夫第19回(1968年)第28回(1977年)
第40回(1989年)
第62回(2011年)
16回
3回由紀さおり第20回(1969年)第38回(1987年)
第43回(1992年)
第63回(2012年)
13回
(グループ含むと23回)
第40回の由紀さおり・安田祥子を含めると4回
3回DREAMS
COME TRUE
第41回(1990年)第55回(2004年)
第60回(2009年)
第64回(2013年)
15回
3回長渕 剛第41回(1990年)第54回(2003年)
第62回(2011年)
第65回(2014年)
4回
3回絢香第57回(2006年)第62回(2011年)
第65回(2014年)
第67回(2016年)
8回
3回サザンオール
スターズ
第30回(1979年)第33回(1982年)
第65回(2014年)
第69回(2018年)
5回
(特別枠2回含む)
第65回・第69回は特別枠歌手として出演
3回さだまさし第30回(1979年)第41回(1990年)
第46回(1995年)
第71回(2020年)
21回
(特別枠2回含む)
第71回・第72回は特別枠歌手として出演
3回森山直太朗第54回(2003年)第56回(2005年)
第59回(2008年)
第71回(2020年)
4回
(ゲスト枠1回含む)
第71回はゲスト歌手として出演

審査員のカムバック記録

 2回以上ゲスト審査員を務めた方も過去に複数います。2年連続というのは稀ですが、中には何十年も空くケースもあります。ここでは15年以上空いて審査員として出演した方々をまとめました。

年数出演者出演回1出演回2肩書備考
36年大竹しのぶ第26回(1975年)第62回(2011年)女優この間にゲストで1回出演
34年林真理子第34回(1983年)第68回(2017年)作家
28年池内淳子第23回(1972年)第51回(2000年)女優
25年山崎豊子第17回(1966年)第42回(1991年)作家
25年松本幸四郎第34回(1983年)第59回(2008年)歌舞伎俳優2018年に2代・松本白鸚を襲名
24年松坂慶子第35回(1984年)第59回(2008年)女優この間にゲストで1回出演
22年吉永小百合第26回(1975年)第48回(1997年)女優
21年コシノジュンコ第41回(1990年)第62回(2011年)ファッション
デザイナー
20年松本幸四郎第11回(1960年)第31回(1980年)歌舞伎俳優1981年に初代・松本白鸚を襲名
20年森 光子第12回(1961年)第32回(1981年)女優この間に司会・ゲストで4回出演
20年加藤芳郎第17回(1966年)第37回(1986年)漫画家この間にゲストで2回出演
20年西田敏行第40回(1989年)第60回(2009年)俳優この間に司会で1回出演
19年富司純子第24回(1973年)第43回(1992年)女優第24回は寺島純子名義
19年野村萬斎第50回(1999年)第69回(2018年)狂言師
19年室伏広治第52回(2001年)第71回(2020年)陸上選手→
スポーツ庁長官
この間にゲストで1回出演
17年佐久間良子第14回(1963年)第31回(1980年)女優
16年杉村春子第9回(1958年)第25回(1974年)女優
16年緒形 拳第16回(1965年)第32回(1981年)俳優
16年岩下志麻第29回(1978年)第45回(1994年)女優
15年三船敏郎第19回(1968年)第34回(1983年)俳優
15年三田佳子第21回(1970年)第36回(1985年)女優
15年武原はん第21回(1970年)第36回(1985年)舞踊家
15年森下洋子第37回(1986年)第52回(2001年)バレリーナ
15年中村勘九郎第40回(1989年)第55回(2004年)歌舞伎俳優2005年に18代・中村勘三郎を襲名
この間に司会・ゲストで2回出演

全体についてのカムバック記録(20年以上)

