第73回(2022年)NHK紅白歌合戦歌唱曲予想・2および曲順予想

 記事の見方は以下の通りです。今年から表形式にして新しい要素を追加しました。

  • 各歌手につき10曲までランキング形式で予想される曲を列挙(一部アーティストを除く)
  • 原則ランキング1位の曲が予想曲目、メドレーなら2位か3位までが予想曲
  • 11/19現在のYouTube再生数(MVのみ)、Spotify再生数を併記
  • リリース欄は旧譜を除いて原則配信開始日を併記、YouTube公開の方が早い場合はそちらを明記
  • 2回目以降の出場歌手は過去欄で、これまでの紅白歌唱曲を第○回の数字のみを併記
  • 過去の紅白メドレー歌唱曲は”46メ”など、数字にメの文字を併記
  • カバーなど別の歌手による紅白歌唱曲は、数字を斜体で併記
  • ランキングの後に各歌手ごとのコメント掲載、メドレー予想はコメントでその旨を記述
  • 全アーティストの曲目予想掲載、最後に予想曲をもとにして曲順を予想

 後編は43組中19組、あいえうお順でNiziUなにわ男子以降、さらに最後は曲順予想も書いています。なおIVETWICEこちらをご覧ください。

紅白歌合戦歌唱曲予想(な~る)

なにわ男子(初出場/第73回/2021/20~26)

予想曲YouTube再生数リリース
1初心LOVE6615万(Dance ver)2021/11/12
2ハッピーサプライズ522万2022/11/16
3The Answer2722万(Dance ver)2022/4/27
4サチアレ2194万2022/4/27
5ちゅきちゅきハリケーン2022/7/13
6NANIWA’n WAY2129万2021/11/12
7ダイヤモンドスマイル1438万(LIVE ver)2022/1/26
8夢わたし2022/7/13
9シンシア2022/7/13
10なにわLucky Boy!!2022/7/13

 デビュー曲「初心LOVE」の可能性が最も高いように思います。もう1曲歌うかどうかが焦点ですが、その場合はカッコ良い系の「The Answer」よりキュンキュン系の「ハッピーサプライズ」の方が若干可能性高いでしょうか。ただおそらくは1曲歌唱になるのではないかと個人的には予想してます。

 

NiziU(3年連続3回目/第71回/2020/17~21)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1CLAP CLAP2161万481万2022/7/13
2Chopstick4245万2060万2021/11/11
3Make you happy30113万8833万2020/6/3071
4ASOBO2426万638万2022/4/12
5Blue Moon2022/11/20
6Step and a step11759万4448万2020/11/24
7Poppin’ Shakin’5918万2762万2021/2/20
8Take a picture8620万3575万2021/3/2972
9Need U1085282万2021/11/20
10Super Summer1311万(Dance performance)743万2021/7/5

 今年のシングル表題曲「CLAP CLAP」の可能性が一番高いです。ただ以前ほどの再生数でないことも確かで、昨年末リリースの「Chopstick」あるいは最新曲「Blue Moon」になる可能性も低くはありません。さすがにまた「Make you happy」にはならないと思いたいですが…。

乃木坂46(8年連続8回目/第66回/2012/15~29)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1ここにはないもの42.4万2022/11/19
2Sing Out!2995万1118万2019/5/3
3裸足でSummer3789万990万2016/7/8
4ジコチューで行こう!2445万895万2018/7/20
5好きというのはロックだぜ!614万145万2022/8/4
6Route 2461274万2020/7/2471
7Actually…610万242万2022/3/20
8きっかけ1823万707万2016/5/2572
9いつかできるから今日できる2718601万2017/9/21
10シンクロニシティ5213万2219万2018/4/670

 齋藤飛鳥を送り出すと同時に、5期生にとっては初めての紅白歌合戦になります。卒業を前面に出すとともに次世代へバトンを繋ぐという意味も込められた最新曲「ここにはないもの」でしょうか、もしくは飛鳥さんセンターで大人数でもステージにしやすくなぜか3年前の紅白で歌っていない「Sing Out!」でしょうか。リストには飛鳥センター曲を多く並べましたが、実際のところはこの2曲の一騎打ちではないかと思います。

 

Vaundy(初出場/第73回/2019/22)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース
1CHAINSAW BLOOD700万1391万2022/10/12
2不可幸力6498万8292万2019/11/9
3踊り子4565万6236万2021/11/17
4東京フラッシュ5103万4188万2019/9/27
5花占い2190万4003万2021/7/5
6裸の勇者1960万3179万2022/1/7
7恋風邪にのせて1174万2953万2022/3/7
8怪獣の花唄2910万5054万2020/5/11
9世界の秘密1541万3383万2020/12/27
10life hack2376万2919万2020/3/23

