紅白歌合戦・各種記録集(司会編)

 先日出場歌手の回数編という形であれこれランキングを作ってみましたが、紅白歌合戦には歌手以外でも出演者が大勢います。今回は司会者にスポットライトを当てて、様々なランキング・データ集を作ってみました。

通算司会回数ランキング

 まずは回数について調べます。紅組・白組・総合に関わらず3回以上司会された方をリストアップして順位にしました。

司会
回数
司会紅組白組総合初司会最終司会備考
15回宮田 輝2回11回2回第3回(1953年)第24回(1973年)NHKアナウンサー
唯一紅組・白組・総合司会を経験
第13回~第24回まで12年連続白組もしくは総合で司会担当
13回山川静夫9回4回第23回(1972年)第43回(1992年)NHKアナウンサー
白組司会9年連続は最長記録
12回石井鐘三郎12回第5回(1954年)第17回(1966年)NHKアナウンサー
9回高橋圭三9回第4回(1954年)第12回(1961年)NHKアナウンサー
白組司会9年連続は最長記録
7回阿部 渉4回3回第52回(2001年)第62回(2011年)NHKアナウンサー
7回有働由美子3回4回第52回(2001年)第66回(2015年)NHKアナウンサー
女性では唯一複数回総合司会を担当
7回櫻井 翔7回第61回(2010年)第70回(2019年)第61回~第65回はのメンバーとして担当、白組歌手と兼任
6回宮本隆治6回第46回(1995年)第51回(2000年)NHKアナウンサー
6回中居正広1回5回第48回(1997年)第60回(2009年)全て白組歌手(SMAP)と兼任
アナウンサー以外の男性で唯一紅組司会を担当
6回黒柳徹子5回1回第9回(1958年)第66回(2015年)アナウンサー以外の女性で唯一総合司会を担当
6回相葉雅紀6回第61回(2010年)第67回(2016年)第61回~第65回はのメンバーとして担当、白組歌手と兼任
6回二宮和也6回第61回(2010年)第68回(2017年)第61回~第65回はのメンバーとして担当、白組歌手と兼任
5回佐良直美5回第23回(1972年)第28回(1977年)全て紅組歌手と兼任
5回松本 潤
大野 智
5回第61回(2010年)第65回(2014年)いずれものメンバーとして担当、白組歌手と兼任
4回水前寺清子4回第19回(1968年)第30回(1979年)全て紅組歌手と兼任
4回相川 浩4回第26回(1975年)第29回(1978年)NHKアナウンサー
4回仲間由紀恵4回第56回(2005年)第60回(2009年)第56回の肩書は「司会」のみも、実質的には紅組担当
4回内村光良4回第68回(2017年)第71回(2020年)アナウンサー以外で唯一複数回総合司会を担当
3回北出清五郎3回第4回(1953年)第21回(1970年)NHKアナウンサー
3回中村メイコ3回第10回(1959年)第12回(1961年)
3回森 光子3回第13回(1962年)第35回(1984年)
3回生方惠一3回第32回(1981年)第35回(1984年)NHKアナウンサー
3回鈴木健二3回第34回(1983年)第36回(1985年)NHKアナウンサー
3回加山雄三3回第37回(1986年)第39回(1988年)全て白組歌手と兼任
3回和田アキ子3回第38回(1987年)第48回(1997年)全て紅組歌手と兼任
3回堺 正章3回第42回(1991年)第44回(1993年)
3回古舘伊知郎3回第45回(1994年)第47回(1996年)
3回久保純子3回第49回(1998年)第51回(2000年)NHKアナウンサー
3回三宅民夫3回第52回(2001年)第57回(2006年)NHKアナウンサー
3回綾瀬はるか3回第64回(2013年)第70回(2019年)
3回桑子真帆3回第68回(2017年)第71回(2020年)NHKアナウンサー

出場歌手兼任の司会

 少し前までは出場歌手と司会を兼任するケースが多くありました。第17回(1966年)のペギー葉山と第18回(1967年)の九重佑三子は歌手としての出演ではなく司会専念という形でしたが、それ以外は兼任が認められるようになります。曲順の太字は、トリを指しています。