 最後は歌手・審査員・ゲスト含めて20年以上ブランクの空いた紅白出演者を全て記載します。なおグループでの出場歌手も、メンバーごとに分けています。

年齢出演者出演回復帰回出演区分備考
53年三國連太郎第7回(1956年)第60回(2009年)審査員
→ゲスト
40年草刈正雄第27回(1976年)第67回(2016年)白組応援団長
→審査員
40年都倉俊一第28回(1977年)第68回(2017年)指揮者第28回は狩人のステージでゲスト指揮
第68回以降はエンディング「蛍の光」指揮
39年加藤道子第1回(1951年)第40回(1989年)紅組司会
→ゲスト
第40回は第1回紅組司会として紹介される
38年藤倉修一第2回(1952年)第40回(1989年)白組司会
→ゲスト
第40回は歴代司会者としてスピーチを務める
36年石坂浩二第18回(1967年)第54回(2003年)審査員
→ゲスト
第54回は4組のステージの紹介ナレーションを担当
35年坂東玉三郎第28回(1977年)第63回(2012年)応援ゲスト
→映像ゲスト
第28回は白組応援ゲスト
第63回は「ふるさと」の企画コーナーで写真・コメントでの出演
34年水谷八重子第12回(1961年)第46回(1995年)紅組歌手
→審査員
2代目襲名前は水谷良重の芸名で活動
34年藤田まこと第20回(1969年)第54回(2003年)応援ゲスト第20回は大河ドラマ『天と地と』をモチーフにしたコント
第54回は堀内孝雄のステージにサプライズ出演
34年林真理子第34回(1983年)第68回(2017年)審査員
31年阿木燿子第26回(1975年)第57回(2006年)応援ゲスト
→審査員
第26回は宇崎竜童の妻としてサプライズ出演
31年関口和之第34回(1983年)第65回(2014年)白組歌手
→特別枠歌手
サザンオールスターズ・ベーシスト
31年松田 弘第34回(1983年)第65回(2014年)白組歌手
→特別枠歌手
サザンオールスターズ・ドラムス
31年野沢秀行第34回(1983年)第65回(2014年)白組歌手
→特別枠歌手
サザンオールスターズ・パーカッション
31年タモリ第34回(1983年)第65回(2014年)総合司会
→審査員
30年二葉あき子第10回(1959年)第40回(1989年)紅組歌手
→ゲスト
第40回は第1回出場歌手として紹介される
29年松島詩子第11回(1960年)第40回(1989年)紅組歌手
→ゲスト
第40回は第1回出場歌手として紹介される
29年織井茂子第11回(1960年)第40回(1989年)紅組歌手
29年永 六輔第14回(1963年)第43回(1992年)ゲスト第14回は応援ゲスト、第43回は中村八大追悼ゲストとして出演
29年柏木由紀子第22回(1971年)第51回(2000年)ゲスト第22回は坂本九の婚約者としてサプライズ出演
第51回は「上を向いて歩こう」全員合唱前に、娘2人とともに紹介される
29年古手川祐子第32回(1981年)第61回(2010年)審査員
→ゲスト
第61回は連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』からゲスト出演
29年髙橋真梨子第35回(1984年)第64回(2013年)紅組歌手
28年大津美子第13回(1962年)第41回(1990年)紅組歌手
28年池内淳子第23回(1972年)第51回(2000年)審査員
28年舘ひろし第35回(1984年)第63回(2012年)白組歌手
28年篠原涼子第45回(1994年)第73回(2022年)紅組歌手
27年松尾和子第13回(1962年)第40回(1989年)紅組歌手
27年桑田佳祐第34回(1983年)第61回(2010年)白組歌手
→特別枠歌手
第34回はサザンオールスターズ・ボーカル
26年松山恵子第14回(1963年)第40回(1989年)紅組歌手
26年田端義夫第14回(1963年)第40回(1989年)白組歌手
26年志村けん第25回(1974年)第51回(2000年)応援ゲスト第25回はザ・ドリフターズの1人として出演
第51回はビートたけしと一緒に、氷川きよしのステージ前にコント
26年寺尾 聰第32回(1981年)第58回(2007年)白組歌手
25年岡村孝子第33回(1982年)第58回(2007年)紅組歌手あみん・ボーカル
25年加藤晴子第33回(1982年)第58回(2007年)紅組歌手あみん・ボーカル
25年山崎豊子第17回(1966年)第42回(1991年)審査員
25年松本幸四郎
(2代・松本白鸚)
第34回(1983年)第59回(2008年)審査員
25年小泉今日子第39回(1988年)第64回(2013年)紅組歌手
→ゲスト
第64回は連続テレビ小説『あまちゃん』メンバーでの出演
25年黒柳徹子第40回(1989年)第65回(2014年)特別ゲスト→
審査員
第40回は歴代司会者としてスピーチを務める
24年大竹しのぶ第26回(1975年)第50回(1999年)審査員
→応援ゲスト
第50回は白組司会・中村勘九郎の応援で出演
24年玉置浩二第47回(1996年)第71回(2020年)白組歌手
→特別枠歌手
24年鈴木雅之第47回(1996年)第71回(2020年)白組歌手第47回はRATS & STAR・ボーカル
24年上沼恵美子第46回(1995年)第70回(2019年)紅組司会→
審査員
28年工藤静香第49回(1998年)第73回(2022年)紅組歌手
23年佐々木敢一第17回(1966年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・コーラス&ウクレレ
23年山田競生第17回(1966年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・ベーシスト
23年森繁久彌第20回(1969年)第43回(1992年)ゲスト第20回は美空ひばりの応援ゲストとして出演
第43回はオープニングの語りを担当
23年原 由子第42回(1991年)第65回(2014年)紅組歌手
→特別枠歌手
第65回はサザンオールスターズ・キーボード
22年和田 弘第18回(1967年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・スチールギター
22年松平直樹第18回(1967年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・ボーカル
22年三原さと志第18回(1967年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・ボーカル
22年日高利昭第18回(1967年)第40回(1989年)白組歌手
→紅組歌手
和田弘とマヒナスターズ・ギタリスト
22年吉永小百合第26回(1975年)第48回(1997年)審査員
22年千 昌夫第40回(1989年)第62回(2011年)白組歌手
21年ペギー葉山第19回(1968年)第40回(1989年)紅組歌手
21年吉田一彦第22回(1971年)第43回(1992年)白組歌手デューク・エイセス・セカンドテナー
21年谷 道夫第22回(1971年)第43回(1992年)白組歌手デューク・エイセス・バリトン
21年槇野義孝第22回(1971年)第43回(1992年)白組歌手デューク・エイセス・ベース
21年舟木一夫第22回(1971年)第43回(1992年)白組歌手
21年谷 啓第23回(1972年)第44回(1993年)ゲスト第23回はハナ肇とクレージーキャッツの1人として出演
第44回は単独で往年のギャグを披露
21年コシノジュンコ第41回(1990年)第62回(2011年)審査員
20年松本幸四郎
(初代・松本白鸚)
第11回(1960年)第31回(1980年)審査員
20年平尾昌晃第29回(1978年)第49回(1998年)白組歌手
→応援ゲスト
第49回は山川豊の応援、コーラスも担当
20年松坂慶子第35回(1984年)第55回(2004年)審査員
→ゲスト
第55回は4組のステージの紹介ナレーションを担当

コメント

タイトルとURLをコピーしました