 とりあえず人気曲が選曲されるはずですが、その人気曲があまりにも多い上に横一線なので予想は難航を極めます。曲調がそれぞれ異なるのも、予想を難しくしているような気がします。

 順位は、再生数データとリリース日のバランスと楽曲の雰囲気を考えて総合的に決めました。過去曲だとデータ的にはやはり「不可幸力」がトップ、ただ意外と最新曲の「CHAINSAW BLOOD」が一番選曲される可能性が高いような気もします。今年3月放送の『シブヤノオト』リクエストLIVEでは、やはり「不可幸力」「踊り子」「東京フラッシュ」などデータ的に強い曲は必然的にリクエストも多くなった様子でした。

Perfume(15年連続15回目/第59回/2002/33~34)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1Flow329万221万2022/3/9
2だいじょばない198万(LIVE)878万2013/2/27
3STAR TRAIN2115万505万2015/10/28
4Spinning World238万126万2022/7/15
5再生960万577万2019/11/29
6エレクトロ・ワールド436万593万2006/6/2869メ
7ワンルーム・ディスコ1458577万2019/11/2960
8FLASH73531202万2016/3/1667
9チョコレイト・ディスコ1402万667万2007/2/14
10未来のミュージアム938万419万2013/2/27

 データ的に伸びのなかった昨年も「ポリゴンウェイヴ」が順当に選曲されたので、アルバムリリースの今年はなおさら新曲になる可能性が高いです。ただ主題歌になったドラマきっかけで「STAR TRAIN」が再評価されたり、TikTokで「だいじょばない」がバズっているという現象もあります。これまでの紅白で2006年以降各年の曲はほぼコンプリートしてますが、唯一歌っていない2019年から「再生」になる可能性もあります。順当に「Flow」という可能性が当然一番高いですが、意外な選曲がされても全く不思議でないことも確かです。

 

BE:FIRST(初出場/第73回/2021/16~24)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース
1Shining One3222万1787万2021/8/16
2Bye-Good-Bye2944万3093万2022/3/7
3Betrayal Game1559万910万2022/4/25
4Gifted.2185万942万2021/11/1
5Scream1387万629万2022/7/25
6Brave Generation437万(Lyric video)752万2022/1/31
7Kick Start574万(Lyric video)651万2021/10/6
8Message492万245万2022/8/29
9First Step290万2021/11/3
10Be Free170万2022/8/29

 プレデビュー曲「Shining One」でしょうか、もしくは今年の代表曲「Bye-Good-Bye」でしょうか。初見でもパッと聴いて分かりやすいのは、デビュー曲の前者かなという印象です。

氷川きよし(23年連続23回目/第51回/2000/45)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1限界突破×サバイバー1244万(LIVE)430万2017/8/2670メ 71
2きよしのズンドコ節34.1万(short)2002/2/653 59 68
3白雲の城24.4万(short)2003/2/1954 67
4箱根八里の半次郎20.0万(short)2000/2/251
5甲州路59.9万(short)2022/7/26
6群青の弦138万(short)2022/2/1
7ボヘミアン・ラプソディ50.4万(LIVE/short)4.3万2020/9/5
880.2万(short)2020/2/4
9Happy!44.4万(short)10.4万2021/9/14
10満天の瞳21.7万(short)2013/8/2864

 活動休止前最後の紅白は、「白組・紅組の枠を超えた」特別企画と発表されています。そうなると歌うとしたらやはり、演歌の枠を完全に飛び越えた近年の代名詞・「限界突破×サバイバー」の可能性が圧倒的に高いような気がします。

日向坂46(4年連続4回目/第70回/2018/13~26)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1月と星が踊るMidnight444万42.0万2022/9/18
2僕なんか849万166万2022/4/4
3ってか1167万325万2021/9/14
4ドレミソラシド3259万810万2019/6/11
5キュン2825万992万2019/3/2770
6アザトカワイイ2207万1274万2020/8/2071
7ソンナコトナイヨ2594万567万2020/1/23
8君しか勝たん1373万409万2021/5/2672
9青春の馬409528万2020/2/19
10キツネ260万260万2019/7/17