該当回紅組歌手・司会曲順白組歌手・司会曲順
第14回(1963年)江利チエミ9/25
第15回(1964年)江利チエミ14/25
第19回(1968年)水前寺清子21/23坂本 九21/23
第20回(1969年)伊東ゆかり9/23坂本 九10/23
第21回(1970年)美空ひばり24/24
第22回(1971年)水前寺清子24/25
第23回(1972年)佐良直美7/23
第24回(1973年)水前寺清子19/22
第25回(1974年)佐良直美6/25
第26回(1975年)佐良直美8/24
第27回(1976年)佐良直美6/24
第28回(1977年)佐良直美9/24
第30回(1979年)水前寺清子15/23
第36回(1985年)森 昌子20/20
第37回(1986年)斉藤由貴4/20加山雄三13/20
第38回(1987年)和田アキ子20/20加山雄三9/20
第39回(1988年)和田アキ子9/21加山雄三13/21
第40回(1989年)武田鉄矢後1/20
第41回(1990年)西田敏行後5/20
第48回(1997年)和田アキ子後14/15中居正広後1/15
第49回(1998年)中居正広後13/15
第57回(2006年)中居正広後12/13
第58回(2007年)中居正広後10/12
第59回(2008年)中居正広後12/14
第60回(2009年)中居正広後13/14
第61回(2010年)後7/10
第62回(2011年)後9/15
第63回(2012年)後9/15
第64回(2013年)後11/13
第65回(2014年)後12/12
第66回(2015年)井ノ原快彦後9/14
第67回(2016年)相葉雅紀後12/12
第68回(2017年)二宮和也後10/12
第69回(2018年)櫻井 翔後14/14
第70回(2019年)櫻井 翔後11/11

出場歌手以外で歌った・演奏した司会者

 第66回(2015年)でタモリが審査員を務めた時に突如歌い出す一幕がありましたが、実際は出場歌手でなくてもコーナー等で歌を披露した例は少なくありません。演奏と合わせて表にしてみました。ダンスのみの共演、曲紹介で一節口ずさんだ程度の事例は省いています。

該当回司会者歌唱(演奏)曲該当コーナー備考
第32回(1981年)黒柳徹子
山川静夫
二人は若いデュエットソングショー
第33回(1982年)黒柳徹子
山川静夫
バラが咲いたデュエットソングショー
第34回(1983年)タモリビギン・ザ・ビギンビギン・ザ・ビギンショートランペット演奏
第34回(1983年)黒柳徹子春が来た日本の四季メドレー序盤ソロ、後半は全歌手で合唱
第35回(1984年)森 光子祇園小唄ふるさと民謡コーナー都はるみとデュエット
第43回(1992年)石田ひかり紅組太鼓和太鼓演奏
第61回(2010年)松下奈緒ありがとうピアノソロ演奏
第64回(2013年)綾瀬はるか花は咲く全員合唱センターでソロを担当
第66回(2015年)綾瀬はるか“Wish”メドレーザッツ・SHOWTIME
~星に願いを~
PerfumeV6のメンバーと共演
第71回(2020年)二階堂ふみホール・ニュー・ワールドディズニースペシャルメドレー氷川きよしとデュエット、録画中継
第72回(2021年)大泉 洋北酒場細川たかしのステージ細川たかしと一緒にデュエット

俳優の司会

 出場歌手とアナウンサー以外からは、概ね俳優が司会者として選出されることが多いです。その多くがNHK番組に関連する形ですが、初期を中心に例外もあります。

司会者担当回関連作品放送期間備考
加藤道子第1回(1951年)
丹下キヨ子第2回(1952年)日曜娯楽版1947年10月~1952年6月
ラジオバラエティ
水の江瀧子第4回(1953年)
第8回(1957年)
ジェスチャー1953年2月~1968年3月
クイズ番組レギュラー
黒柳徹子第9回(1958年)
第31回(1980年)~
第34回(1983年)
第66回(2015年)
音楽の広場1976年4月~1984年3月
音楽番組司会
中村メイコ第10回(1959年)~
第12回(1961年)
森 光子第13回(1962年)
第29回(1978年)
第35回(1984年)
第13回は前年にも審査員として出演
林美智子第16回(1965年)うず潮1964年4月~1965年3月
連続テレビ小説
前年にも審査員として出演
三田佳子第40回(1989年)
第41回(1990年)
前年にも審査員として出演
浅野ゆう子第42回(1991年)
石田ひかり第43回(1992年)
第44回(1993年)
ひらり1992年10月~1993年4月
連続テレビ小説
松たか子第47回(1996年)秀吉1996年9月~12月
大河ドラマ
中村勘九郎第50回(1999年)元禄繚乱1999年1月~12月
大河ドラマ
和泉元彌第51回(2000年)北条時宗2001年1月~12月
大河ドラマ
山本耕史第56回(2005年)新選組!スペシャル2006年1月
大河ドラマスピンオフ
仲間由紀恵第56回(2005年)
第57回(2006年)
第59回(2008年)
第60回(2009年)
功名が辻2006年1月~12月
大河ドラマ
松下奈緒第61回(2010年)ゲゲゲの女房2010年3月~9月
連続テレビ小説
井上真央第62回(2011年)おひさま2011年4月~10月
連続テレビ小説
堀北真希第63回(2012年)梅ちゃん先生2012年4月~9月
連続テレビ小説
綾瀬はるか第64回(2013年)
第66回(2015年)
第70回(2019年)
八重の桜
精霊の守り人
いだてん
2013年1月~12月
大河ドラマ
2016年~2018年・3期
大河ファンタジー
2019年1月~12月
大河ドラマ
前年にも審査員として出演
吉高由里子第65回(2014年)花子とアン2014年3月~9月
連続テレビ小説
有村架純第67回(2016年)
第68回(2017年)
ひよっこ2017年4月~9月
連続テレビ小説
前年にも審査員として出演
広瀬すず第69回(2018年)なつぞら2019年4月~9月
連続テレビ小説
二階堂ふみ第71回(2020年)エール2020年3月~11月
連続テレビ小説
大泉 洋第71回(2020年)
第72回(2021年)
鎌倉殿の13人2022年1月~12月
大河ドラマ

