紅白名言集解説・36~いい湯だな~

スポンサーリンク


 男性コーラスグループ・デューク・エイセスが1968年の紅白歌合戦で選曲した「いい湯だな」。最初にこのステージを見た時は、どうして群馬県の温泉地ばっかり出てくるのかなと思いましたが、これにはれっきとした理由があります。

・「いい湯だな」の解説

 おそらく今はほとんどの人がザ・ドリフターズの曲として認識しているのではないかと思います。タイトルを知らなくても、”♪ババンババンバンバン、ハビバノンノン”の節は聴けば大体ピンと来るはずです。全員集合でもドリフ大爆笑でも、エンディングテーマとして長年起用されていました。”宿題やったか?”、”歯磨けよー”、リアルタイムの人はカトちゃんのセリフもきっと頭に刷り込まれていることでしょう。

 ただ最初に歌ったのはドリフではなく、最初に挙げた通りデューク・エイセス。彼らは1965年から、永六輔作詞・いずみたく作曲のもと47都道府県の新しいご当地ソングを歌うというプロジェクト「にほんのうた」シリーズを手掛けます。それまで彼らは黒人霊歌や外国のヒット曲を紅白で歌っていて、ヒットしたレコード曲も「おさななじみ」を除くとそういったナンバーが中心。デューク・エイセスの活動においても、非常に重要なトピックスとなります。

 表題の「いい湯だな」は1966年2月に発売された、「にっぽんのうた」シリーズの群馬県をテーマにした楽曲。草津に伊香保、万座に水上。最初にこの紅白の映像を見た時はそういった知識がなくて、てっきり群馬県からお金をもらって紅白用にそういう歌詞にしたのかと思ったのですが、当然そんな訳はなく。むしろこの1年後にドリフが歌う全国版の方が、更に話題になったというのが実際のところだと思います。このシリーズからの紅白歌唱曲は他に「君の故郷は」(東京)、「筑波山麓合唱団」(茨城)、「女ひとり」(京都)。翌年の紅白の「筑波山麓合唱団」はありえないレベルのパフォーマンスで大変な衝撃を受けましたが、それはまた別の機会に書きます。

・当日のステージ

 さて本番ですが、順番は後半、白組23組中18番目の曲順で歌われました。白組の歌手席全員に温泉タオルが配られて、それを頭に乗せます。冒頭でツイートした文言通りに、白組司会の坂本九さんが曲紹介。明るいメロディーなので、歌う4人はどちらかと言うと遊び心重視。バリトンの谷道夫さんを中心に、コミカルな表情も多く見せます。歌手席では、ラテンの血が流れるアイ・ジョージさんが宴会芸みたいな感じで踊って盛り上がっています。

 4コーラス、トップテナーからバスまでそれぞれソロパートも入る贅沢な構成ですが、歌唱後さらにザ・ドリフターズが湯上がり姿で登場します。全員集合がTBSで放送されたのは次の年からですが、ドリフの「いい湯だな」は1967年6月発売のレコードで初収録なので既に歌ってます。もうこの時点でドリフ版もお馴染みだったのか、それ込みでの選曲だったのかは推測の域を出ませんが、とにかくドリフも5人で「いい湯だな」を、1本のマイクで歌おうとします(当時は集音マイク使用が基本で、1人1人マイクが与えられる状況ではありませんでした)。

  • さあ用意だ!元気よく行こう!構えて!行くぞ!(いかりや)
  • いってらっしゃい!(カトちゃん)

 テンポ良くカトちゃんがボケますが、それによって4人から追い出されます。「いい湯だな」の演奏が始まり1コーラス、カトちゃんの”ハビバノンノン”は別のマイクで歌います。白組応援のはずですが、カトちゃんは最終的に紅組側のマイクに移動して、「こっちの方がいいやい!」とコメント。結局ドリフ5人とも白組ではなく、女湯のある?紅組側に去ってゆくという内容でした。そのまま、次の紅組・梓みちよさんの「月夜の舟と恋」の曲紹介~ステージという流れになります。

・おわりに

 デューク・エイセスはこれまでのレパートリー以上に歌う曲の幅が広がり、その後は歌謡曲や洋楽だけでなくアニソンやCMソング、果ては市歌や校歌などまで歌います。吹き込み曲数は正確には分かりませんがおそらく数千、いや1万曲を超えているかもしれません。とんでもないグループです。

 今回は「いい湯だな」について書きました。ドリフのイメージが強いこの曲ですが、本来はデューク・エイセスの企画から派生した楽曲で、群馬県のご当地ソングである、ということをこの記事を通して知って頂ければと考えています。なお紅白では、1971年にもメドレーの中の1曲として歌われています。あとは2001年のドリフメドレー、ラストで「ドリフのビバノン音頭」という形で選曲されていますね。

 ちなみに当時のドリフはいかりや長介さん、高木ブーさん、加藤茶さん、仲本工事さんと荒井注さんでした。志村けんさんは1974年加入、この時はまだ高校を卒業して、加藤さんの付き人になって間もないという段階のようです…。

 

タイトルとURLをコピーしました