 今年のシングルは2作ありますが、小坂菜緒復帰の意味合いが強い「僕なんか」より「月と星が踊るMidnight」の方が可能性高いように感じます。ステージのポイントは4期生が紅白に立つかどうかですが、果たしてどうなるでしょうか。

 

福山雅治(14年連続15回目/第44回/1990/53)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1最愛407万187万+317万2008/10/1
2ヒトツボシ412万156万2022/8/31
3クスノキ26.3万(LIVE)9.5万2014/4/265メ
4KISSして385万+26.3万2007/11/21
5Squall275万(LIVE)113万+585万1999/11/17
6桜坂532万1793万2000/4/2666メ
7154万265万2010/8/11
8それがすべてさ82.4万2003/8/27
9HELLO194万621万1995/2/666メ 70メ
10道標204万(LIVE)200万2009/5/2061 72

 柴咲コウが出演受諾してKOH+のステージ、になれば話は早いのですが、どうもそうなりそうな雰囲気はありません。それ以外だと『ライブ・エール』でも紹介された長崎クスノキプロジェクトから「クスノキ」の選曲になりますが、曲の知名度・再生数がやや足りない印象もあります。今年もトリを含めた番組終盤で歌う可能性が高いと思いますが、歌唱曲の予想はかなり難しいです。なお再生数はオリジナル歌手(「Squall」は松本英子への提供曲)+セルフカバーで集計しました。

星野 源(8年連続8回目/第66回/2002/41)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1喜劇1864万6348万2022/4/8
2異世界混合大舞踏会 feat. おばけ932万691万2022/7/18
324600万3649万2016/10/567
4SUN8403万2218万2015/5/2766 (69)
5ドラえもん7568万1639万2018/2/28(70)
6Pop Virus1779万1348万2018/12/19
7Family Song3544万1070万2017/8/1668
8Week End1768万(LIVE)847万2015/12/2
9アイデア7058万2330万2018/8/2069
10創造1241万1564万2021/2/17

 『SPY×FAMILY』エンディングテーマになった「喜劇」の可能性が圧倒的に高いです。今年も生演奏の事前収録でしょうか…。

 

MISIA(5年連続7回目/第63回/1998/44)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1希望のうた15.3万(TV)4.7万2022/10/21
2おはようユニバース6.1万2022/10/21
3花はどこへ行った(未発売)
4つつみ込むように…2055万1329万1998/2/2169メ
5Everything7780万2180万2000/10/2563メ 70メ
6明日へ203万(LIVE)86.8万2011/4/2763メ 72メ
7THE GLORY DAY47.9万(LIVE)27.6万1998/11/21
8アイノカタチ5177万(LIVE)4218万2018/8/2269メ 70メ 71
9オルフェンズの涙93.8万(LIVE)409万2015/11/2566
10果てなく続くストーリー894万406万2002/1/30

 今年は新しい曲にトピックがあまりない年なので、予想は難しいです。すんなり「希望のうた」「おはようユニバース」になるとは、あまり思えません。過去曲歌唱、あるいは『ライブ・エール』で映像が停止するハプニングがあった「花はどこへ行った」歌い直しなど、あらゆることが想定されます。この10曲のリスト以外が選曲される可能性が、最も高いアーティストと言って良いでしょう。

三浦大知(3年ぶり4回目/第68回/2004/35)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1燦燦419万338万2022/4/12
2いつしか52.5万2022/10/24
3新呼吸37.1万157万2021/12/8
4Backwards373万248万2021/3/13
5Blizzard5090万2520万2017/3/1470
6EXCITE3252万(short)1282万2020/2/2668メ
7I’m Here727万838万2020/1/15
8(RE) PLAY2549万293万2019/5/15
9Be Myself707万285万2021/2/2469
10Cry & Fight591万258万2010/6/2368メ

 連続テレビ小説『ちむどんどん』主題歌の「燦燦」で間違いありません。ただ出演者が審査員やゲストで登場するかどうかは、作品の評判が評判なのでやや不透明な部分もあります。

 

水森かおり(20年連続20回目/第54回/1995/49)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1九十九里浜55.0万(short)2022/2/15
2鳴子峡31.8万(short)2021/1/19
3笑顔でいようね1.4万(short)1.4万2021/9/8
4しぶさわくんの唄0.0万2022/11/2
5鳥取砂丘2003/4/254
6東尋坊2002/4/24
7安芸の宮島2009/4/160
8松島紀行2010/4/761
9庄内平野 風の中2011/6/162
10島根恋旅2014/4/965