司会経験前の紅白歌合戦出演リスト

 出場歌手兼任も含めて掲載します。ただしアナウンサーは除外とします。アナウンサーに関しては紅白歌合戦・アナウンサー人事の歴史として記事化しているので、そちらを参照してください。

 ジャニーズ事務所所属歌手のバックダンサーについては、現状こちらで判明している限りのみ掲載とします。

司会者
司会前の紅白出演出演ケース司会初担当年
黒柳徹子第6回(1955年)応援ゲスト第9回(1958年)
森 光子第12回(1961年)特別審査員第13回(1962年)
江利チエミ第4回(1953年)~第13回紅組出場歌手(10回)第14回(1963年)
林美智子第15回(1964年)特別審査員第16回(1965年)
ペギー葉山第5回(1954年)~第16回紅組出場歌手(12回)第17回(1966年)
九重佑三子第15回(1964年)~第17回紅組出場歌手(3回)第18回(1967年)
坂本 九第12回(1961年)~第18回 白組出場歌手(7回)第19回(1968年)
水前寺清子第16回(1965年)~第18回紅組出場歌手(3回)第19回(1968年)
伊東ゆかり第14回(1963年)~第19回紅組出場歌手(6回)第20回(1969年)
美空ひばり第5回(1954年)、
第8回~第20回
紅組出場歌手(14回)第21回(1970年)
佐良直美第18回(1967年)~第22回紅組出場歌手(5回)第23回(1972年)
タモリ第30回(1979年)、第31回応援ゲスト(2回)第34回(1983年)
森 昌子第24回(1973年)~第35回紅組出場歌手(12回)第36回(1985年)
加山雄三第17回(1966年)、第18回、
第27回~第33回
白組出場歌手(9回)第37回(1986年)
和田アキ子第21回(1970年)~第29回、
第37回
紅組出場歌手(10回)第38回(1987年)
三田佳子第21回(1970年)、第36回、
第39回
特別審査員(3回)第40回(1989年)
武田鉄矢第25回(1974年)、第31回白組出場歌手(2回・海援隊)第40回(1989年)
西田敏行第28回(1977年)、第29回、
第32回、第33回、第40回
応援ゲスト
白組応援団長
白組出場歌手(2回)
特別審査員
第41回(1990年)
堺 正章第22回(1971年)~第27回白組出場歌手(6回)第42回(1990年)
上沼恵美子第26回(1975年)紅組応援団長(海原千里・万里)第45回(1994年)
中居正広第39回(1988年)、第40回、
第42回~第47回
バックダンサー(2回)
白組出場歌手(6回・SMAP)
第48回(1997年)
中村勘九郎第40回(1989年)特別審査員第50回(1999年)
仲間由紀恵第53回(2002年)、第54回特別審査員
応援ゲスト
第56回(2005年)
山本耕史第54回(2003年)応援ゲスト第56回(2005年)
第60回(2009年)白組出場歌手第61回(2010年)
堀北真希第59回(2008年)特別審査員第63回(2012年)
綾瀬はるか第63回(2012年)特別審査員第64回(2013年)
井ノ原快彦第46回(1995年)、第50回、
第65回
バックダンサー
特別ゲスト