 前回みたいな企画はさすがに予想できないので、とりあえずこれまでの楽曲から考えます。とは言えそうなるとやはり新曲「九十九里浜」が一番手になります。ここ2年はご当地から外れた企画色強めの曲も発表していますが…。過去曲の可能性は実際のところ低く、それらよりはカバーを歌う可能性の方が高いような気がします。

三山ひろし(8年連続8回目/第66回/2009/42)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1花恋歌~はなれんか~38.4万(short)6.4万2022/1/26
2夢追い人15.4万(short)1.8万2022/6/8
3谺~こだま27.9万(short)7.9万2021/1/13
4浮世傘32.4万(short)12.7万2021/7/2872
5北のおんな町38.2万(short)15.5万2020/1/871
6望郷山河48.2万(short)6.4万2019/1/970
7いごっそ魂39.8万(short)7.0万2018/1/1069
8男の流儀75.8万(short)4.2万2017/2/868
9四万十川92.3万(short)8.9万2016/2/367
10お岩木山349万14.6万2015/2/1166

 今年は2枚シングルをリリースしていますが、ヒットしているのは「花恋歌~はなれんか~」のようです。求められているのが歌よりけん玉であるという現状を鑑みると、普通に2022年発表の曲になるものと思われます。ただ昨年の演歌で新曲を歌ったのは、三山さんと純烈のみでした。

 

milet(3年連続3回目/第71回/2019/??)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1Final Call862万166万2022/10/3
2Walkin’ In My Lane1030万839万2022/4/29
3Always You737万282万2022/8/1
4Flare528万476万2022/1/14
5Fly High1105万427万2021/11/3072
6us2870万3400万2019/7/31
7Ordinary days1618万1858万2021/7/14
8inside you1951万2149万2019/3/471
9Who I Am9481075万2020/11/12
10Drown894万1019万2019/11/6

 今年の曲のデータ的には4月発表の「Walkin’ In My Lane」を最新曲「Final Call」が追う形です。個人的にはロック調の「Final Call」が方が面白そうな気がします。もちろん「Always You」の可能性もあります。場合によっては2022北京五輪中継テーマソング「Fly High」の2年連続歌唱かもしれません。

山内惠介(8年連続8回目/第66回/2001/39)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1誰に愛されても215万(short)7.2万2022/3/2
2古傷191万(short)16.0万2021/8/31
3残照242万(short)18.3万2020/1/26
4唇スカーレット199万(short)26.4万2019/3/670
5スポットライト141万(short)37.5万2015/2/1866
6愛が信じられないなら117万(short)21.9万2017/3/2968
7さらせ冬の嵐106万(short)27.2万2018/3/2869
8釧路空港64.0万(short)8.7万2013/3/20
9恋の手本50.6万(short) 6.9万2014/3/5
10恋する街角23.3万2008/10/171

 前回はカバー、前々回は過去曲でした。カバーは予想しようがないので持ち歌からになりますが、そうなると自動的に「誰に愛されても」という形になります。ただこの曲はアップテンポの歌謡色強めの曲ではない聴かせる演歌、そうなると前回前々回で歌ってない2曲あるいは全然想像もつかないカバーがまた選曲される可能性もありそうです。

 

ゆず(8年連続13回目/第54回/1997/45, 46)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース過去
1夏色2031万1998/6/354メ
2公私混同582万(audio)835万2020/8/17
3君を想う101万70.6万2022/6/15
4栄光の架橋2426万2310万2004/7/2255 68 70メ
5桜木町106万168万2004/6/2
6NATSUMONOGATARI204万350万2021/6/2
7友~旅立ちの時~3583万577万2013/9/18
8明日の君と14.6万33.5万2022/5/18
9恋、弾けました。679万469万2017/10/13
10サヨナラバス310万1999/3/17

 今年でデビュー25周年、20周年の前回は「栄光の架橋」で大トリでした。近年は過去曲でも聴かせる選曲が多いので、そろそろ久々に紅白でも盛り上げる曲が聴きたいです。そうなるとやはり初出場の年以来歌っていない「夏色」の予想になります。

 2022年の曲以外だと近年でもっとも再生数の多い「公私混同」、前回歌わなかった「桜木町」「NATSUMONOGATARI」の2曲、あるいは2013年の紅白で選曲されなかったNコン課題曲「友~旅立ちの時~」が候補になるかと想像します。

緑黄色社会(初出場/第73回/2013/24~27)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース
1Mela!6347万7561万2020/4/13
2キャラクター1501万1201万2022/1/21
3ミチヲユケ54.8万69.7万2022/11/3
4陽はまた昇るから431万531万2022/4/10
5Shout Baby2305万3541万2020/2/8
6結証1362万437万2021/1/16
7LITMUS998万681万2021/8/13
8sabotage665万1013万2019/10/16
9ずっとずっとずっと293万880万2021/6/4
10たとえたとえ143万566万2021/3/19

 「キャラクター」「陽はまた昇るから」そして最新曲の「ミチヲユケ」、本来ならどれが歌われても全くおかしくない所ですが、ストリーミングチャートでは未だに2年前の「Mela!」が上位に入っています。そうなると紅白で演奏されるのも、必然的に「Mela!」にならざるを得ないかと思われます。

 

LE SSERAFIM(初出場/第73回/2022/16~24)

予想曲YouTube再生数Spotify再生数リリース
1FEARLESS12630万12521万2022/5/2
2ANTIFRAGILE6248万4683万2022/10/16
3Sour Grapes4404万2022/5/2
4Blue Flame3437万2022/5/2
5The Great Mermaid1145万2022/5/2
6Good Parts (when the quality is bad but I am)789万2022/10/17
7Impurities571万653万2022/10/19
8No Celestial547万2022/10/19

 デビュー曲「FEARLESS」の方が再生数多いですが、曲のインパクトは「ANTIFRAGLE」の方が強いです。おそらくデビュー曲だとは思いますが、どちらが選曲されても不思議はありません。

曲順予想

 前回の記事も含めた曲目予想を踏まえて、考えた曲順は以下の通りです。今後出場歌手に特別枠や企画などの追加は間違いなく入りますが、それ抜きでまずは考えます。

前半

白1 なにわ男子「初心LOVE」
紅1 NiziU「CLAP CLAP」
白2 Saucy Dog「シンデレラボーイ」
紅2 日向坂46「月と星が踊るMidnight」
紅3 IVE「ELEVEN」
白3 山内惠介「誰に愛されても」
白4 JO1「SuperCali」
紅4 天童よしみ「帰郷」
白5 SixTONES「Good Luck!」
紅5 milet「Final Call」
白6 三浦大知「燦燦」
紅6 工藤静香「黄砂に吹かれて」
白7 King Gnu「Stardom」
紅7 水森かおり「九十九里浜」
紅8 LE SSERAFIM「FEARLESS」
白8 純烈「プロポーズ」
紅9 坂本冬美「また君に恋してる」
白9 BE:FIRST「Shining One」
紅10 乃木坂46「ここにはないもの」
白10 郷ひろみ「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」

後半

紅1 ウタ「新時代~ONE PIECE FILM RED スペシャルステージ~」
白1 Snow Man「ブラザービート」
白2 KinKi Kids「全部だきしめて」
紅2 緑黄色社会「Mela!」
白3 関ジャニ∞「喝采」
紅3 あいみょん「双葉」
白4 King & Prince「紅白ラストメドレー」
白5 三山ひろし「花恋歌~はなれんか~」
紅4 Aimer「残響散歌」
白6 星野 源「喜劇」
紅5 Superfly「Presence」
白7 Vaundy「CHAINSAW BLOOD」
紅6 篠原涼子「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」
紅7 TWICE「Celebrate」
紅8 SEKAI NO OWARI「Habit」
白8 鈴木雅之「違う、そうじゃない」
紅9 Perfume「Flow」
白9 Official髭男dism「Subtitle」
白10 福山雅治「最愛~ヒトツボシ ガリレオメドレー」
紅10 石川さゆり「天城越え」
企画:氷川きよし「限界突破×サバイバー」
紅11 MISIA「希望のうた」
白11 ゆず「夏色 2023」

解説

 細かい曲順や流れはまだ出演者が完全に決まってない以上予想しようがないのですが、とりあえず現時点でという形で考えてみました。

 前半と後半の振り分けですが、IVELE SSERAFIMは最年少のメンバーが16歳なのでほぼ間違いなく前半です(IVE最年少メンバー・イソは15歳ですが早生まれ)。この2組は韓国の大晦日番組の生出演も考えられるので、現地から中継の可能性もあります。予想では別々の曲順にしましたが、仮に中継の場合2組続けてのステージになると思われます。なお第71回のNiziUは最年少のNINAが早生まれ15歳という年齢でしたが、21時になってすぐ後半トップバッターでの出演でした。