白組出場歌手(V6)
第66回(2015年)
有村架純第66回(2015年)特別審査員第67回(2016年)
内村光良第49回(1998年)紅組出場歌手
(ポケットビスケッツ)
第68回(2017年)
大泉 洋第66回(2015年)特別審査員第71回(2020年)

司会経験後の紅白歌合戦出演リスト

 こちらも出場歌手兼任も含めて掲載、アナウンサーもリストに入れています。

司会者司会担当回歌手出演審査員応援/リポーター特別ゲスト映像のみ備考
藤倉修一第1回(1951年)、
第2回
第40回(1989年)定年後の出演
歴代司会者スピーチ(第40回)
加藤道子第1回(1951年)第40回(1989年)第1回出演者として招待(第40回)
水の江瀧子第4回(1953年)、
第8回
第20回(1969年)歴代紅組司会者の応援(第20回)
黒柳徹子第9回(1958年)、
第31回~第34回、
第66回
第65回(2014年)、
第71回
第14回(1963年)
第20回(1969年)
第40回(1989年)
第68回(2017年)
第67回(2016年)第67回はゆずの曲紹介映像
第68回はスペシャルプレゼンター
中村メイコ第10回(1959年)~
第12回
第28回(1977年)
第29回(1978年)
第40回(1989年)第28回は紅組応援団長
森 光子第13回(1962年)、
第29回、第35回
第32回(1981年)
第37回、第43回、
第45回、第55回、
第56回、第60回
第20回(1969年)
第27回(1976年)
第40回(1989年)
江利チエミ第14回(1963年)、
第15回
第16回(1965年)~
第19回
林美智子第16回(1965年)第18回(1967年)
第20回(1969年)
第18回はドラマ『ケンチとすみれ』出演者として応援
ペギー葉山第17回(1966年)第19回(1968年)、
第40回
九重佑三子第18回(1967年)第19回(1968年)
坂本 九第19回(1968年)、
第20回
第21回(1970年)、
第22回
水前寺清子第19回(1968年)、
第22回、第24回、
第30回
第20回(1969年)~
第37回
伊東ゆかり第20回(1969年)第21回(1970年)、
第22回、第26回、
第43回
美空ひばり第21回(1970年)第22回(1971年)、
第23回、第30回
佐良直美第23回(1972年)、
第25回~第28回
第24回(1973年)~
第30回
山川静夫第23回(1972年)~
第33回、
第42回、第43回
第40回(1989年)歴代司会者スピーチ(第40回)
森 昌子第36回(1985年)第52回(2001年)、
第57回
加山雄三第37回(1986年)~
第39回
第48回(1997年)、
第50回~第52回、
第61回
和田アキ子第38回(1987年)、
第39回、第48回
第40回(1989年)~
第66回
武田鉄矢第40回(1989年)第44回(1993年)、
第49回
第60回(2009年)第60回は複数の場面で登場するゲスト
三田佳子第40回(1989年)、
第41回
第44回(1993年)
西田敏行第41回(1990年)第62回(2011年)第60回(2009年)第63回(2012年)第58回(2007年)第58回は阿久悠追悼コーナーの語り
第63回は「花は咲く」を有志で歌唱
浅野ゆう子第42回(1991年)第54回(2003年)
堺 正章第42回(1991年)
~第44回
第50回(1999年)第60回(2009年)第60回は複数の場面で登場するゲスト
上沼恵美子第45回(1994年)、
第46回
第70回(2019年)
松たか子第47回(1996年)第48回(1997年)、
第50回、第68回
中居正広第48回(1997年)
、第49回、
第57回~第60回
第50回(1999年)、
第51回、第53回、
第54回、
第56回~第66回
中村勘九郎第50回(1999年)第55回(2004年)、
第58回
第51回(2000年)
有働由美子第52回(2001年)~
第54回、
第63回~第66回
第59回(2008年)
第68回(2017年)
第59回はエンヤ、第68回は桑田佳祐の中継リポーター
仲間由紀恵第56回(2005年)、
第57回、第59回、
第60回
第61回(2010年)、
第65回
第58回(2007年)
松下奈緒第61回(2010年)第66回(2015年)第66回は水木しげるの追悼による出演
第61回(2010年)~
第65回
第66回(2015年)~
第71回
第67回~第70回は個々のメンバーが司会も担当
井上真央第62回(2011年)第65回(2014年)
井ノ原快彦第66回(2015年)第67回(2016年)
広瀬すず第69回(2018年)第70回(2019年)

コメント

タイトルとURLをコピーしました