 BE:FIRSTも最年少が16歳なのでおそらく前半、遅くても後半トップバッターになるかと思われます。JO1は最年少が20歳なので後半の出演でも問題ありませんが、現時点ではおそらく前半ではないかと予想します。またこれまでの紅白では後半の出演が多い乃木坂46も今年5期生メンバーが追加、中学生の1人は時間的に厳しいとしても出来る限りのメンバーが飛鳥さんを見送って欲しいという気持ちを込めて前半紅組トリの予想としました。

 演歌勢は概ね前半、小田井さんラストの純烈も前半の終盤と予想しています。朝ドラの三浦大知、母娘共演が予想される工藤静香も前半にしました。またサッカー中継テーマソングのKing Gnuも3年前の出演時、さらに前回W杯中継歌の曲順を踏まえて前半にしています。

 トップバッターはジャニーズでも大人気を誇る初出場のなにわ男子としました。紅組トップは初出場のK-POPアーティストも考えましたが、ここは経験を買ってNiziUとします。前半大トリは50周年の郷ひろみ、場合によっては前半だけでなく全編トリで締めることも考えられます。

 前半の曲順は対戦カードや流れよりも、SNSにおけるバズの強弱を重視して考えてみました。特にSNSでの書き込みが多くなると思われるアーティストは、あまり連続で出さないようにしています。

 後半はONE PIECEのウタからスタート、白組は勢いのあるSnow Manをトップにしています。ジャニーズが4組続いてしまいましたが、エンディングの時点で移動しているはずなのであまり遅い曲順には出来ません。King & Princeはもう少し後ろにしたい所でしたが…。

 けん玉のギネス挑戦を挟んで、Aimer以降は4曲アニメタイアップで並べてみました。その直後に『ストリートファイターII』の篠原涼子を配します。またPerfumeから福山雅治はドラマ主題歌を並べる形、ただこの曲にするとOfficial髭男dismと福山さんのどちらかはスタジオからの出演になる可能性も高そうです。終盤は後から発表されるステージがかなり入ると思われるので、トリ2つ前・3つ前というイメージでは捉えない方が良いかもしれません。

 氷川きよしはトリ前、トリはMISIAゆずにしました。さすがに3年連続同じ組み合わせのトリにはせず、少なくともどちらかは交代になると予想します。他の紅組トリ候補は石川さゆり坂本冬美Superflyで大穴がSEKAI NO OWARI、白組トリは福山雅治郷ひろみで状況次第ではOfficial髭男dismの抜擢も有り得ると考えています。

コメント

  1. すみません、把握していないようなので
    書かせていただきますが、福山雅治さんは今年3年ぶりに大晦日に年越しライブを
    やるそうなので、選曲に関わらず中継出演になります。
    それ以外だとVaundyさんは”おもかげ-self cover-“がNHKドラマ主題歌になった
    そうなので選曲されるかもしれません。
    ご参考までに。

  2. 更新ありがとうございます。
    確かに福山雅治は大晦日にライブがありますが、開場が13時半・開演が15時で、翌日にもライブがあるため中継の可能性は低いと考えます。
    おそらく白組トリが濃厚ですが、対抗にゆずやKinKi Kids、大穴で郷ひろみの可能性もありそうです。
    大トリはもちろんMISIAで、来年以降も出場すれば毎回大トリと考えて良さそうです。
    前半予想の工藤静香・坂本冬美・三浦大知・King Gnuは後半、後半予想のSnow Man・緑黄色社会・Vaundy・TWICEは前半でも良いかもしれません。

  3. 前回もそうでしたが、KinKi Kidsはカウコンは録画出演になると思うので、トリの可能性もあると思います。(拓郎も会場に来るのでは?)

    緑黄色社会とVaundyは前半でしょう。
    紅白のボリューム層である中高年は割と知らないと思うので、そうなると数字があまり期待できませんから。

    同じ理由で、三浦大知と工藤静香は後半だと思います。

  4. 現状はまだ追加枠とかは発表されていないけど確かにこの順番ならバランスはよさそう。

    なにわ男子は後半の早い時間帯かなと思ってます。事務所が押してるというのを考えれば後半に入れてくるかなと。
    ジャニーズ勢は前後半にそれぞれ3組ずつと見ました。前半にSnowman・SixTONES・関ジャニ∞、後半になにわ男子・キンプリ・キンキかなと。
    氷川きよしは究極の大トリで箱根八里→ズンドコ節で盛大に締めくくるイメージ。仮に前半あたりでアニメ系の企画を入れるならそこで限界突破サバイバー歌唱かなと。

タイトルとURLをコピーしました